メンタルヘルス

不眠症は寝るという意識を捨てることで改善することができる

ストレス社会に生きる日本人の睡眠の質というのは非常に悪く、寝床に就いても目が冴えて睡眠までに非常に時間が必要になったり、一度起きてしまえば再び睡眠に入るまでに時間が必要になるなどの睡眠障害に悩んでいる人というのが非常に多く本来はリラックスする環境である睡眠にストレスを感じている人もいる。

特にストレスでの不眠症というのは、寝床に就いても明日のスケジュールや失敗などを頭の中で過度に考えてしまって睡眠が取れないというケースが多いのだが、このような不眠症を抱えている人に共通していることは寝るという意識を過度に持ちすぎて逆に睡眠の妨げになっているということだ。

多くの人の場合は、自分が不眠症であるということを自覚すると早く寝なければ疲れがとれないという意識を持ってしまうために、寝るという時間全体がストレスになっているのだが、そのような場合には寝なければいけないという固定観念を捨てて睡眠という強い意識を持たないということが重要である。

寝床に就いて睡眠を絶対に取らなければならないという強い意識を持ってしまうと、それが逆に精神的な負担になって体が緊張して睡眠モードへと移行できないという原因になるものであり、不眠症の人はこのような床に就く=睡眠という意識を捨てて寝なくても大丈夫という考えを持つことが必要なのだ。

別に寝なくても良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    自慢ではなく自分の短所を伝えると人から好かれる人間になれる

    人間というのは何かしら人に自慢したいという欲求が備わっていて、…

  2. メンタルヘルス

    心が病んでいる人は寝る前に小さな幸せをメモ帳に書き綴ろう

    日本という国は多くの人がうつ病で悩んでいる人が多くを占めている…

  3. メンタルヘルス

    お清めの塩風呂に入ったら人生が好転した話をしたいと思う

    なんだか人生が思い通りに進まない、人生が不運だらけという人は結…

  4. メンタルヘルス

    心の病で心療内科に通いであれば自立支援医療制度を利用すべし

    現在、日本は鬱大国であり多くの人が心療内科に通っているのが現状…

  5. メンタルヘルス

    自分を変えたいという意識があるならば直感力を重視すべし

    自分の性格を変えたいという願望を持っている人の割合というのは結…

  6. メンタルヘルス

    究極的にストレスフリーな思考になるためのプロセスを伝授

    日常生活の中で人として生活していくならば、一定の社会のルールに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    有給休暇を取得しないことが美徳とされる誤った日本の風潮
  2. オピニオン

    NTTを名乗る電話はNTTとは無関係な下請け企業が殆どである
  3. オピニオン

    学歴の無い中卒者でも自動車検査員になると準公務員になれる
  4. オピニオン

    自動車整備士を志す人は知っておくべき労働環境を整備士が解説
  5. オピニオン

    年収が低いと嘆いている人は考え方の転換で幸せになれる
PAGE TOP