雑学

車のサイドミラーが破損した場合の修理費用を整備士が解説

車を保有している人であれば自分の車に傷をつけたくないと思うのは当然であるのだが、車というのは高速で移動しているために長い年月を走行している絶対的にどこかに傷ができるのは仕方がない訳であり、もし明らかに誰の目から見ても傷が目立つ場合には板金に出すという人が大多数であると思う。

車のバンパーやボディーについてしまった傷というのは車検では走行に特段の支障はないために、車検は通るのだがヘッドライトのレンズやサイドミラーの破損に関しては車検は車検には通らないために、継続検査を行う場合には修理が必要な訳だが、最近の車のサイドミラーというのはとても高価であるのだ。

最近の車のサイドミラーというのはウインカーランプや自動開閉や熱線や自動調整などなどの様々な機能が付いているために、昔の車に比べて修理するとなった場合にはパーツ単体での価格も非常に高い傾向にあり、それに工賃を合わせるとビックリする請求書が送られてくることになる。

このようなミラーに様々な機能が付随しているサイドミラーのパーツ単体の金額というのは新品で多くの場合で4~5万程度するものであり、それに加えて工賃が発生することになる。中古品を使う場合でも新品の半分程度の金額はするものであり2~3万は修理に必要な金額となるのである。

高機能なミラーは高価なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    洋画の音声と字幕が異なる理由を分かりやすく解説しよう

    洋画の映画を見ているとあることに気が付かないだろうか。それは字…

  2. 雑学

    自動車の純正部品はどこで入手すれば良いのか整備士が解説

    車好きな人にとっては、単純なカスタムだけではなく、自分の車は自…

  3. 雑学

    ニートや引きこもり期間は無駄な時間では無いと私は断言できる

    訳があってニートや引きこもりとなってしまった人が陥り易い考えか…

  4. 雑学

    確定申告の厳しい書類チェックを一発クリアする裏技

    3月の時期に入ると自営業や私のような会社員ブロガーで収入を得て…

  5. 雑学

    代表取締役・社長・会長・CEOって誰が一番偉いの?

    今回の話題は「代表取締役と社長と会長とCEO」の中で一番権限がある人物…

  6. 雑学

    Amazonで納品書が入っていない場合の対処法を紹介

    Amazonで商品を購入すると、少し前までは納品書必ず同封され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    新入社員よ!仕事のミスは白を切ることが重要である
  2. オピニオン

    ニートよ!ニートであることに誇りを持て!
  3. オピニオン

    情報商材は詐欺と言われる原因について突き止めたいと思う
  4. 雑学

    自立支援医療制度に必要な書類や手続きを解説してみる
  5. メンタルヘルス

    人から好かれたいのなら自分の短所をあえて主張しよう
PAGE TOP