ブログ運営

プロブロガーと名乗ることができる定義について再確認しよう

世間一般的なブロガーとしての認知は、仕事や学校などの本業以外の趣味として情報発信をする趣味的なものとして考えられているが、ブログを執筆するライターとして本業をブログにしているブロガーも珍しいものではなく、このようなブロガーはプロブロガーとしてアマチュアブロガーと差別化される。

ブロガーの中では、プロブロガーというのはブログの運営だけで生活をしているブロガーという定義が一般的なのだが、私はブログを執筆して生活しているだけでは決してプロとは呼べないものであると感じている。そもそもプロという定義は非常に曖昧で特殊な資格など必要もなくプロという言葉は自称で使われる。

カメラマンであれば売れない場合であっても写真を撮るということに生活の基板を置けばプロカメラマンであるように、ブログでもアクセス数の少ない場合であっても自身がプロと認知していればそれはプロと呼べるようにプロブロガーの定義とは非常に曖昧であり、判断基準が難しいのである。

このような事実を鑑みて、私が考えるプロブロガーとしての定義はブログで生活をしているということではなく、アクセス数が少なくてもブログの運営を長期間に渡って継続しているということが第一に考えられるプロブロガーの定義であり、ブログでプロを名乗るには絶対的に継続は必要不可欠なのだ。

第一にブログで生活をしているということがプロブロガーとしての定義なのであれば、最初に大量の記事を執筆してアフィリエイトリンクを張り巡らし、最初の数か月で更新がストップしているブロガーもプロと呼べてしまうものであり、そんなものは決してプロとは呼べないのは明白なのである。

そのためにプロブロガーとして名乗ることができる定義とは、アクセス数など関係なくブログを始めてから継続的に毎日更新をしているブロガーがプロと呼べるものであり、最低1年間は毎日更新をしているブロガーは怖気づかずにプロブロガーとして名乗って良い素質は十分にあると私は考える。

プロの定義は曖昧なんじゃないの?

関連記事

  1. ブログ運営

    120万PVの6月のNAVERまとめ収益額は20658円

    2015年6月のNAVERまとめ収益を公開していきたいと思います。NA…

  2. ブログ運営

    ブログタイトルを変更してから私に興味を持ってくれる読者が増えた件

    1年くらい前までは私はブログタイトルなどどうでも良い要素であり…

  3. ブログ運営

    煽り耐性のない人はブログ等で情報発信をすべきではない

    SNSやブログ等で誰でも自分の意見が情報発信できるようになった…

  4. ブログ運営

    会社に勤めながらにして毎日ブログを更新することは簡単なことですよ

    多くのこれからブロガーを目指そうと思っている人は会社に勤めてい…

  5. ブログ運営

    一つのアフィリエイト案件でサイトを作成するのは愚かである

    アフィリエイトを扱っているサイトというのは大きく分けて二種類が…

  6. ブログ運営

    ニートがアフィリエイトを始めると脱ニートが難しくなる

    ニート期間が長くなると、世間からの冷たい視線が活力となり、脱ニ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    自分の趣味にお金を浪費するのは時代遅れなんですよ
  2. ブログ運営

    私のNAVERまとめの総合PVが1400万PVを突破していて悲しくなった件
  3. オピニオン

    タブレットの進化によりパソコンは廃れる存在になるのは確実
  4. オピニオン

    大学は何の才能もない凡人が行く社畜訓練所である
  5. メンタルヘルス

    向精神薬を服用している患者は断薬をするべき一つの理由
PAGE TOP