稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

電話恐怖症を劇的に改善させる方法を伝授したいと思う

      2018/01/02

面と向かって人と話す時には恐怖心というものをあまり感じずに自然と話せるのだが、電話になると緊張して上手く話すことができないという電話恐怖症という症状に悩まされている若者が多い傾向にあるのだが、社会人として会社に属すると電話対応は必須スキルであり電話が怖いというのは少々問題がある。

電話恐怖症になる根本的な原因というものを考えてみると、人というのは会話の中で自然に相手の表情や仕草などを捉えて話している。しかし電話になるとこのような相手側の表情や仕草というものは分からずに声だけで話を進めなければならないために恐怖心を抱いてしまうということに原因があるだろう。

電話が怖いという理由を突き詰めると、例として電話を知らない取引先にするということを仮定すると、電話をする前に話の流れというものを丁寧に頭の中で想像してしまい、失敗したらどうしようという恐怖心を感じてしまい電話に対して苦手意識を持ってしまう訳だが、これは簡単に改善できる。

多くの電話恐怖症の人というのは電話をする際に、例に出したように頭の中で話のシミュレーションを行ってしまい、電話をかけるまでの時間というものが長くなり緊張してしまうという訳だが、これは電話をかけなければならない状況下になったら頭で考えるよりも直ぐに電話をかけるということで改善できる。

人というのは物事を考える空白の5秒間を設けると、失敗した場合の恐怖心というデメリットを次々と考えてしまうものであり、この空白の時間を設けないことによって無駄な緊張を解すことができるのである。そのために電話をする場合には頭で考えるよりも直ぐにダイヤルをするということが電話恐怖症を改善させる心得なのだ。

電話が恐怖なら考えるよりダイヤルなんじゃないの?

 - メンタルヘルス