メンタルヘルス

潔癖症を克服するためには荒療治という方法しか存在しない

他人が触れた物が触れないという潔癖症な人というのは日常生活を送るという一つ一つが不快というストレスに晒されてしまいやすい傾向にある。例えば電車ではつり革に障れない、トイレではドアノブに触れることができない、他人の使ったトイレで用を足すことが精神的なストレスになるなど様々である。

このような潔癖症な性格の持ち主というのは、物に触れて菌が移るという意識というよりも、物に触れたら手を洗わなければ気が済まないという認識の方が大きく、一度身についた潔癖という生活習慣を改善させるのは結構長い時間を要するのだが、潔癖症は治せないという訳ではないのだ。

私も過去には極度の潔癖症であり、学生時代には消しゴムや鉛筆を床に落としただけで除菌ティッシュなどで丁寧に拭いたり、他人が触った物については一切素手で触れない性格の持ち主であったために、先生もこの性格を察してくれて平等に振り分けられるはずのトイレ掃除というものから自分が除外されていた。

しかし現在はこの極度な潔癖症というのは改善されているのだが、この極度の潔癖症を治した一番の理由としては、わざと自分が不快に感じる状況下に身を置いたということが一番の理由となっている。潔癖症というのは結局は固定観念の塊であり、汚い環境に慣れるということが改善の一番の近道という訳だ。

もし、潔癖症で悩んでいて潔癖な性格を改善させたいと思っている場合には、自分が不快に感じる状況下にわざと身を置くことにより、清潔が一番という固定観念が次第に崩れるためお勧めだ。そのうちに気が付いた時には次第に潔癖症が緩和されていくのでぜひ不快な環境に身を置くということを意識して生活してみて欲しい。

潔癖症は荒療治で治すしかないんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    心療内科で向精神薬を処方された患者が絶対に理解しておくこと

    現代の日本のストレス社会の中では、誰しもが不眠症や対人恐怖症を…

  2. メンタルヘルス

    人生に幸せを求めるという考えは根本的に間違っている

    人は生きていれば幸せになりたいという願望を持つことは自然なこと…

  3. メンタルヘルス

    高いプライドを持つのではなくバカを極めることが重要である

    人として社会生活の中で暮らしていると、誰しもが絶対的にプライド…

  4. メンタルヘルス

    自分を変える行動力を身に着けるために必要な手順と心掛け

    人の性格というものを大きく2つに分類すると、積極的で何事にも物…

  5. メンタルヘルス

    人から好かれたいという無意味な意識を持つ必要は皆無である

    誰しもが嫌われるよりも好かれたいと思うのは当然であると思うのだ…

  6. メンタルヘルス

    朝が憂鬱なときには精神安定剤を飲んで出社するのがおすすめ

    現代はストレス社会であり仕事や学校に行かなければいけない朝に気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    最近の車検では法定検査で問題ない部品を交換している事実
  2. メンタルヘルス

    人から好かれたいのなら自分の短所をあえて主張しよう
  3. オピニオン

    頭が悪い人というのは勉強のみを基準として判断してはいけない
  4. 雑学

    セルフスタンドは裏でスタッフが遠隔操作で給油許可をしている
  5. オピニオン

    もうApple社とか革新の低迷で終わりなんじゃないの?
PAGE TOP