メンタルヘルス

根暗が自分を変える方法を模索している時に意識すべき要素

誰しもが一度は自分の性格というものに対しての改善ということを考えたことがあると思うのだが、一度身に付いた性格を大人になって改善させることは難しいという固定観念から現状維持に努めている人が多い。確かに自分の性格を変えるということは難しいのが事実なのだが、性格を変えれないという訳ではない。

例えば休日に外へ遊びに出かけたいと思っていても当日になると、組織に束縛されていない何にも予定がない時間に何をすれば良いのか分からずに、ダラダラと一日を過ごしてしまっている心理としては時間を束縛されることが無いために予定を組み立てることが面倒になってしまっている心理がある。

会社などに出向かなければならない平日などは一日のスケジュールが組み立てられているために無意識に体が動く訳だが、休日になると予定が無いためにダラダラを過ごしてしまう訳である。このような場合には休日に行うべきことをリスト化してメモ帳に書き込んでみるということをお勧めしたいと思う。

休日に引きこもりになってしまうのは、予定を事前に組み立てられていないためであり、逆にしっかりと休日に行うべき要件を自分で作成すれば一日の行動が明確化するために、休日引きこもりで悩んでいる人はこのような強制的に休日に外へ出向くというスケジュールを組むことが重要なのである。

根暗な性格で悩んでいる人の特徴というのは行動的になれないということであり、物怖じせずに行動的になるということを意識すれば、最初は自分の行動に違和感を持っても慣れが生じて行動的な性格になれるきっかけが生まれることになるという訳であり、根暗な人はこのような意識を持つということが大切なのである。

根暗は行動的になれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    友人がいなくて不幸?何言ってんのメリットだらけじゃないですか

    世間一般的には友人が誰一人としていないのは不幸な奴というレッテ…

  2. メンタルヘルス

    積極的なリア充と消極的な根暗の深層心理の違いを考察

    人の性格というのは様々あり、人と話すことが好きで遊ぶということ…

  3. メンタルヘルス

    物欲が強い人は買うまでの余韻を楽しむことを意識すべし

    物を購入するということは、適度なストレス発散と快感をもたらして…

  4. メンタルヘルス

    欲しいものが無いという心理に隠された深層心理

    人には新しいものが欲しいという心理が誰しもが持っており、労働を…

  5. メンタルヘルス

    情報の断捨離をすることで安らかな生活が送れるようになる

    多くの家庭では新聞やテレビ、スマホなどで多くのニュースという情…

  6. メンタルヘルス

    物に依存しない物質主義を捨てた人が求める幸せの定理

    小学生の頃にはゲーム機やソフトなど様々な物欲が強かったにも関わ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    不幸せの基準というのは他人と比較することで生まれるものだ
  2. 家電

    最新型の白物家電は残念ながら寿命が短いという事実
  3. メンタルヘルス

    睡眠薬や精神安定剤を飲み続けると記憶力は低下するのか?
  4. メンタルヘルス

    遅刻しないコツは朝の時間を分刻みで予定を明確化させることだ
  5. オピニオン

    日本人の9割がお金の使い方が下手な理由は義務教育にある
PAGE TOP