メンタルヘルス

不眠症を薬に頼らずに改善させるための大切な心掛けを紹介

不眠症というのは大きく分けて2種類あり、1つが寝床に就いてからかなりの時間が無ければ入眠に入ることができない入眠障害と、2つめが入眠に問題は無いのだが睡眠の質が浅く、数時間で目が覚めてしまう中途覚醒などがあるのだが、多く人が悩んでいる不眠症は入眠障害であると思う。

この入眠障害というのは、寝床に就いてから頭と体がストレスなどの刺激によって冴えてしまうことが大きな原因になっているのだが、一度不眠症と診断されると本来リラックスできる睡眠の時間がストレスになり「今日は寝なければいけない」という強い意識が芽生えて余計に頭が冴えてしまうのも一つの原因である。

人はどうしても就寝時間になると直ぐに寝なければならないという意識を持ってしまうために、寝れない時間が経過すると「一睡もできないのはないだろうか」という心配が過るのも頷けるのだが、不眠症の人はこのような睡眠時間というものに強い拘りを持つと余計に寝れなくなる傾向にあるのだ。

不眠症の人が睡眠時に意識する心掛けとしては、寝床に入って睡眠ができない時間が経過していたとしても不安感を持ってはいけないということであり、入眠が遅くても大丈夫という意識を持つということが重要なのである。この意識を持てば心身がリラックスするために入眠に入りやすくなるのだ。

もし不眠症で悩んでいるのであれば、入眠時の自分の様子というものを思い出してみて入眠時間を常に考えてストレスを感じているのであれば、このようなストレスの要因となることを考えずにリラックスした状態で就寝するということを意識してみて欲しいと思う。

入眠時にはリラックスする必要性があるんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    「面倒くさくて当たり前」を前提として生きると人生が楽になる

    休日が終われば明日から仕事という思いや、何等かのトラブルが発生…

  2. メンタルヘルス

    物を持つと幸せより心配事の方が増えるという事実

    大抵の人は、多くの物を所有するということが喜びであり、それが仕…

  3. メンタルヘルス

    やんちゃ坊主は大人になると感受性豊かな人間性になる

    親からしてみれば子供の性格を気にかけて、優しい人間性になってほ…

  4. メンタルヘルス

    他人から嫌われる性格は日常生活で特をするメリットが多い

    日本人という国民性を読み解いてみると、真面目や本音と建前などが…

  5. メンタルヘルス

    人生を変えたいのなら捨てることを意識することの重要性

    今の現状を変えたいと思っているのならば、今すぐに行動に移すとい…

  6. メンタルヘルス

    現状維持は捨てて環境の変化を楽しめば良いんじゃないの?

    人というのは人生の中で何かを選択しなければいけないという状況下…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    キャッシュカードでの暗証番号誤入力をした場合の履歴は蓄積されるのか?
  2. 雑学

    110番通報の際に現在地の住所が分からない場合の対処法
  3. 雑学

    長財布からマネークリップに変えたら人生が変わった件
  4. 家電

    これから自作パソコンを組み立てる人が注意すべき盲点
  5. ブログ運営

    アフィリエイター御用達の賢威を辛口レビューしてやろうと思う
PAGE TOP