メンタルヘルス

新学期早々にぼっち確定になってしまった学生に助言しよう

4月というのは学生であれば進学などで新たな交流関係を築き、社会人であれば人事異動などで新な対人関係を構築しなければいけない季節である。コミュニケーション能力が高く人見知りをしない人であればこのような新な交流関係を築くというのは容易いことかもしれないが、大半の人は苦手としているだろう。

例えば、進学などで交流関係がリセットされる環境では友達をつくらなければいけないという観念から、一生懸命にぼっち回避をするために様々な人に声をかける無駄な努力をして、社会人であれば上司の機嫌を損ねないように慎重に自分の評価を上げる努力をするなど対人関係というのは非常に面倒くさい。

その中でも、特に友達という存在に拘るのは学生である。学生というのはぼっちという存在になることを非常に恐れている訳であり、その理由としては他人から見た自分の姿というものを非常に気にしてしまうためだ。そのために友達を作るという行為に非常に敏感になってしまうのが思春期の特徴である。

しかし、なぜ友人という存在が必要なのかということを改めて考えてみると、友人という存在に適格な理由というものは無いものであり、周りの意見を参考にして友人は絶対に必要という固定観念に縛られている人が非常に多い傾向にある。本来は一人が好きなのに世間の風潮によって友人という存在が美化されているという風に。

私の意見としては、友人という存在に対して必要性を感じないという場合には無理をして友人を作るということを意識しない方が良い。そもそも友人なんてものは作ろうと思って作るものではなく自然にできるものであり、自分の自然体で友達ができないのであれば無理をして作る必要性は皆無に等しいのだ。

そもそも友人の必要性を感じていないにも関わらず、周りの「友人がいない人は性格に大きな問題がある」という意見を参考にして自分を偽って友人を作る努力をしたとしても、それは自分のペルソナを演じて友人を作るということであり、二面性を持って本音と建前で友人をつくると非常に疲れてしまうのである。

そのために、友人を作るということが非常に苦手で一人の時間を大切にしている人は今一度、友人の必要性というものを今一度考えるということが重要であり、そこまで友人の必要性を感じないのであれば無理をして友人を作る努力をせずに違う方向に力を注いだ方が賢明な判断とも言えるだろう。

友人の必要性は皆無なんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    オオサカ堂は信頼できるサイトなのかヘビーユーザーが解説

    ひと昔前に比べて、ネットを使った通販というものが急速に普及して…

  2. メンタルヘルス

    答えの出ない悩み事は早急に思考を停止させる必要がある

    生きていると様々な悩みに直面する状況下に置かれる場合というのは…

  3. メンタルヘルス

    コミュ障が優先すべきことは喋ることではなく笑うことである

    説明不要だとは思うが、コミュ障と呼ばれるコミュニケーション能力…

  4. メンタルヘルス

    人生は悩むよりも適当に生きるという心掛けが丁度いい事実

    日常生活というのは、日々悩み事が尽きないということが殆どである…

  5. メンタルヘルス

    仕事は鬱という考え方は捨てて楽しめば良いんじゃないの?

    月曜日になると、明日の仕事の事を考えて鬱な気分に陥る人というの…

  6. メンタルヘルス

    悩み事が頭の中から離れないときに心を軽くする心得を紹介

    誰しもが一つや二つは常に悩み事を抱えながら生活していると思うの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. カラダ

    2週間コンタクトレンズは1ヶ月使えるという衝撃の事実
  2. オピニオン

    宅配業者の激務は配達ロッカーを設けることで解消できる
  3. オピニオン

    バイクの半ヘルは禁止にすべきなんじゃないの?
  4. ブログ運営

    読者目線でブログ記事を執筆するとつまらない記事の量産になる
  5. メンタルヘルス

    心配性や神経質な人に贈る心を軽くする魔法の言葉
PAGE TOP