メンタルヘルス

不眠症を薬に頼らずに改善させるための大切な心掛けを紹介

不眠症というのは大きく分けて2種類あり、1つが寝床に就いてからかなりの時間が無ければ入眠に入ることができない入眠障害と、2つめが入眠に問題は無いのだが睡眠の質が浅く、数時間で目が覚めてしまう中途覚醒などがあるのだが、多く人が悩んでいる不眠症は入眠障害であると思う。

この入眠障害というのは、寝床に就いてから頭と体がストレスなどの刺激によって冴えてしまうことが大きな原因になっているのだが、一度不眠症と診断されると本来リラックスできる睡眠の時間がストレスになり「今日は寝なければいけない」という強い意識が芽生えて余計に頭が冴えてしまうのも一つの原因である。

人はどうしても就寝時間になると直ぐに寝なければならないという意識を持ってしまうために、寝れない時間が経過すると「一睡もできないのはないだろうか」という心配が過るのも頷けるのだが、不眠症の人はこのような睡眠時間というものに強い拘りを持つと余計に寝れなくなる傾向にあるのだ。

不眠症の人が睡眠時に意識する心掛けとしては、寝床に入って睡眠ができない時間が経過していたとしても不安感を持ってはいけないということであり、入眠が遅くても大丈夫という意識を持つということが重要なのである。この意識を持てば心身がリラックスするために入眠に入りやすくなるのだ。

もし不眠症で悩んでいるのであれば、入眠時の自分の様子というものを思い出してみて入眠時間を常に考えてストレスを感じているのであれば、このようなストレスの要因となることを考えずにリラックスした状態で就寝するということを意識してみて欲しいと思う。

入眠時にはリラックスする必要性があるんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    人生の決断を迫られた時に背中を押してくれる思考法を伝授

    人というのは一生の中で人生の決断を迫られる場面というのが度々起…

  2. メンタルヘルス

    心療内科で向精神薬を処方された患者が絶対に理解しておくこと

    現代の日本のストレス社会の中では、誰しもが不眠症や対人恐怖症を…

  3. メンタルヘルス

    不眠や鬱に効果がある5htpサプリメントを購入してみた件

    不眠や鬱状態に陥った時、多くの人は心療内科や精神科を受診すると思うが、…

  4. メンタルヘルス

    昔は良かったというノスタルジーは不要である。未来に生きろ

    中学生の頃は小学生の頃は良かった。高校生になると中学生の頃は良…

  5. メンタルヘルス

    情報の断捨離をすることで安らかな生活が送れるようになる

    多くの家庭では新聞やテレビ、スマホなどで多くのニュースという情…

  6. メンタルヘルス

    人の顔色を覗って八方美人になるのは無意味なんじゃないの?

    人というのは生きていれば必ず人様の顔色を覗って生活をしていかな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    平凡な毎日を変えたいのならば毎日1つの日常を破壊すべし
  2. ブログ運営

    一つのアフィリエイト案件でサイトを作成するのは愚かである
  3. オピニオン

    ネットで稼ぐ人のほぼ全員に共通している「先行者優位」原則
  4. メンタルヘルス

    対人恐怖症の一番の治療法は荒療治という方法が最善である
  5. 雑学

    代表取締役・社長・会長・CEOって誰が一番偉いの?
PAGE TOP