稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

うつ病は治りかけが一番危ないと言われる根本的な理由を考察

      2018/04/24

現代の社会というのはストレス社会であり学校や仕事の対人関係面でのストレスが極度に積み重ねられる状況が長く続くと、高確率でうつ病を初めとして精神病になってしまうものであり、今や日本人の国民病として断定しても良いほどにうつ病という病は多くの人を悩ませているのが現状である。

このようなストレスが積み重なってうつ病になってしまった人は治療をするために心療内科などの受診を行って治療を行うと思う。そして薬やカウンセリングを繰り返して生活習慣の改善を行っていくと、気持ちが軽くなり「自分はうつ病を克服した」という風に思い込んでしまう時期というのがやってくる。

うつ病が発症した当初というのは、日常生活の中で気力というものが湧いてこずに、毎日つらい生活を送っていたが、この一時的に気持ちが軽くなる時期がやってくると、今までの悩みが嘘であったように晴れやかな気分になり、行動的になれるのだが実はこれがうつ病の大きな落とし穴なのである。

精神病というのは主に思考が感情を司っているために、気分の波が非常に激しいという特徴がある。この気分の波動の中で調子が良い時に「自分はうつ病を克服」という意識を持ってしまうと、鬱の波動が来た時に負の感情を多く抱えてしまいやすいのである。

うつ病は治りかけが一番危険と言われる由来はここにあり、完全にうつ病を克服していないにも関わらずに、自分を高めるための次のステップに移ってしまうと、過大に多くのストレスが押し寄せてしまうために、うつ病は完全に治ったと思ったとしても安易に次のステップに移ることは避けるべきなのである。

うつ病の治るタイミングは難しいんじゃないの?

 - メンタルヘルス