稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

走行中にカーナビのテレビ等の操作制限を解除する方法

      2017/12/21

多くの人が車の購入を検討している場合には、オプションとしてカーナビを取り付けるということが多いと思う。カーナビの本来のメインの使用目的はナビゲーションである訳だが、最近のカーナビはBluetoothで音楽を聴いたり、フルセグのテレビを見たいという目的でカーナビを取り付けることが多いのはないだろうか。

カーナビの操作というのは走行中に行うと運転手にとっては前方不注意の危険性があるために、ディーラーやカーショップでナビを取り付けて貰うと、パーキングブレーキを引かなければ走行中にはテレビの映像が映らなくなったり、ナビの操作が制限されることがあるのだが、これは少しの知識と手間で解除できる。

勿論、走行中にテレビ画面を運転手が凝視することは法令違反であるのだが、同乗者がテレビやナビの操作ができないというのは不便なものであるために、この操作制限を解除して納車をするディーラーやカーショップも多い。この記事ではこのような走行中にナビの操作制限を解除する方法を解説したいと思う。

まず、走行中にテレビやナビの操作が制限されてしまう原因は、カーナビ本体から出ている配線のパーキングケーブルというものが関係しており、このパーキングケーブルは車のサイドブレーキを引いたことを感知してナビの操作を制限しているという訳であり、このパーキングケーブルが走行中の操作を制限しているのだ。

走行中にテレビやナビの操作ができないという場合には、必ずこのナビ本体から出ているパーキングケーブルと車側の配線が接続されているために、これを解除するためには少しの知識が必要になるが、ナビから出ているパーキングケーブルをボディーアースとして落としてやれば走行中にナビの操作が可能になるという訳だ。

パーキングケーブルはアースに落とせば良いんじゃないの?

 - 雑学