稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

眼鏡の度数を上げた直後に感じる目の疲れは慣れていないため

      2018/02/13

最近では、スマホやタブレットなどの普及によって子供の頃から近くの物を見つけるという生活習慣を持っている人が非常に多いために、近視になる人が非常に多い。そのような時には眼鏡やコンタクトレンズなどを作成して視力の補正を行うのだが、初めて眼鏡をかけたときや度数を上げた直後は目の疲れが起こる。

このような眼鏡の度数を上げたりすると、最初は絶対に目の疲れというものは必ず感じるために、再度眼鏡店に出向いてレンズの交換をしてもらうというケースがあるのだが、度数を上げた直後に感じる目の疲れというのは必ず起きるものであり、眼鏡の度数に対して目を慣れさせる必要があるのだ。

眼鏡を新しく購入した人は、古い眼鏡の度数に慣れているために新しい眼鏡にするとピント調整が大きくなるために目が疲れてしまう訳なのだが、このような度数を上げて感じる目の疲労感というのは新しい眼鏡を日常的にかけていれば一週間程度で目が新しい眼鏡に慣れて疲れが感じにくくなる。

特に平日はコンタクトレンズを着用して、家では眼鏡をつけている人というのは眼鏡をかけている時間が夜の数時間と限られているために、眼鏡の度数に慣れずに違和感を覚えてしまいやすいために、新しい眼鏡にした場合には目を慣れさせるという意味において眼鏡をメインとして付けるべきなのである。

新しい眼鏡の眼精疲労は当たり前なんじゃないの?

 - カラダ