雑学

車の寿命は10年10万キロという概念は古い理由を整備士が考察

形あるものはいつか壊れてしまう訳であるのだが、物の買い替えを検討する機会というのは一般的には機能に満足しなくなった時や物が壊れてしまったときであると思う。その中でも高額な買い物になるのが車の買い替えである。しかし今の車というのは高品質化によって壊れる前に捨てられる車が非常に多い。

一般的な車の寿命という一つの目安として考えられるのが、10年10万キロという目安である。しかしこの10年10万キロというのは車を構成している部品の品質が高くなかった時代の話であり、現在の車で10年10万キロで廃車状態になるということはあまり考えられない。

私が整備した車の中で軽自動車で37万キロ走っている車が入庫したことがあるのだが、外装はボロボロでも試走をするとしっかりと走って調子は抜群に良かったということがあり、しっかりとオイル交換等の整備を行えば車は走行距離が多い=寿命という概念は古い考えであることが分かる。

せっかく購入した車を長く乗りたいというのは皆共通して同じであると思うのだが、車の寿命を伸ばすためにはオイル交換を怠らないことなどの外観や走行距離では分からないしっかりとした日々のメンテナンスを行うことで車の寿命は延命されて長く乗ることができるのである。

10年10万キロという概念は古いんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    プロトタイプカーの車体色が逆に目立つ渦巻き模様である理由

    自動車メーカーが車のコンセプトを考えて実際に設計を行う際には様…

  2. 雑学

    オートマ車にニュートラルがある本当の理由を整備士が解説

    車には自動的に変速をしてくれるオートマ車と、自分で車速に合わせ…

  3. 雑学

    代表取締役・社長・会長・CEOって誰が一番偉いの?

    今回の話題は「代表取締役と社長と会長とCEO」の中で一番権限がある人物…

  4. 雑学

    バイクの購入は免許取得前でも納車が出来るのか解説しよう

    二輪の免許を取得するために教習所に通っている人の大多数は、免許…

  5. 雑学

    新車バイク購入時の慣らし運転の必要性は本当にあるのか?

    新車でバイクを購入すると、慣らし運転をしなければならないという…

  6. 雑学

    最新の車盗難手法であるリレーアタックについて解説しよう

    最近の車では、ひと昔前までのアナログキーと変わって軽自動車にも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 家電

    自作パソコンにDVDドライブは必要なんじゃないの?
  2. ブログ運営

    いつまでネットを閲覧しているだけの情報弱者でいるつもり?
  3. 雑学

    キーンと良い音が鳴るZippoに価格帯は関係ないという事実
  4. 雑学

    引きこもりやニート達は軽犯罪法に違反している存在なのか?
  5. ブログ運営

    アフィリエイト目的で購入した商品は経費として計上可能?
PAGE TOP