稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ブログのアクセス数などブロガーならば気にするなというお話

      2018/02/26

ブログを運営しているブロガーの殆どは、自分が書いた文章を多くの人に閲覧してもらうということを目的として毎日ブログ記事を執筆しているのは当然であるという認識の上で運営をしていると思われる訳だが、ブロガーとしてブログを運営しているならばあえてブログのアクセス数というのは気にしてはいけない。

サイトのアクセス数の一番の要因を占めるものは、検索流入からのアクセスである訳だが、検索流入からのアクセスというのはグーグルの気まぐれで前日には検索キーワード上位に入っていたにも関わらずに、翌日になると一気に順位が下の方に移動するなんてことは日常茶飯事であり、これはアクセス数に大きく影響する。

特に一部の検索キーワードに対してブログの大きな流入源となっていた記事の順位が下がると、ブログ全体のアクセス数が変動するのは当然であり、長期に渡ってブログを運営していくブロガーが一時のアクセス数の上下で一喜一憂していては精神衛生上に悪いのは当然であるし、ブログのやる気にも支障がでる。

これはブログだけの話ではなく、サイトを運営している人はアクセス数に拘るという意識を捨ててブログを運営していくということが長期に渡ってモチベーションを下げずにブログを書き続けるための秘訣という訳だ。そのためブログのアクセス数に拘って執筆しているブロガーはアクセス数という概念を捨てる事が重要なのだ。

ブログのアクセス数は気にしない方が良いんじゃないの?

 - ブログ運営