稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

充電制御車の仕組みを整備士が分かりやすく解説しよう

      2017/12/28

車の多少の知識がある人であれば、充電制御車という言葉を一度は耳にしたことがあると思うのだが、充電制御車の意味を知っている人というのは車好きの人の中でも少数なのではないだろうか。特にカーバッテリーの交換の際にバッテリーを選んでいると充電制御車対応というパッケージが頻繁に目に入るだろう。

最近の車というのはほぼ100%と言っても過言ではないほどに充電制御車であり、カーバッテリーの外箱にも標準車(充電制御車対応)という記載がされている。この記事では車の充電制御という仕組みについて整備士が分かりやすく解説したいと思うので、車に興味のある人は予備知識として理解して欲しいと思う。

車について知識の無い人は、車の走行中はずっとバッテリーに電力を供給しながら走行していると勘違いしている人が多いと思うが、確かに昔の車では走行中にバッテリーが満タンになっても充電を続けていた。しかしオルタネーターを回すということはそれだけ動力損失が大きくなってしまう問題がある。

充電制御車とはその名の通り、オルタネーターを使ってのバッテリーへの充電を制御するというものなのだが、ここで一つの疑問が生まれる。それはバッテリーへの充電を制御するということはバッテリーの寿命を縮めることにもなるし、短距離の移動では充電不足になることが懸念されるということだ。

このようなバッテリーへの負担が必要になる充電を制御する必要性というものは燃費向上であり、車というのはエアコンベルトやパワステベルトなどの駆動軸以外の動力損失が大きい。例としてエアコンを入れたときに車のパワーと燃費が悪くなる理由はエアコンベルトを空転状態から稼働状態になり動力損失が生まれるためだ。

これを踏まえて考えると、車の燃費を向上させるためには不必要なベルトによる動力を生み出さなければエンジンへの負担が減り燃費の向上に繋がるという考えから、一定以上の電力が蓄積されたバッテリーに不要な電力を充電させないことによって燃費を向上させるのが充電制御車というものなのである。

簡単に説明すれば車のECUが常にバッテリーの充電状態をチェックして、容量が少なければオルタネーターを使って発電をして、一定以上の電力が貯まったら充電をストップさせるという訳だ。しかし充電制御車はバッテリーにとって過酷な状況であるために、より高性能なバッテリーが求められるのである。

充電制御は燃費向上目的なんじゃないの?

 - 雑学