稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ユーザー車検で車検証を発行する危険性を整備士が考察

      2018/03/08

車を保有していれば新車購入から3年で初回の車検を受けて、次の車検満了日は2年おきとなる訳であるのだが、車の維持費の中でも高額の部類に入る車検を安く済ませたいと思うのは皆同じである。そうなると候補として上がるのだがユーザー車検というものなのだが、ユーザー車検は整備士の見解としてはお勧めできない。

確かにユーザー車検はディーラーや整備工場に車検に出すよりも格安で次回有効期限の車検証を発行してもらえるために、ユーザー車検を選びたい気持ちも分かるのだが、ユーザー車検というのは厳密に言えば法律で定められた基準を満たしているかのチェックにしか過ぎないのである。

車検に関しての知識が無い人は「車が道路を走行している基準を満たしているのであれば良いのではないのか?」と思うかもしれないが、この道路を走行する基準というのは最低限のチェックであり、検査時には基準をクリアしていても翌日になると基準以下というリスクが伴う危険性があるのだ。

車検場でのユーザー車検は最低限のチャックしか行わない

例えば車検時にはブレーキテストというものがあるのだが、車検場ではブレーキの制動力テストというのは実際にブレーキを分解してチェックするのではなく、回転するローラーの上にタイヤを乗せて制動力を計測するために、例えパッドやライニングが寿命と言われる厚さしかなくても検査に通ってしまうことがあるのだ。

一方でディーラーや整備工場であれば、整備士が実際にブレーキ等を分解して次期車検満了日までにブレーキパッドなどの消耗品が持たないと判断した場合には早めに交換をするなどのしっかりとした目視での整備をしてくれるために、車に乗っていての安心感というものが違うのである。

本来は車検というのは法定で定められた項目をチェックして分解整備を行うことがメインであるのだが、ディーラーや整備工場の整備士による目視の整備を行ってもらうと、バッテリーやクーラントなどの消耗品の不具合を早期発見してくれるなどのメリットがあるのが整備工場での車検であるのだ。

ユーザー車検でしか車検をしていない車は危険

多少の車の知識があって、尚且つ車検料金を安くしたいと思っている人は新車購入から継続検査までユーザー車検で自分で行っているという人もいるかもしれないが、ユーザー車検は冒頭これまで説明してきた通りに、道路を走行する上での基準の確認に過ぎないために、消耗部品等の早期発見ができないリスクがある。

そのために、いままでユーザー車検で車検証を発行してきた人は車の健康状態を知るためにユーザー車検と整備工場での車検を交互に行うなどの選択を取って、しっかりと定期的に整備工場にて詳しく車をチェックしてもらうという意識を持って車に乗るということが安全のために重要なことなのである。

ユーザー車検は上手く利用しなければ駄目なんじゃないの?

 - オピニオン