音楽

コンサート会場がサンドーム福井だと意外とメリットが多いよ。

何も無いのは否めない

ライブ

ライブなどで福井を選んだ多くのアーティストに利用されるライブ会場がある。それが田んぼに囲まれたサンドーム福井だ。

福井と言えば「どこにあるの?」と言われてしまう悲しい県である。想像通り福井には何もない。あるのは豊かな自然に囲まれた田んぼと畑と古びた施設のみである。

アーティストなどが全国ツアーなどで福井を挙げてくれると県民は大喜びだが、他県の人からしたら「なんで福井よ…観光…そもそも泊まる所あるの…」といった感じであろう。

残念ながら福井に娯楽施設&ホテルは少ない。サンドーム周辺に遊びに行ってもヤマダ電機とケーズ電気ぐらいしか無いので周辺住民は家電に詳しい。

ほんとに何も無いからアクセスの心配不用

サンドーム福井

写真を見れば分かる通り、サンドーム福井周辺は本当に何も無い。田舎特有の広い駐車場に、山に囲まれた壮大な田んぼ…。これは一見すれば寂しい印象を持ってしまうが、そんなことはない。

むしろ遠方からライブなどを見に来た人にとってはありがたい立地条件なのだ。他県などからライブを見に来て困るのが「会場がわからない」という事だが、サンドーム福井の場合はそんな心配は不要である。

鯖江まで行けばアクセスに困る事は無い

他県などから来てサンドーム福井に初めてくるという人はアクセスが不安だろう。しかしサンドーム福井は田園風景の中にUFOが降りてきたような形をしているのでとても見つけやすい。

サンドーム周辺でサンドームより大きな建物は鉄塔ぐらいしかないので、初見でもアクセスの心配は不要だ。周りは田んぼしかないから、UFOみたいな建物を見つけたらその近くに行けば直ぐに到着するだろう。

でも大きいぞ!サンドーム福井

サンドーム福井2出典:熊谷組

イベントホールには、全国でも最大規模の電動可動席が備えられています。 その数は、1階3,000席、2階3,000席。
可動席のない1Fフロア平土間、及び3Fには、仮設の椅子を並べて使用でき、1F3,000席・3F1,000席づつを設営可能です。可動席・仮設席を併せて、おおよそ10,000席を設営できます。

出典:サンドーム福井

何回も書いているが、周りには何も無い。しかし何も無いからといってライブ会場が狭いとは言えない。このサンドーム福井は直系110m・高さ55mと、日本武道館がすっぽりと納まる大きさなのである。

そして、ライブで重要なのはチケットの枚数に関連する収容人数である。サンドーム福井周辺には何も無いが、ライブ時には最大で10,000人の収容が可能となっている。これは日本海側最大級の大きさだ。

ステージが近い

スポットライト

ライブに足を運んだ事のある人なら理解できると思うが、大きなライブ会場というのはアリーナからでもステージが見えないことは珍しい事ではない。

せっかくライブに行ったのに見たのはモニターだけというこれまた悲しい現実も…しかし、サンドーム福井は外見ほど大きい印象は無い。しかもライブとなるとステージが前に出ているのでスタンド席でもステージと近いのだ。

これは錯覚かと思いきや、多くの会場に足を運んできた人たちの感想も、他のホールより近かったという感想が多かった。田舎にあるサンドーム福井の周りは何も無いが意外とメリットは多い会場なのかもしれない。

関連記事

  1. 音楽

    念願のライブチケットを必ず取るために覚えておきたいこと

    好きなアーティストのライブなどを見に行く最初の試練と言えば「チケットの…

  2. 音楽

    セカオワFukaseは歌詞をカンニングし過ぎている

    今や誰もが知るバンドとなったセカオワ。そのライブ演出は他のアー…

  3. 音楽

    好きな曲は辛い心情の時には聴いてはいけない納得の理由

    日常のストレス感じたときは人は何かしらの癒しを求める。それは人…

  4. 音楽

    最近のアーティストは魂を込めて歌っている奴が皆無である

    今現在、様々なレーベルから多種多様なジャンルの楽曲を作り上げる…

  5. 音楽

    アーティストの全国ツアーのセットリストが共通である理由

    好きなアーティストが全国ツアーを行うと、コアなファンは全国を駆…

  6. 音楽

    ライブ会場のアリーナ席とスタンド席は結局どちらがより楽しめる?

    好きなアーティストの念願のライブ開催が決定したときに必ず行われ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    エンジンルーム内の水洗いは大丈夫なのか自動車整備士が解説
  2. ブログ運営

    ブログを執筆することでコミュ障を改善させることが出来る
  3. 雑学

    苦手意識が多い坂道発進の簡単なコツを伝授したいと思う
  4. オピニオン

    仕事上のミスは「知らんわそんなもん」という心意気で解決する
  5. オピニオン

    YouTuberになるのは絶対に止めておけ!リスクが高すぎる
PAGE TOP