メンタルヘルス

うつ病や不眠症になっても精神科や心療内科は受診するな!

日本というのはストレス社会であり、多忙な日々とストレスに追われる代表例である会社員のみならず、学生でも対人恐怖症を始めとした心の病に悩まされる学生が多いのだが、このような心の病を改善させる一つの手段として精神科や心療内科の受診が候補として上がると思うのだが、これはお勧めできない。

私は慢性的な不眠症で16歳から心療内科に通院して睡眠薬を処方して貰っているのだが、このような精神に直接作用する病というのは病院を受診をして薬を処方されて改善できるものではなく、一時的な不安感や不眠を解消するという作用しかないものであり、自分を誤魔化すという感覚に近いのである。

そうして一番の問題点はこのような脳に作用する薬の多くは依存は切っても切れない関係があるということだ。例えば薬を飲んで熟睡していた人は断薬をすれば不眠症が酷くなったり、精神安定剤を服用していた人であれば薬を服用していないと気持ちが落ち着かず日常生活に支障が出るなどの影響が懸念される。

この依存というものが精神科や心療内科の受診をお勧めできない理由の一番の問題点であり、精神科の薬は風邪薬と違って完治という概念が曖昧であるために、医師は患者が求めるまで薬を長期的に処方してしまう医師も多い傾向にあるために、自分は依存ではないと思っていてもいざ断薬すると不安感が押し寄せるのだ。

このような理由のため安易に精神科や心療内科の受診はお勧めできない訳であり、心の病になった人は第一候補として病院に通院するという選択肢を考え直して、ストレスの要因となっている生活環境を変えていくということがうつ病や不眠症を改善させるためには必要な心掛けなのである。

安易に通院をすることはお勧めできないんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    人生の決断を迫られた時に背中を押してくれる思考法を伝授

    人というのは一生の中で人生の決断を迫られる場面というのが度々起…

  2. メンタルヘルス

    心の不調の際は精神科と心療内科どちらを受診すれば良いの?

    今や心の不調を訴える人は珍しく無くなり、多くの人が診察のため病…

  3. メンタルヘルス

    嫌な出来事も人生の経験値と考えれば良い方向へ進む理論

    日常生活を送っていれば、毎日何かしらのストレスを抱えながら生活…

  4. メンタルヘルス

    人生は楽しいものという認識を持つと鬱になる可能性が高まる

    生きているのであれば、辛い人生よりも楽しい人生を送りたいと思う…

  5. メンタルヘルス

    遅刻しないコツは朝の時間を分刻みで予定を明確化させることだ

    遅刻してしまう人に共通していることは、早起きを習慣化できずに目…

  6. メンタルヘルス

    心躍らない日常を送っている人は現状維持バイアスの傾向がある

    毎日が同じことの繰り返しで、日常の中で心躍ることが皆無に等しい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    物に対して神経質過ぎる人に意識して欲しいこと
  2. 家電

    自作パソコンにDVDドライブは必要なんじゃないの?
  3. オピニオン

    最近話題になっているスマホの稼げる系アプリについて物申す
  4. ブログ運営

    ブログを書くということは批判されることに意義がある
  5. オピニオン

    インドア無趣味でクソな休日を送っている人は楽器を始めなさい
PAGE TOP