稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

重要なデーターが入っているHDDを物理的に破壊する重要性

      2018/04/12

一般的にはパソコンの寿命というのは長くて5年程度であり、この理由には新品でパソコンを購入して5年も経過すれば性能的に満足しないという理由や、記憶装置であるHDDやSSDなどの突然の故障に備えて新しいパソコンに買い替える目安の一つとして考えられるのが5年という期間なのである。

しかしパソコンというのは個人情報の塊であり、粗大ゴミとしてパソコンを捨てるということは危険性が伴うし、第一に現在のパソコンというのはPCリサイクルという制度で不要になったパソコンはメーカー側に郵送して破棄してもらわなければいけないということが決まっている。

この記事ではパソコンの買い替えを検討している人や、パソコンを買い替えた人に向けて古いパソコンの処分をする際に個人情報の塊である記憶装置の破棄について悩んでいる人に向けて、HDDなどの正しくて一番安全な破棄の方法を解説していきたいと思うので、参考にしてみて欲しいと思う。

HDDの箱ごとハンマーで叩けば徐々に破損していく

まず初めにパソコンを破棄する際に気になる点が個人情報の流失であると思う。例えメーカーにパソコンを郵送して処理をしてもらったとしても、完全な安全というのは保障できないものであり、事前に自分でしっかりとパソコンの記憶装置を破壊しておくということが重要になるのである。

主にパソコンに使われているHDDというのはトルクスネジという星型のネジが使われており、これを分解するのはトルクスドライバーが必要になるために面倒という人もいるかもしれないが、実はHDDというのは大きめのハンマーで思いっきり叩けば丁寧に開封しなくても中身の情報が取り出せなくなるのである。

それでも心配という人は、何度もHDDをハンマーで叩いていると外装が壊れて自然と中身が取り出せる状態になるために、ディスクが見えたらそれをプライヤーなどで折り曲げて、ディスクをハンマーで何度も叩いて破棄すれば余程の事が無い限りデーターの読み取りは不可になるのだ。

データー削除ソフトでの初期化は不十分である

パソコンのソフトの中には、上記で紹介したように物理的に記憶装置を破壊しなくてもソフトをインストールして対象の記憶領域を選択するだけで、内部のデーターが初期化されるソフトも発売されているのだが、この類のソフトというのはITを熟知した技術者にかかれば数分で中身のデーターが取り出せるリスクがある。

そのために、パソコンの破棄を考えていてHDDなどの記憶装置の削除をしなければいけない場合には、多少の面倒と労力を費やすことにはなるが、上記で解説した通りに物理的にディスクを破壊してしまった方が格段に安全性という面ではメリットが多いのは確実である。

ちなみに、PCリサイクルで粗大ごみとして出せないものはパソコン本体として認識できるものであり、HDDや基盤などの部品というのは粗大ごみに出せる場合があるので、破壊したHDDなどの処理は通常の家電などの粗大ごみと同様に出せば引き取ってもらえるため安心して欲しいと思う。

物理的に壊すのが一番なんじゃないの?

 - 家電