稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

不眠症を薬に頼らずに改善させるための大切な心掛けを紹介

      2018/02/03

不眠症というのは大きく分けて2種類あり、1つが寝床に就いてからかなりの時間が無ければ入眠に入ることができない入眠障害と、2つめが入眠に問題は無いのだが睡眠の質が浅く、数時間で目が覚めてしまう中途覚醒などがあるのだが、多く人が悩んでいる不眠症は入眠障害であると思う。

この入眠障害というのは、寝床に就いてから頭と体がストレスなどの刺激によって冴えてしまうことが大きな原因になっているのだが、一度不眠症と診断されると本来リラックスできる睡眠の時間がストレスになり「今日は寝なければいけない」という強い意識が芽生えて余計に頭が冴えてしまうのも一つの原因である。

人はどうしても就寝時間になると直ぐに寝なければならないという意識を持ってしまうために、寝れない時間が経過すると「一睡もできないのはないだろうか」という心配が過るのも頷けるのだが、不眠症の人はこのような睡眠時間というものに強い拘りを持つと余計に寝れなくなる傾向にあるのだ。

不眠症の人が睡眠時に意識する心掛けとしては、寝床に入って睡眠ができない時間が経過していたとしても不安感を持ってはいけないということであり、入眠が遅くても大丈夫という意識を持つということが重要なのである。この意識を持てば心身がリラックスするために入眠に入りやすくなるのだ。

もし不眠症で悩んでいるのであれば、入眠時の自分の様子というものを思い出してみて入眠時間を常に考えてストレスを感じているのであれば、このようなストレスの要因となることを考えずにリラックスした状態で就寝するということを意識してみて欲しいと思う。

入眠時にはリラックスする必要性があるんじゃないの?

 - メンタルヘルス