雑学

車の寿命は10年10万キロという概念は古い理由を整備士が考察

形あるものはいつか壊れてしまう訳であるのだが、物の買い替えを検討する機会というのは一般的には機能に満足しなくなった時や物が壊れてしまったときであると思う。その中でも高額な買い物になるのが車の買い替えである。しかし今の車というのは高品質化によって壊れる前に捨てられる車が非常に多い。

一般的な車の寿命という一つの目安として考えられるのが、10年10万キロという目安である。しかしこの10年10万キロというのは車を構成している部品の品質が高くなかった時代の話であり、現在の車で10年10万キロで廃車状態になるということはあまり考えられない。

私が整備した車の中で軽自動車で37万キロ走っている車が入庫したことがあるのだが、外装はボロボロでも試走をするとしっかりと走って調子は抜群に良かったということがあり、しっかりとオイル交換等の整備を行えば車は走行距離が多い=寿命という概念は古い考えであることが分かる。

せっかく購入した車を長く乗りたいというのは皆共通して同じであると思うのだが、車の寿命を伸ばすためにはオイル交換を怠らないことなどの外観や走行距離では分からないしっかりとした日々のメンテナンスを行うことで車の寿命は延命されて長く乗ることができるのである。

10年10万キロという概念は古いんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    車のブレーキを踏むと「キー」と異音がする場合は危険信号

    車というのは消耗品であり、一台の車を長く乗っている人や長距離を…

  2. 雑学

    コーティング剤の代表格であるゼロウォーターを整備士が試す

    車を保有している人であれば、一度は洗車を必ず行った経験はあると…

  3. 雑学

    行政書士試験はアホは絶対受からないシステムになっている

    人は大人になると向上心が無くなるものだ。社会人になり上司に言われた事を…

  4. 雑学

    車検の際に行われる下回り塗装について自動車整備士が解説

    車に乗っている人であれば、新車の場合は3年で車検を受ける必要が…

  5. 雑学

    テストで高得点が狙える画期的な勉強方法を紹介したいと思う

    学生はテストで高得点を取るために毎日勉強に励んでいると思うのだ…

  6. 雑学

    車のサイドミラーを破損してしまった場合の修理費用は高額だ

    車に乗っている人であれば常に安全運転は心掛けて運転をしていると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    ネットに写真を投稿しておいて著作権を訴えるとかアホなの?
  2. メンタルヘルス

    サボり癖の克服方法は束縛から解放させてあげることである。
  3. オピニオン

    ニートという闇の期間は決して無駄な時間ではありませんよ
  4. 雑学

    クレジットカード更新時に登録済みのカード情報は更新不要
  5. オピニオン

    日本人がファッションやブランド品に拘る理由は個性がないため
PAGE TOP