稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ブログを三日坊主で終わらせない悲劇を避けるための心得

      2018/04/28

自分で情報を発信するライターや、自分の考えをネット上に公表するブロガーという存在は9割は普段は普通の会社員や学生として組織に属しながら生活をしている訳であり、会社や学校から帰宅した隙間時間を利用してサイトを運営している場合には必ずやってくる停滞期というものが存在する。

会社員であれば日常生活の中心は会社という組織に属して、毎日一定の作業をこなさなければ上司などからの責が飛ぶ。学生であれば登校をして勉強をしなければ教師からの責が飛ぶ。人というのはこのような鞭によって日常生活が動かされている訳であり、毎日の習慣を紐づけるものとなっている。

しかし、日常生活の中でやってもやらなくても良い作業という趣味の範囲内というのは、誰からも束縛されないために自分自身の甘えが生まれる。これが三日坊主の根本的な原因を作っているものであり、これはブログも例外ではなく、殆どの場合にはブログは趣味であるために更新をしなくても誰からも怒られない。

特にブログというのは自分の考えを考察して、キーボードに打ち込んで校正するという一連の作業をしなければならないために、ブログを始めたばかりの人は高確率で三日坊主になってしまうという傾向が強い。しかしこのようなブログにおいての三日坊主というのはある意識を持つことによって避けることができる。

一日のルーティーンの中でブログ執筆の時間を設ける

人というのは全て時間配分の中で生活しており、会社であれば絶対に時間厳守は社会人の基本であるのだが、帰宅後の自由時間というのは時間を気にせずに自堕落な生活を送っている人というのは多いのではないだろうか。実はこの帰宅後の時間というものを改めることが三日坊主を防ぐためには重要なのだ。

それは、毎日決まった時間にブログの執筆を開始して、決まった時間にブログの執筆を終えるということである。一見すれば簡単なようにも見えるのだが多くの人はこの意識が足りていないために三日坊主になってしまう傾向にある。そう、自由時間という時間に規則正しくするというのは実は難しい。

だが、日常生活を送っていると必ず決まった時間に起きて決まった時間に出社して決まった業務を行うというルーティンの中に帰宅後に決まった時間に執筆をするという一連の流れを日常化してやれば、三日坊主になる確率は減るものであり、重要になるのは記事の執筆を日常化するということなのである。

もし、ブログを始めた人の中で三日坊主で続かないと嘆いている人は、帰宅後の自由時間の中にブログ記事の更新という作業を取り入れて、ブログを書き終わるまで一日の仕事は続いているという意識をしっかりと持つか否かで三日坊主で終わるか終わらないかが決まるという訳なのである。

ブログの執筆は習慣化させることが重要なんじゃないの?

 - ブログ運営