メンタルヘルス

向精神薬を服用している患者は断薬をするべき一つの理由

不眠症やうつ病になると病院に駆け込んで医師のカウンセリングを受けた後に、多くの場合で向精神薬や睡眠薬が処方される。このような脳に作用する薬を処方されて服用すると落ち込んでいた気分が強制的に改善されて自分はうつ病や不眠症が治ったと勘違いしている患者が多いのだがそれは大きな間違いだ。

このような心の病気で主に服用される薬というのは、一般的な風邪薬と異なって薬を服用して完治をするという概念がそもそも存在しないものであり、向精神薬や睡眠薬を服用している間は脳を薬で強制的に誤魔化しているために知らない間に患者は薬に依存してしまい気分を誤魔化し続ける日々を送ることになる。

特に即効性のある精神安定剤の代表格としてデパスが挙げられるのだが、このような精神安定剤を服用している人であれば薬を服用している時間と薬を服用していない時間で性格が明るく変わることに気が付くと思う。しかしそれは薬の作用で脳を麻痺させている状態であり改善という意味においては何の効果も無いのだ。

逆にこのような精神安定剤や睡眠薬を服用することによって、症状は薬を服用する前に比べて悪化する。それは精神安定剤を服用して生活していた人は断薬をした場合には日常生活が困難になるほどに緊張をしてしまう。これは睡眠薬でも同様で薬を服用しなければ「飲んでいない」という理由で寝れない恐怖が生まれる訳だ。

このような心の病に関連して処方される薬というのは、完治という概念がないために自らの意思で断薬をするという決断をしなければ一生薬に頼って生きていかなければならないために、向精神薬や睡眠薬を服用している患者は絶対に断薬を考えて薬に脳を左右される状況から抜け出さなければならないのである。

向精神薬なんてデメリットしか存在しないんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    自分を変えたいという意識があるならば直感力を重視すべし

    自分の性格を変えたいという願望を持っている人の割合というのは結…

  2. メンタルヘルス

    昼夜逆転を一発で改善する方法を伝授したいと思う

    不規則な生活の代表的な生活習慣と言えば、昼夜逆転をしている生活…

  3. メンタルヘルス

    休日に一切外出をしたくないという心理は正常である

    仕事が休みの時のひと時の休日の過ごし方を考えてみると、2つのパ…

  4. メンタルヘルス

    自分磨きをして根暗な性格を改善するたった一つの心掛け

    誰しもが一度は自分の性格というものを変えたいという心境になった…

  5. メンタルヘルス

    睡眠薬や精神安定剤を飲み続けると記憶力は低下するのか?

    現在の日本というのは鬱大国であり、仕事でストレスに追われる社会…

  6. メンタルヘルス

    「ポジティブになるには」と検索する人に贈る考えるなという言葉

    ポジティブになるにはう~ん、楽しくない。まったく楽しくない…

コメント

    • Y
    • 2018年 1月 07日

    こんちにわ。
    恋愛ブログを運営している者です。
    タイトルの付け方が非常に上手ですよね。
    いつも、参考にさせてもらってます☺

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    みなし公務員は公務員同様に国から給料を与えるべきである
  2. 雑学

    バイクの外装を社外品に交換する際の注意点を紹介
  3. メンタルヘルス

    デパスの断薬時期に訪れる体の不具合について解説しよう
  4. 音楽

    DTMを使用しても音楽制作が上手くなるとは限らない
  5. オピニオン

    中卒や高校中退組のその後の人生は3つに分類することができる
PAGE TOP