稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

社会人の財布の中に入れておくべき金額は年齢と比例する

      2018/02/09

社会人となって自由にお金が使えるようになると、財布の中にストックしておくべき金額はいくらが妥当なのか?ということを考えたことはないだろうか。財布の中に入れておくべき金額についてはその人の生活スタイルによっても変わってくるために妥当な金額は個人差があるのだが極端に少ないのも考えようだ。

使いすぎを考慮して財布の中の金額を減らせば、いざという時の出費に困ることになり、逆に多すぎても紛失した際のダメージというのは大きいものであるために社会人の財布の中に入れておく金額といのは結構シビアな問題であるのだが、一般的な認知としては年齢と比例した金額を財布の中に入れておくということが多い。

例えば新社会人で18歳で働き始めた場合には、18,000円の金額を入れておくというという風に年齢と比例した金額を財布の中にストックしておくことで、年齢に見合った金銭感覚を身に着けるという面でも効果的であるし、尚且つ、年齢と金額が比例しているためにいざという出費でも困るケースというのが少ないのである。

18歳で18,000円の金額を財布の中に入れておけば、余程に金遣いの荒い人でない限り日常生活で困るというケースは少ない。そして年配者である50歳であれば5万円を財布の中に入れておけば年齢に見合った余裕を持ったベストな金額であるために財布の中に入れておく金額は年齢と比例してストックすべきなのである。

財布の中に入れておく金額は年齢と比例するんじゃないの?

 - オピニオン