カラダ

睡眠薬や精神安定剤の離脱症状が続く期間を解説したいと思う

睡眠薬や精神安定剤というのは風邪薬と異なって直接的に脳に作用するという特徴があるために、一時的な薬と異なる点がある。それは薬の離脱症状というものであり、長い期間に渡って薬を服用している場合にいきなり薬の服用を中止すると体のホルモンバランスが崩れて様々な不快感を感じるというものである。

一般的にはこのような睡眠薬や精神安定剤の減薬や断薬をする場合には、これらの離脱症状がなるべく出ないように徐々に減薬をするという方法や、違う薬に置き換えて様子を見るという方法があるのだが、長期間に渡って服用していた薬を絶つとこれらの離脱症状は多くの場合で発生してしまう傾向にあるのだ。

特に断薬を始めた初日というのは強い吐き気や目眩の症状が出てしまうために、薬を服用したくないが離脱症状を抑えるために薬を服用してしまい、断薬が失敗に終わってしまうという悪循環を繰り返している患者も多いのが実情であるのだが、これらの離脱症状というのは個人差にもよるが数週間で治まる。

服用していた期間や一日に服用する量によってこれらの離脱症状の期間というのは変わってくるのだが、長くて一か月もあれば薬の無い状態に体が慣れて日常生活に支障がでるレベルでの副作用というものは消えていくために、断薬を検討している人は数週間の辛抱ということを意識して断薬を行って欲しい。

離脱症状は数週間で無くなるんじゃないの?

関連記事

  1. カラダ

    健康診断でチェックされる画像検査以外の主な検査方法とは?

    健康診断で行われる検査の数々について、詳細に検査内容まで知っている人は…

  2. カラダ

    二週間交換コンタクトを一年使用して眼科で検査をした結果…

    コンタクトレンズというのは、ハードコンタクトを除いて一定期間に…

  3. カラダ

    朝の眠気を一発でスッキリとさせる方法を伝授したいと思う。

    日本人というのは極端に睡眠時間が短い、それは勉学や仕事に勤しん…

  4. カラダ

    健康診断は病気の早期発見にとても貢献している健康の王様である

    病気というものは2種類ある、自覚症状のある病気と、気が付かず進行してし…

  5. カラダ

    高確率で金縛りになる方法を解説したいと思う

    寝ている最中に突如起こる「金縛り」という現象。金縛りが起こると…

  6. カラダ

    不眠症は考え方の転換で時間を有意義に使えるメリットがある

    不眠症に悩んでいる人で心療内科などに行き睡眠薬を処方してもらっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    20代の若者が遊びよりも貯金目的で労働するのは正しいのか?
  2. メンタルヘルス

    高いプライドを持つのではなくバカを極めることが重要である
  3. ブログ運営

    Appleが広告ブロック機能でAdSenseを滅ぼそうとしている件
  4. オピニオン

    学校は義務教育の一環としてお金の勉強を取り入れるべきである
  5. カラダ

    コンタクトが目の中で行方不明になった時の対処法
PAGE TOP