稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

引きこもりや不登校を狭い視野の固定観念で罵倒するのは逆効果

      2018/01/21

一般的な人の生活というのは学校を卒業して会社に就職して結婚をするというプロセスを想像すると思うのだが、中には学校や仕事に馴染めずに学校に通わなくなったり、職場でのストレスで引きこもりになったりするなどの社会生活からドロップアウトした生活を送っている人も多いのが現在問題となっている。

確かに一般的な社会生活を送っている人からしてみれば、不登校や引きこもりニートという生活は自堕落な人というイメージを持ってしまうのも致し方無いかもしれないが、このような生活を送っている人に罵倒をする言葉を投げかけるというのは当事者の自閉的な思考を一層強める要因になりかねない。

多くの引きこもりニートや不登校というのは現在置かれている自堕落な生活に満足をしているという人は本当に少数であり、自分を変えるきっかけというものを模索している人が大半であるのだが、一度社会からドロップアウトした生活を長年続けていると社会全体が狭い視野でしか捉えられず悲観的になるのだ。

特にこのような一般的な生活からかけ離れている生活をしている人は自尊心というものが極端に低く、一方で想像力が豊かという特徴があり長い引きこもりブランクがあると一度もハローワークに出向いたことが無いのに「空白期間があるから採用してくれる訳がない」というマイナス思考の悪循環に陥るのである。

その時に身近にいる人が「早く学校に行け」だとか「周りの人は社会経験を積んで結婚もしているのに」という言葉を投げかけると、当の本人の閉鎖的な気持ちが極端に悪化して、アドバイスのつもりが逆にプレッシャーとストレスとなり自暴自棄になってしまう傾向にあるために、このような罵倒する言葉は禁句であるのだ。

このような引きこもりニートや不登校に対しての周りの対応というのは、狭い固定観念で社会の常識というものを言葉として投げかけるのではなく、本人の意思を尊重して本人から社会復帰をするという決断を待つということが重要であり、強制的に社会復帰をさせるということはしない方が良いのである。

本人に社会復帰をする意思が無いと駄目なんじゃないの?

 - オピニオン