オピニオン

完全自動運転の普及に自動車メーカーが消極的な理由

近年の車は予防安全性能というレーダーや単眼カメラを用いた安全サポート機能を搭載した車が標準で搭載される車種が多くなってきた訳であるのだが、これは自動運転という訳では無く、あくまでも運転手の安全をサポートするための予防機能にしか過ぎない技術に留まっているというのが現状である。

では完全自動運転を搭載した車は技術的に数年以内で発売されないのか?という期待と疑問を持つ人もいると思うのだが、残念ながら数年以内には完全自動運転というのは実現しないであろう。その理由としては万が一事故が発生した際に事故を起こした責任はだれが取るのか?ということが焦点となるためだ。

現段階の運転サポートの技術というのはあくまでも運転手の安全サポートという枠に収まっており、運転中の事故というのは100%運転手側の過失であり、自動車メーカーは責任を負わないというスタンスだ。これを裏付けるように取説にもしっかりと「万全ではない」サポートという言葉を主張している。

実際には技術的な面での話をすると、完全自動運転技術というのは実用することは決して難しい話ではないのだが、技術よりも先に考慮しなければならないのが、完全自動運転を採用してしまうと事故の発生時の責任はメーカー側に寄るのは必然的であり、一件でも事故を起こせばメーカーの顔を傷つけることになる。

そうして事故を起こした際の賠償金などの問題も大きな問題であり、走行中にコーナーにぶつかるなどの小さなかすり傷であってもメーカー側が悪いという話になれば、苦情の電話や賠償なども日常茶飯事になるのは容易に想像ができ、そこまでのリスクを追ってまでも自動運転に拘る必要性はないのである。

現状の自動車メーカーはこのような技術的な話よりも、このような自動運転を採用することによって発生するであろうトラブルの対処等を考慮して、完全自動運転の普及に対して消極的であるのが現状なのである。そのために自動運転の実用化は技術的には可能であっても、普及には踏み切らないのがメーカー側の本音なのだ。

技術の進歩よりも法改正の方が遅いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    本当の秀才が使っているPCデスクは勉強机であるという事実

    パソコンに拘りを持っている人というのはパソコンのスペックだけで…

  2. オピニオン

    若者の〇〇離れという議題を出して何もしないバカ国家の話

    近年、若者の欲が無くなったという現状を一纏めにして若者の〇〇離…

  3. オピニオン

    仕事に対して誇りを持つ必要なんて一切ありませんよ

    日本人の感覚としては、仕事というのは一生懸命、汗水垂らして賃金…

  4. オピニオン

    低学歴であり低収入の男は結婚というものを諦めるべきである

    世間の風潮としては20代後半になると結婚をしなければならないと…

  5. オピニオン

    卒業証書がゴミだと感じるなら捨てれば良いんじゃないの?

    部屋の大掃除をしていて不要になったゴミは定期的に捨てるという習…

  6. オピニオン

    仕事中にビールを飲んでも別に良いんじゃないの?

    仕事中にアルコールを摂取して仕事に臨むなんてことは言語道断だと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    まとめサイトは著作権法違反で閉鎖される道を辿るかもしれない
  2. オピニオン

    メルカリで出品する際には値引き交渉を考慮して値段を予め高く設定しておくべし
  3. 雑学

    梱包用ダンボール箱を自宅に保管するとゴキブリが繁殖する
  4. オピニオン

    勉強は将来の何の役に立つの?という子供の疑問に答えてやろう
  5. ブログ運営

    国語の通知表が1だった私でも月間4万PV以上のブログを運営できています
PAGE TOP