メンタルヘルス

新学期早々にぼっち確定になってしまった学生に助言しよう

4月というのは学生であれば進学などで新たな交流関係を築き、社会人であれば人事異動などで新な対人関係を構築しなければいけない季節である。コミュニケーション能力が高く人見知りをしない人であればこのような新な交流関係を築くというのは容易いことかもしれないが、大半の人は苦手としているだろう。

例えば、進学などで交流関係がリセットされる環境では友達をつくらなければいけないという観念から、一生懸命にぼっち回避をするために様々な人に声をかける無駄な努力をして、社会人であれば上司の機嫌を損ねないように慎重に自分の評価を上げる努力をするなど対人関係というのは非常に面倒くさい。

その中でも、特に友達という存在に拘るのは学生である。学生というのはぼっちという存在になることを非常に恐れている訳であり、その理由としては他人から見た自分の姿というものを非常に気にしてしまうためだ。そのために友達を作るという行為に非常に敏感になってしまうのが思春期の特徴である。

しかし、なぜ友人という存在が必要なのかということを改めて考えてみると、友人という存在に適格な理由というものは無いものであり、周りの意見を参考にして友人は絶対に必要という固定観念に縛られている人が非常に多い傾向にある。本来は一人が好きなのに世間の風潮によって友人という存在が美化されているという風に。

私の意見としては、友人という存在に対して必要性を感じないという場合には無理をして友人を作るということを意識しない方が良い。そもそも友人なんてものは作ろうと思って作るものではなく自然にできるものであり、自分の自然体で友達ができないのであれば無理をして作る必要性は皆無に等しいのだ。

そもそも友人の必要性を感じていないにも関わらず、周りの「友人がいない人は性格に大きな問題がある」という意見を参考にして自分を偽って友人を作る努力をしたとしても、それは自分のペルソナを演じて友人を作るということであり、二面性を持って本音と建前で友人をつくると非常に疲れてしまうのである。

そのために、友人を作るということが非常に苦手で一人の時間を大切にしている人は今一度、友人の必要性というものを今一度考えるということが重要であり、そこまで友人の必要性を感じないのであれば無理をして友人を作る努力をせずに違う方向に力を注いだ方が賢明な判断とも言えるだろう。

友人の必要性は皆無なんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    マンネリ化した日常を変えたいのなら行動範囲を広げるべき

    学生であれば、毎日学校に通って勉強をして帰宅して一日が終わる。…

  2. メンタルヘルス

    人生に幸せを求めすぎると人は鬱になる傾向にある

    学生であれば勉強に勤しんで学生時代の多くの時間を勉強というもの…

  3. メンタルヘルス

    不眠症の場合でも心療内科の受診をお勧めできない決定的な理由

    現代の日本人の5人に1人は夜中に眠りに付けない入眠障害や、眠り…

  4. メンタルヘルス

    実は根暗よりもイケメンの方が対人恐怖症に陥りやすい

    対人恐怖症とは人間関係のトラウマなどによって人が怖くなってしま…

  5. メンタルヘルス

    休日が暇で仕方ない人に向けた孤独な休日の過ごし方6選

    学生なら休日は友達の家に遊びに言ったりすることが主な休日の過ご…

  6. メンタルヘルス

    人から好かれたいという無意味な意識を持つ必要は皆無である

    誰しもが嫌われるよりも好かれたいと思うのは当然であると思うのだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    ブログにプロフィールという個人情報を載せる必要はありませんよ
  2. 雑学

    車の給油ランプが点灯した場合にはあと何キロ走行可能なのか?
  3. 音楽

    エレキギターとアコースティックギターはどちらが高難易度?
  4. オピニオン

    ランキングサイト等の情報を絶対に信用してはいけない理由
  5. メンタルヘルス

    物持ちが良い人に共通した4つの習慣とは?
PAGE TOP