メンタルヘルス

不眠症は寝るという意識を捨てることで改善することができる

ストレス社会に生きる日本人の睡眠の質というのは非常に悪く、寝床に就いても目が冴えて睡眠までに非常に時間が必要になったり、一度起きてしまえば再び睡眠に入るまでに時間が必要になるなどの睡眠障害に悩んでいる人というのが非常に多く本来はリラックスする環境である睡眠にストレスを感じている人もいる。

特にストレスでの不眠症というのは、寝床に就いても明日のスケジュールや失敗などを頭の中で過度に考えてしまって睡眠が取れないというケースが多いのだが、このような不眠症を抱えている人に共通していることは寝るという意識を過度に持ちすぎて逆に睡眠の妨げになっているということだ。

多くの人の場合は、自分が不眠症であるということを自覚すると早く寝なければ疲れがとれないという意識を持ってしまうために、寝るという時間全体がストレスになっているのだが、そのような場合には寝なければいけないという固定観念を捨てて睡眠という強い意識を持たないということが重要である。

寝床に就いて睡眠を絶対に取らなければならないという強い意識を持ってしまうと、それが逆に精神的な負担になって体が緊張して睡眠モードへと移行できないという原因になるものであり、不眠症の人はこのような床に就く=睡眠という意識を捨てて寝なくても大丈夫という考えを持つことが必要なのだ。

別に寝なくても良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    不眠や鬱に効果がある5htpサプリメントを購入してみた件

    不眠や鬱状態に陥った時、多くの人は心療内科や精神科を受診すると思うが、…

  2. メンタルヘルス

    コミュ障になる要因というのは相手の思考を推測するためである

    人とコミュニケーションを取るということを得意としている人という…

  3. メンタルヘルス

    失敗に対して自己嫌悪を感じている時点で成長の兆しは皆無だ

    日本人という国民性は失敗をするということに対して極度の抵抗感を…

  4. メンタルヘルス

    心が病んでいる人は寝る前に小さな幸せをメモ帳に書き綴ろう

    日本という国は多くの人がうつ病で悩んでいる人が多くを占めている…

  5. メンタルヘルス

    対人恐怖症の一番の治療法は荒療治という方法が最善である

    鬱社会の世の中で、うつ病や不眠症と並んで日本人に発症しやすい心…

  6. メンタルヘルス

    うつ病は治りかけが一番危ないと言われる根本的な理由を考察

    現代の社会というのはストレス社会であり学校や仕事の対人関係面で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 家電

    寒い時期に通販などで家電を購入する際は結露対策が必要である
  2. オピニオン

    自由人というライフスタイルは存在しないという事実
  3. メンタルヘルス

    適当に生きるという事を心がけると人生は楽しくなる
  4. オピニオン

    ニートから会社員へと転身を得て分かった「社畜は損である生き方である」ということ
  5. ブログ運営

    プロブロガーと名乗ることができる定義について再確認しよう
PAGE TOP