稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

検索順位の上位表示に効果的なブログの文字数は何文字が妥当?

      2018/03/15

ブログやサイトを運営している人であれば、サイトの記事の検索結果の上位表示というのは非常に気にすることであり、多くの運営者ができるだけ自身の記事の上位表示を狙ってタイトルや文字数というものを考慮して記事の執筆をしていると思うのだが、果たして検索結果の上位表示には何文字の記事が妥当なのだろうか。

文字数というのはSEOの中でも基本中の基本であり、文字数が多いということはユーザーの滞在時間が長くなる傾向にあるし、数百文字しか書いていない記事に比べて有益な情報が書かれている傾向にあるために、検索エンジンは文字数を検索結果の表示に反映しているのは明らかである。

しかしここがSEOの難しいところであり、有益な情報の記事をしっかりと5千文字程度で執筆していたとしても、ライバルサイトが多数いると上位表示は中々難しいのは明白であり、逆に少ない文字でも有益な情報の場合には様々なアルゴリズムで上位表示がされることがあるのがSEO対策なのだ。

このように検索エンジンのアルゴリズムというのは不確かな憶測でSEO対策を行う必要があるが、確実に言えることは文字数は多いに越したことはないということである。私の経験談では検索上位に表示される記事というのは2つの特徴があり、それは希少性と情報量ということだ。

検索エンジン上位に表示される2つの要素

希少性のある情報

例えばサイトを運営している人の中で、アフィリエイトを目的としたサイトを作成している場合には報酬単価の高い案件を扱っている専門サイトの制作を行うと思うのだが、報酬案件の高いサイトというのはネット上に溢れており、情報の希少性というインパクトが無い記事が量産されている。

このような他サイトでも紹介されているような情報を自分の文章として執筆したとしても、検索エンジンの上位表示に食い込むというのは非常に難易度が高く、大抵の場合には検索エンジンの下部に埋もれてアクセス数が少ない収益性の無いサイトと化してしまう訳だ。

しかし、ネット上の記事で重宝される情報というのは他サイトで紹介されていない希少性と奇抜性の高いサイトの記事が検索エンジンにもユーザーにも支持される情報であり、検索エンジンの上位表示を狙うならば他のサイトが執筆していない希少性の高い情報を見極めて執筆をするということが重要なのである。

1000文字以上の記事は検索エンジンに好まれる

これは他のサイトでもよく言われることなのだが、検索エンジンというのは文字数のある記事を好む傾向にある。これは文字数が多ければ有益な情報が書かれている可能性が高いという理由と、文字数が多いと自ずとしてユーザーの滞在時間が長くなるためにサイトが総合的に評価されやすいという理由がある。

しかし、検索エンジン最適化のSEO対策では明確な文字数というものははっきりとしていないのだが、私の経験ではブログ等の文字数というのは少なくても1000文字程度はなければ検索エンジンから見向きもされないということである。そのため1000文字は必ず書くということは必ず実践して欲しいと思う。

だが「文字数が少なくても上位表示をしているサイトがある」と思った人もいるかもしれないが、文字数が少なくて検索結果の上位表示に食い込むのは前章で説明した通り、希少性の非常に高い情報ということであり、普通の情報の記事を書く場合には1000文字以上はなければ評価はされないのである。

アクセス数を気にしないのも一つの手

大抵のサイト運営者やブロガーというのはアクセス数という観念に固着してしまっている人が非常に多い傾向にある訳だが、特にブログ記事の場合には過度にSEOに執着しないというのも一つの考え方である。過度にSEOを気にすると結果として面白くないブログになってしまい、逆に検索結果に嫌われることに繋がるためだ。

そのために、自身のサイトやブログで検索結果の上位表示という観念に縛られて自由に記事を書けなくなっているブロガーや運営者はアクセス数を求めるということは放棄して、ブロガーであれば自分の書きたいことを書き綴り、運営者であれば自身が納得する記事を書き綴れば良いのである。

このような心掛けが結果として検索結果に繋がってくるものであり、小細工をしてSEO対策をするよりも自由に書くという一つの意識をもって記事を執筆するということがモチベーションを高く保つためには重要な心掛けということを意識して楽しんで記事の執筆をして欲しいと思う。

記事に執筆は楽しむことが重要なんじゃないの?

 - ブログ運営