稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

auから電話でMNP転出手続きを行う際に聞かれる事項とは?

      2018/03/29

最近では格安SIMの台頭によって三大大手キャリアからMNPを行う人が非常に多くなってきている。MNPを行う際には主にショップに出向いてMNPを行う場合と、MNP専用フリーダイヤルに電話をして行う必要性があるのだが、やはりMNPを行うというのは元のキャリアを解約するために引き留められることがある。

特にauショップなどでMNPの申し込みを行った場合には、なぜ転出を行うのか?という質問に答えて料金プランの不満をスタッフに伝えた場合には、強く引き留められる傾向にある。その理由としては各ショップというのは多少のノルマが課せられており、解約をされると実績という面でダメージがであるためだ。

そのために、私がお勧めするMNPの方法としては、ショップで転出手続きを行うのではなく、MNP専用フリーダイヤルに直接電話をして転出手続きを行うということであり、この方法であれば転出手続きのためにショップに出向く手間も省けるし、尚且つ、強い引き留めにある傾向が少ないためお勧めできる。

私も電話でMNP転出手続きを行ったのだが、確かに過去にショップでMNPを行った時より引き留められる度合いは少なかった。この記事ではauから転出手続きをこれから行おうと考えている人に向けて、電話でMNPを行う際に聞かれることを紹介したいと思うので参考にしてみて欲しいと思う。

電話でMNP予約番号を取得する際に聞かれる事項と注意点

まず、auのMNP専用電話番号で予約番号を取得する際に必ず必要になる情報と注意点を解説しよう。最初にMNP専用フリーダイヤルに電話を掛けると自動音声のガイダンスが流れる。このガイダンスではMNPをするかの確認と、現在かけている電話番号のMNPか否かの選択をプッシュで選択する。

自動音声「お電話ありがとうございます。こちらはau携帯番号ポータビリティ予約受付です。ご希望の番号を選択してください。」

自動音声「番号ポータビリティの予約お申し込みは1。予約番号の確認は2」

自動音声「すみやかなご確認のためにご契約の確認にご協力ください。今おかけになっているau番号のお問合せは1.別のau番号のお問合せは2」

自動音声「暗証番号を入力してください。」

対象電話番号の暗証番号をプッシュで入力する訳であるのだが、この暗証番号はauを契約した際に選択した4桁の暗証番号だ。ここで注意なのだが万が一、暗証番号を忘れてしまった際には自動音声で「確認が取れませんでした」の一点張りで進まなくなってしまうために事前に暗証番号の確認をしておこう。

無事に暗証番号の入力が完了して、対象電話番号の情報と一致をした場合にはオペレーターと繋がる。私の場合には連休中の一番MNP利用者が多い時間帯だと思われる次期に予約番号の発行をおこなったために自動音声では待ち時間が10分と伝えられたが、自動音声が終了した5秒後にオペレーターへと繋がった。

コミュニケーターからMNPの重要事項の説明の後に予約番号が発行

自動音声でのガイダンスが終了するとコミュニケーターからMNPに伴う解約手続きの重要事項の説明がある。ここで聞かれる内容としては「MNP移転先の通信会社はどこなのか?」ということがメインに聞かれる訳であるのだが、私の場合には特に引き留められることはなく円滑に話が進んだ。

最近は格安SIMの登場によってMNPをする人が増えてきた傾向にあるために、格安SIMに移転をした場合の通信速度の違いなどの注意点などをを解説して頂いた後に、MNP転出に伴う解約金や転出手数料の説明があり、これに同意をするとMNP予約番号が発行されるという流れである。

トータルの時間で換算すると平均して10分程度でMNP転出が完了する訳であるのだが、これがショップなどでは料金プランの見直し等の提示で結構な時間が必要になる傾向が強いということを考えると、MNP転出の手続きは電話で行った方がスムーズということに間違いはないだろう。

そしてもう一点留意しておいて欲しい事項が、auにはポイントというシステムがあり、MNP転出をしてしまうとこれらのポイントが消滅してしまうために、MNPをする前にショップに出向いてスマホのアクセサリーなどをポイントで購入して使い切ってしまうということを忘れずに行って欲しいと思う。

MNPは電話がお勧めなんじゃないの?

 - 家電