ブログ運営

ブログ記事のアクセス急上昇を狙うための虎の巻を公開しよう

ブロガーとしてブログを書いている人の中でアクセス数の多い記事を量産できるブロガーと、良い記事を沢山書いているにも関わらずにアクセス数が伸びないブロガーがいる。後者の良い記事を執筆しているのにアクセス数が伸びないというブロガーは、ある一つの欠点があることに気が付いていない。

それはネットなどの情報で仕入れた、検索上位に入り込むためには文字数とユーザーの滞在時間が重要であるという言葉を鵜呑みにしてしまっているということだ。確かにこれらはSEOを語る上では常識ではあるのだが、これはあくまでも検索エンジンに最適化するための方法であり、生身のユーザーは関係ないということである。

例えば自分の記事が検索上位に入り込んでいるのにアクセス数が伸びないというケースを考えると、検索エンジンには評価されても重要になる生身の読み手が記事をクリックしてくれないと、どれだけ良い記事を執筆したとしても閲覧数は増えないということであり、重要なのはタイトルの付け方なのである。

この記事ではブログを運営しているブロガーの中で、記事タイトルの付け方が分からず適当にタイトルを考えて付けてしまっている人に向けて、アクセス急上昇を狙うためのブログ記事タイトルの付け方について解説していきたいと思うので、一流ブロガーになりたい人は参考にしてみて欲しいと思う。

アクセス急上昇を狙うための記事タイトルの付け方

タイトルに読者の意欲を注ぐためのトラップを設ける

ユーザーが気になる情報を検索すると、様々なサイト一覧が表示される訳であるのだが、ユーザーが気になった情報を探し求めてサイトをクリックする最大の要因となっているものが記事タイトルであり、これが他のライバルサイトと差別化を図らないと、そもそもユーザーは記事をクリックしてくれないのである。

例えば自動車でブレーキを踏むと異音がするという例をケースとして取り上げて考えてみると「車ブレーキ異音の原因とは?」というタイトル記事と「整備士が解説するブレーキを踏んだ際に異音が発生する1つの原因」というタイトル記事があった場合には大抵のユーザーは後者を選ぶ傾向にある。

これはタイトルに車の専門家である「整備士」というキーワードと「1つの原因」という的を絞ったキーワードがユーザーの目に引かれやすく、特にトラブル系の記事を探し求めているユーザーに対しては適格な情報と簡潔に原因を知りたい訳であり、これが多きな注目を引くトラップキーワードという訳だ。

意味不明なタイトルを付ける

これは上級者向けになるのだが、良くニュースアプリを見ていると「結婚相手に最適なのはギャンブラ素質?」という意味不明なタイトルを目にすることがあると思う。この意味不明なタイトルというのは実は集客をする上でかなり重要なことであり、ユーザーは意味不明な記事はクリックしたくなるという心理を逆手にとっている。

この意味不明かつ、記事内容とリンクしたタイトルをつけるというのは非常に難しい訳であり、失敗をすると良質記事であっても逆にアクセス数は向上できないリスクもある。そのためこの意味不明な記事タイトルはブログにある程度のリピーターがいる場合に限って付けることをお勧めしたいと思う。

「バカ」や「アホ」等の中傷タイトルの中に入れる

例えば世間に対する風潮を中傷するオピニオン記事を執筆するということを例に紹介すると「教員免許は知識だけではなく人格も重視して交付するべきだと思います」というタイトルと「教員免許は勉強しか取柄のないバカに交付するな」という記事があると断然後者の方がアクセス数が上がる。

これは私がオピニオン記事を執筆する際に頻繁に行っている方法なのだが、刺激的な中傷タイトルというのはユーザーが興味が無くても、どのような記事内容なのか気になってしまいついついクリックしてしまうのである。しかしこの中傷タイトルを付ける際には注意しなければいけないことがある。

それはこのような刺激的なタイトル記事は批判コメントの嵐であるという点に注意することと、中傷的な記事は特定個人を名指ししない世間への風潮などの批判に限るということだ。有名人などの特定個人を名指しして批判をするというのは私から言わせれば非情な人間であり、ブロガー失格とも言える。

ブログ記事のタイトルの付け方にルールは存在しない

SEO情報を扱っているサイトなどではキーワードやタイトルは60文字以内に留めておく等の情報がある訳であるが、実際にはこれらの情報というのは、これまでの統計を図りだして得た情報である。実際にGoogleは検索エンジン上位に出るためのSEO項目などは公表しておらずルールというものはないのだ。

そのためにもしブログのタイトルで悩んでいる人は、SEOに当てはまるギシギシの固定文法でタイトルを付けるのではなく、ユーザー目線のタイトルを付けるということを意識して記事タイトルを付けるということが結果的に多くの人に読んでもらえる記事になるのではないかと私は思う。

タイトルにルールは存在しないんじゃないの?

関連記事

  1. ブログ運営

    イケダハヤト氏「武器としての書く技術」は炎上系ブロガー以外役に立たない

    ブロガーなら一度は聞いたことのある人物、それはイケダハヤトというブロガ…

  2. ブログ運営

    国語の通知表が1だった私でも月間4万PV以上のブログを運営できています

    私は学校という空間や仕組みが大の苦手だ。決まった時間に興味の無…

  3. ブログ運営

    専業ブロガーという職業に待ち受ける現実を考察しよう

    世の中には様々な職業というのものがあるが、最近はネットを使って…

  4. ブログ運営

    ポイントサイトで稼ぎたいなら絶対に知っておくべきこと

    ネットで少しでも良いからお金を稼いでみたいという人は多くいるはずだ。私…

  5. ブログ運営

    ブログのアクセス数などブロガーならば気にするなというお話

    ブログを運営しているブロガーの殆どは、自分が書いた文章を多くの…

  6. ブログ運営

    ブログ飯が実現可能であっても会社員は絶対に辞めてはいけない

    趣味として気軽な気持ちで始めたブログが軌道に乗って、多くのアク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    キャブレターとインジェクションの決定的な違いを解説
  2. メンタルヘルス

    心療内科で向精神薬を処方された患者が絶対に理解しておくこと
  3. オピニオン

    日本人はなぜ髪色を気色悪いうんこ色にしたがるのか
  4. メンタルヘルス

    有言実行に移せない人が知るべき3秒ルールの原則という掟
  5. 家電

    fireTVstickの音声認識を使用時にWi-Fiが切れる不具合の原因
PAGE TOP