メンタルヘルス

状況に応じて自分を演じるペルソナ心理学の話が深い件

人というのは誰しもが絶対的にペルソナという人格を持っている。聞きなれない言葉ではあるのだが簡単に説明するとペルソナというのは本当の自分は自堕落で適当な人格であるのだが、一歩外を出て会社に出向くと仕事ができる人間を演じたり、誰からも好かれる人格マニュアル的人格を演じるということである。

例えば家庭では家庭の社会というものがあり、父親ならば父親としての立場を演じて母親ならば母親としての立場を演じる。そして友達と会えば友達の中の自分のキャラクターを演じて輪を乱さないように場を盛り上げる。そしてまた会社では社会人という立場を重んじて社会人ならば当然という風潮に沿って生活をする。

人というのはこのように状況に応じて態度と感情をコントロールしているものであり、このペルソナを演じない社会人というのは社会不適合のレッテルを貼られて社会からは淘汰されるものというのがペルソナ心理というものであるのだが、特に日本人はこのペルソナの多様によって精神的に参る人が非常に多い。

例えば、コンビニの店員というのは接客マニュアルというものが用意されており、挨拶をして商品を受け取って袋に詰めるという単純作業でもマニュアルが存在しており、嫌でも偽りの接客をして極度のペルソナを演じることを強いられて、本当の自分を見失うケースというのが非常に多い。

確かに立場をわきまえて態度を変えるというのは社会生活には必要なことなのかもしれないが、極度にペルソナを演じるということに慣れてしまうと高確率で精神が参ってしまう。そのために自分がペルソナを演じていることが日々実感できて充実感が無い人は少しは本当の自分を出すということが大切になるのである。

ペルソナを演じてもメリットは皆無なんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    ニートには物を持たないミニマリストという生き方が合っている

    ミニマリストという言葉が最近話題になっているが、ご存知では無い…

  2. メンタルヘルス

    自分磨きをして根暗な性格を改善するたった一つの心掛け

    誰しもが一度は自分の性格というものを変えたいという心境になった…

  3. メンタルヘルス

    仕事は面倒ではなく楽しむことが鬱にならない秘訣である

    多くの人が仕事ということに対してのイメージは面倒という意見が大…

  4. メンタルヘルス

    心の不調の際は精神科と心療内科どちらを受診すれば良いの?

    今や心の不調を訴える人は珍しく無くなり、多くの人が診察のため病…

  5. メンタルヘルス

    緊張しないという人に隠された興味深い心理学を解説しよう

    人というのは社会の中で生活していれば、常時と言っても良いほどに…

  6. メンタルヘルス

    うつ病は治りかけが一番危ないと言われる根本的な理由を考察

    現代の社会というのはストレス社会であり学校や仕事の対人関係面で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    意味の無い貯金をしている人はお金を死に金にしている
  2. 雑学

    最近の車検では法定検査で問題ない部品を交換している事実
  3. オピニオン

    試験当日は緊張よりも試験を楽しむという心意気が大切である
  4. オピニオン

    日本人がファッションやブランド品に拘る理由は個性がないため
  5. オピニオン

    お金を使いたくない症候群の人が意識するべき4つのこと
PAGE TOP