雑学

車のサイドミラーが破損した場合の修理費用を整備士が解説

車を保有している人であれば自分の車に傷をつけたくないと思うのは当然であるのだが、車というのは高速で移動しているために長い年月を走行している絶対的にどこかに傷ができるのは仕方がない訳であり、もし明らかに誰の目から見ても傷が目立つ場合には板金に出すという人が大多数であると思う。

車のバンパーやボディーについてしまった傷というのは車検では走行に特段の支障はないために、車検は通るのだがヘッドライトのレンズやサイドミラーの破損に関しては車検は車検には通らないために、継続検査を行う場合には修理が必要な訳だが、最近の車のサイドミラーというのはとても高価であるのだ。

最近の車のサイドミラーというのはウインカーランプや自動開閉や熱線や自動調整などなどの様々な機能が付いているために、昔の車に比べて修理するとなった場合にはパーツ単体での価格も非常に高い傾向にあり、それに工賃を合わせるとビックリする請求書が送られてくることになる。

このようなミラーに様々な機能が付随しているサイドミラーのパーツ単体の金額というのは新品で多くの場合で4~5万程度するものであり、それに加えて工賃が発生することになる。中古品を使う場合でも新品の半分程度の金額はするものであり2~3万は修理に必要な金額となるのである。

高機能なミラーは高価なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    盗撮カメラはスマホで簡単に発見することが可能である

    盗撮や盗聴と聞くと一昔前までは有益な情報を企業から盗み聞きをす…

  2. 雑学

    ハイブリッド車のオイル交換時期について自動車整備士が解説

    現在、車を選ぶ基準として第一に挙げられるのが燃費の良さであり、…

  3. 雑学

    原付バイクの寿命について整備士が解説したいと思う

    誰しもが自分の購入した車やバイクなどは長く乗り続けたいと思うは…

  4. 雑学

    格安SIMは田舎であるほど通信速度が速い傾向にある

    日本の大手キャリアというのは主にドコモとauとソフトバンクの三…

  5. 雑学

    苦手意識が多い坂道発進の簡単なコツを伝授したいと思う

    自動車学校などで車の免許を取得する際にマニュアル車を選択した人…

  6. 雑学

    走行中にカーナビのテレビ等の操作制限を解除する方法

    多くの人が車の購入を検討している場合には、オプションとしてカー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    優れた人材を育成するためには小学校から専門科を設けるべき
  2. メンタルヘルス

    サボり癖の克服方法は束縛から解放させてあげることである。
  3. 雑学

    Amazonの箱が再利用できない仕組みになっている件
  4. メンタルヘルス

    答えの出ない悩み事は早急に思考を停止させる必要がある
  5. オピニオン

    自動車整備士を志す人は知っておくべき労働環境を整備士が解説
PAGE TOP