メンタルヘルス

うつ病は治りかけが一番危ないと言われる根本的な理由を考察

現代の社会というのはストレス社会であり学校や仕事の対人関係面でのストレスが極度に積み重ねられる状況が長く続くと、高確率でうつ病を初めとして精神病になってしまうものであり、今や日本人の国民病として断定しても良いほどにうつ病という病は多くの人を悩ませているのが現状である。

このようなストレスが積み重なってうつ病になってしまった人は治療をするために心療内科などの受診を行って治療を行うと思う。そして薬やカウンセリングを繰り返して生活習慣の改善を行っていくと、気持ちが軽くなり「自分はうつ病を克服した」という風に思い込んでしまう時期というのがやってくる。

うつ病が発症した当初というのは、日常生活の中で気力というものが湧いてこずに、毎日つらい生活を送っていたが、この一時的に気持ちが軽くなる時期がやってくると、今までの悩みが嘘であったように晴れやかな気分になり、行動的になれるのだが実はこれがうつ病の大きな落とし穴なのである。

精神病というのは主に思考が感情を司っているために、気分の波が非常に激しいという特徴がある。この気分の波動の中で調子が良い時に「自分はうつ病を克服」という意識を持ってしまうと、鬱の波動が来た時に負の感情を多く抱えてしまいやすいのである。

うつ病は治りかけが一番危険と言われる由来はここにあり、完全にうつ病を克服していないにも関わらずに、自分を高めるための次のステップに移ってしまうと、過大に多くのストレスが押し寄せてしまうために、うつ病は完全に治ったと思ったとしても安易に次のステップに移ることは避けるべきなのである。

うつ病の治るタイミングは難しいんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    人生の決断に迷ったら心情を紙に書くことが重要

    人生の決断は生きていれば必ず訪れる。それは学生であれば志望校の…

  2. メンタルヘルス

    人生は悩むよりも適当に生きるという心掛けが丁度いい事実

    日常生活というのは、日々悩み事が尽きないということが殆どである…

  3. メンタルヘルス

    物を持つと幸せより心配事の方が増えるという事実

    大抵の人は、多くの物を所有するということが喜びであり、それが仕…

  4. メンタルヘルス

    意味を成さない無意味な早起きは時間の無駄なんじゃないの?

    近年出てきた言葉で「朝活」というものがあるが、これは自分の趣味…

  5. メンタルヘルス

    不幸せの基準というのは他人と比較することで生まれるものだ

    自分は幸せなのか不幸せなのか考える機会は生きていれば一度は考え…

  6. メンタルヘルス

    自分を変えることがなぜそれほど難しいのか教えてやる!

    自分を変えるという言葉は深い。一度形成された人格・環境から抜け出すため…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    整備士が語る安い低品質ガソリンがエンジンに与える悪影響
  2. オピニオン

    残業という労働時間を悪と決めつけるのは間違っている
  3. オピニオン

    ソシャゲに課金するとか本当にバカなの?
  4. オピニオン

    有名人に会ったけどやはり一般人と変わらない普通の人間だった
  5. オピニオン

    政府は現役ハッカーを逮捕せずにホワイトハッカーとして採用するべきなんじゃないの?…
PAGE TOP