メンタルヘルス

状況に応じて自分を演じるペルソナ心理学の話が深い件

人というのは誰しもが絶対的にペルソナという人格を持っている。聞きなれない言葉ではあるのだが簡単に説明するとペルソナというのは本当の自分は自堕落で適当な人格であるのだが、一歩外を出て会社に出向くと仕事ができる人間を演じたり、誰からも好かれる人格マニュアル的人格を演じるということである。

例えば家庭では家庭の社会というものがあり、父親ならば父親としての立場を演じて母親ならば母親としての立場を演じる。そして友達と会えば友達の中の自分のキャラクターを演じて輪を乱さないように場を盛り上げる。そしてまた会社では社会人という立場を重んじて社会人ならば当然という風潮に沿って生活をする。

人というのはこのように状況に応じて態度と感情をコントロールしているものであり、このペルソナを演じない社会人というのは社会不適合のレッテルを貼られて社会からは淘汰されるものというのがペルソナ心理というものであるのだが、特に日本人はこのペルソナの多様によって精神的に参る人が非常に多い。

例えば、コンビニの店員というのは接客マニュアルというものが用意されており、挨拶をして商品を受け取って袋に詰めるという単純作業でもマニュアルが存在しており、嫌でも偽りの接客をして極度のペルソナを演じることを強いられて、本当の自分を見失うケースというのが非常に多い。

確かに立場をわきまえて態度を変えるというのは社会生活には必要なことなのかもしれないが、極度にペルソナを演じるということに慣れてしまうと高確率で精神が参ってしまう。そのために自分がペルソナを演じていることが日々実感できて充実感が無い人は少しは本当の自分を出すということが大切になるのである。

ペルソナを演じてもメリットは皆無なんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    欲しいものが無いという心理に隠された深層心理

    人には新しいものが欲しいという心理が誰しもが持っており、労働を…

  2. メンタルヘルス

    選択に迷った際には理論ではなく直感を選ぶことが重要

    人というのは、日常生活の中でも何かしらの選択をして生活を送らな…

  3. メンタルヘルス

    物欲という欲は人間には不必要な欲求だ!

    何か物が欲しい。どうしても欲しいという欲は人間なら誰しもが持っ…

  4. メンタルヘルス

    人は常識という固定観念や当然という思考に左右されすぎだね

    学生であれば、毎日きまった時間に起床して決まった時間に帰宅して…

  5. メンタルヘルス

    無くし物を一切しない人が心がけている生活習慣を紹介

    「あれどこやったかな」と貴重な時間を無くし物を探す時間に当てて…

  6. メンタルヘルス

    新入社員よ!仕事のミスは白を切ることが重要である

    4月になって新しい環境で生活をスタートする新入社員は様々な不安…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    私がブログのネタに一切困らないために心がけている習慣
  2. オピニオン

    大学は何の才能もない凡人が行く社畜訓練所である
  3. ブログ運営

    会社に勤めながらにして毎日ブログを更新することは簡単なことですよ
  4. 家電

    リファービッシュ品という言葉に隠された中古品との差異とは?
  5. メンタルヘルス

    自分がインドア派なのかアウトドア派なのか簡単に見極める方法
PAGE TOP