稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

格安SIMに移行する際はLINEの年齢確認は事前に行う必要性

      2018/01/17

スマホを保有している人であればコミュニケーションツールとして殆どの人のスマホにインストールされているLINE。最近では格安SIMの普及によって大手キャリアから格安SIMに移行する人が増えてきたのだが、大手キャリアから移行して格安SIMでLINEを使用する場合には事前準備をしなければ後悔することになる。

格安SIMでもLINEは普通に使用できるのだが、大手キャリアと異なる点は友達のID追加ができないということである。大手キャリアであればLINEの年齢確認はキャリアの契約情報を通して情報を取得するのだが、格安SIMではこのキャリアを通しての年齢の確認ができないためにIDでの検索が制限されるのだ。

しかし、この格安SIMのID問題については事前準備をしっかりと行っておけば何ら問題なく格安SIMでもIDで友達を追加することができる。この記事では現在大手キャリアを契約していて格安SIMに移行を検討している人に向けて格安SIMに移行した後でもID追加を利用する方法について解説したいと思う。

格安SIMでID検索を使用する方法

大手キャリア契約のLINEで年齢確認を事前に行う

格安SIMに移行を考えている人の大多数は、現在は大手キャリアを契約しているという人が殆どであると思う。格安SIMに移行した後でもID検索を利用するには大手キャリア契約中に使用しているLINEアカウントで事前に年齢確認を行うということで移行した後でも格安SIMでID検索が利用できる。

そのために現在は大手キャリアでLINEを使用している人の中で格安SIMへの移行を考えている人は、必ず事前に大手キャリア契約中に年齢確認を行うということを忘れずに行わなければならない。もしLINEの移行をせずに新規で登録してしまった場合には利用できないために注意が必要ということを覚えておこう。

大手キャリアで年齢確認をしたアカウントを引き継ぐ

大手キャリアでLINEの年齢確認を行った情報というのはLINEのデーター引き継ぎでも継続して引き継がれるために、大手キャリアで年齢確認を終わらしたアカウントをこれから利用する格安SIMのスマホに移行すれば不自由なく格安SIMでのID検索が利用できるという訳だ。

特に格安SIMではLINEの年齢確認ができないという話題が良く上がるのだが、格安SIMを利用しているユーザーというのは元は大手キャリアから移行をしてきたユーザーが殆どであり、事前にこのような簡単な手順を行ってLINEアカウントの移行を行えば問題なくID検索が利用できるために覚えておいて欲しい。

格安SIMでの年齢確認は事前準備が必要なんじゃないの?

 - 家電