オピニオン

ユーザー車検で車検証を発行する危険性を整備士が考察

車を保有していれば新車購入から3年で初回の車検を受けて、次の車検満了日は2年おきとなる訳であるのだが、車の維持費の中でも高額の部類に入る車検を安く済ませたいと思うのは皆同じである。そうなると候補として上がるのだがユーザー車検というものなのだが、ユーザー車検は整備士の見解としてはお勧めできない。

確かにユーザー車検はディーラーや整備工場に車検に出すよりも格安で次回有効期限の車検証を発行してもらえるために、ユーザー車検を選びたい気持ちも分かるのだが、ユーザー車検というのは厳密に言えば法律で定められた基準を満たしているかのチェックにしか過ぎないのである。

車検に関しての知識が無い人は「車が道路を走行している基準を満たしているのであれば良いのではないのか?」と思うかもしれないが、この道路を走行する基準というのは最低限のチェックであり、検査時には基準をクリアしていても翌日になると基準以下というリスクが伴う危険性があるのだ。

車検場でのユーザー車検は最低限のチャックしか行わない

例えば車検時にはブレーキテストというものがあるのだが、車検場ではブレーキの制動力テストというのは実際にブレーキを分解してチェックするのではなく、回転するローラーの上にタイヤを乗せて制動力を計測するために、例えパッドやライニングが寿命と言われる厚さしかなくても検査に通ってしまうことがあるのだ。

一方でディーラーや整備工場であれば、整備士が実際にブレーキ等を分解して次期車検満了日までにブレーキパッドなどの消耗品が持たないと判断した場合には早めに交換をするなどのしっかりとした目視での整備をしてくれるために、車に乗っていての安心感というものが違うのである。

本来は車検というのは法定で定められた項目をチェックして分解整備を行うことがメインであるのだが、ディーラーや整備工場の整備士による目視の整備を行ってもらうと、バッテリーやクーラントなどの消耗品の不具合を早期発見してくれるなどのメリットがあるのが整備工場での車検であるのだ。

ユーザー車検でしか車検をしていない車は危険

多少の車の知識があって、尚且つ車検料金を安くしたいと思っている人は新車購入から継続検査までユーザー車検で自分で行っているという人もいるかもしれないが、ユーザー車検は冒頭これまで説明してきた通りに、道路を走行する上での基準の確認に過ぎないために、消耗部品等の早期発見ができないリスクがある。

そのために、いままでユーザー車検で車検証を発行してきた人は車の健康状態を知るためにユーザー車検と整備工場での車検を交互に行うなどの選択を取って、しっかりと定期的に整備工場にて詳しく車をチェックしてもらうという意識を持って車に乗るということが安全のために重要なことなのである。

ユーザー車検は上手く利用しなければ駄目なんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    副業禁止の会社とかもはや時代遅れな考えなんですよ

    会社員ならば会社の規則に従って仕事をしなければいけない。その多…

  2. オピニオン

    ネットで稼ぐ人のほぼ全員に共通している「先行者優位」原則

    「ネットで稼ぐ」という言葉というのは、知識が無い人からしてみれ…

  3. オピニオン

    宝くじは寄付をするという気持ちを込めて購入すべき

    宝くじを購入する目的は一攫千金を夢見て、少ない確率だがチャンス…

  4. オピニオン

    会社員は本業以外の副業は禁止という風潮について物申す

    フリーターなどと異なり、会社員というのは正規雇用された職種を全…

  5. オピニオン

    最近話題になっているスマホの稼げる系アプリについて物申す

    最近スマホの上位ランキングのアプリを見ていると「稼げる系」のア…

  6. オピニオン

    求人票の最終学歴という足切りは廃止にすべきである

    仕事を求めてハローワークなどに出向いて、求人票を見てみると多く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    一級整備士を取得するメリットは皆無に等しいかもしれない事実
  2. 雑学

    ディーラーの整備士が着用しているツナギを入手する方法を解説
  3. オピニオン

    原付バイクのカスタムはダサいという風潮は時代遅れですよ
  4. オピニオン

    有名人に会ったけどやはり一般人と変わらない普通の人間だった
  5. 雑学

    不労所得と言う金のなる木は存在しないという事を知るべき
PAGE TOP