メンタルヘルス

疎遠になった過去の友人関係をいつまでも追いかけるのは愚かだ

学生の頃には毎日顔を合わせる友人は沢山いたにも関わらずに、社会人となって大人になるとそれぞれの人間関係が構築されて学生時代の友人関係というものは疎遠になっていくという経験をしたことはないだろうか。そこで大抵の人は友人と疎遠になると、過去の友人を追いかけてしまう傾向にあるがそれは愚かである。

確かに学生時代の友人関係というのは幼馴染という言葉もあるように友人の中でも特別な存在である訳であるがそれをいつまでも引きずってしまうというのは愚かであり、疎遠になってしまった友人をいつまでも追いかけるということは相手にとっても迷惑な話であるためにしない方が良いのである。

特に学生時代の友人と呼ばれるものは、年代が一緒で一クラス40人程度の小さな環境で学校にて強制的に友人というものを作らされて出来た交流関係である。しかしそのような小さな空間での交流関係というものを大人になって続けるメリットというものは多くないのである。

そもそも人間関係というものは成長によって変わってくるものであり、小学校時代には頻繁に遊んでいた友人も中高生になると全く遊ばなくなったという経験をしたこともある人も多いと思う。これは社会人でも同様であり、社会人になると友人関係は利害関係という大人の交流関係にシフトするのだ。

重要になるのは、過去に友人関係に縛られるということではなく、社会人であれば新しい職場の交流関係を磨いたりするという現状の交流関係を重視すべきであり、過去の友人関係に拘っていて得られるメリットというのは皆無に等しいために、友達と疎遠になっても追いかける必要性は無用なのである。

学生時代の友人は必要ないんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    時間の流れを早く感じさせる薬は存在するという事実

    誰しもがやりたくない仕事や学校の授業など、様々な場面で「時間が…

  2. メンタルヘルス

    緊張しないという人に隠された興味深い心理学を解説しよう

    人というのは社会の中で生活していれば、常時と言っても良いほどに…

  3. メンタルヘルス

    行動力を身に着ける最善の思考法はトラブルを楽しむことだ

    これから新しいことに挑戦したいと思っている人というのは、実際に…

  4. メンタルヘルス

    良い人生を歩みたいのなら人から嫌われる行動をしよう

    人から好かれたいとか、自分を良く思って欲しいという願望は誰にで…

  5. メンタルヘルス

    日本人は生真面目過ぎる。適当に生きることが正義だ

    日本人という民族は小さい頃から周りと同じ境遇であることに安心感…

  6. メンタルヘルス

    脳に作用する睡眠薬や精神安定剤は安易に服用すべきではない

    ストレス社会である日本という国は日常生活の中で本当に様々なスト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    占いは信じないけど夢占いは高確率で当たる摩訶不思議な話
  2. 雑学

    タバコは百害あって一利なし?いや、タバコはメリットだらけ
  3. オピニオン

    長生きをすることが絶対的に幸せとは限らないんじゃないの?
  4. オピニオン

    テレビを見ない生活を続けて得られた4つのメリット
  5. メンタルヘルス

    実は根暗よりもイケメンの方が対人恐怖症に陥りやすい
PAGE TOP