オピニオン

完全自動運転の普及に自動車メーカーが消極的な理由

近年の車は予防安全性能というレーダーや単眼カメラを用いた安全サポート機能を搭載した車が標準で搭載される車種が多くなってきた訳であるのだが、これは自動運転という訳では無く、あくまでも運転手の安全をサポートするための予防機能にしか過ぎない技術に留まっているというのが現状である。

では完全自動運転を搭載した車は技術的に数年以内で発売されないのか?という期待と疑問を持つ人もいると思うのだが、残念ながら数年以内には完全自動運転というのは実現しないであろう。その理由としては万が一事故が発生した際に事故を起こした責任はだれが取るのか?ということが焦点となるためだ。

現段階の運転サポートの技術というのはあくまでも運転手の安全サポートという枠に収まっており、運転中の事故というのは100%運転手側の過失であり、自動車メーカーは責任を負わないというスタンスだ。これを裏付けるように取説にもしっかりと「万全ではない」サポートという言葉を主張している。

実際には技術的な面での話をすると、完全自動運転技術というのは実用することは決して難しい話ではないのだが、技術よりも先に考慮しなければならないのが、完全自動運転を採用してしまうと事故の発生時の責任はメーカー側に寄るのは必然的であり、一件でも事故を起こせばメーカーの顔を傷つけることになる。

そうして事故を起こした際の賠償金などの問題も大きな問題であり、走行中にコーナーにぶつかるなどの小さなかすり傷であってもメーカー側が悪いという話になれば、苦情の電話や賠償なども日常茶飯事になるのは容易に想像ができ、そこまでのリスクを追ってまでも自動運転に拘る必要性はないのである。

現状の自動車メーカーはこのような技術的な話よりも、このような自動運転を採用することによって発生するであろうトラブルの対処等を考慮して、完全自動運転の普及に対して消極的であるのが現状なのである。そのために自動運転の実用化は技術的には可能であっても、普及には踏み切らないのがメーカー側の本音なのだ。

技術の進歩よりも法改正の方が遅いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    新入社員が早速仕事を辞めたいなら是非とも辞めるべきですよ

    4月に入って新社会人となった人の中で、早速仕事を辞めたい衝動に…

  2. オピニオン

    インドア派で外に出る趣味が欲しい人はバイクに跨がれ!

    休日の過ごし方は基本的にインドア派という人はせっかくの休日をネ…

  3. オピニオン

    テレビを見ない生活を続けて得られた4つのメリット

    朝起きたらテレビを付けて朝のニュースをチェックする。そして昼休…

  4. オピニオン

    引きこもりや不登校を狭い視野の固定観念で罵倒するのは逆効果

    一般的な人の生活というのは学校を卒業して会社に就職して結婚をす…

  5. オピニオン

    派手な髪色はお金を溝に捨てているのと同じである理由

    人とは違うお洒落な人というのは、ファッションやメイクなどに拘り…

  6. オピニオン

    有給休暇すら自由に取得できないなんて会社員は奴隷ですね

    日本人というのは他の国と比べて、仕事に対する時間の束縛度という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    楽に生きるために重要なことはプライドを捨てるということ
  2. ブログ運営

    私のNAVERまとめの総合PVが1400万PVを突破していて悲しくなった件
  3. ブログ運営

    ブログというのは最高の自己投資ツールである
  4. メンタルヘルス

    視力が悪いということは実はメリットの方が大きいという事実
  5. オピニオン

    VR技術は数年後にスマホ並みの爆発的普及を果たす理由
PAGE TOP