稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

エフェクターとアンプシミュレーターの違いをプロが解説

      2018/05/12

エレキギターを弾いている人やこれから始める初心者にとって機材の選び方というのは結構難しいものであり、自分が一番納得する音を出せる機材を見極めるためには多くの経験を積み重ねる必要がある。その中で一番機材の中でも重要な位置を占めているのがアンプではないだろうか。

エレキギター初心者の人というのは多くの場合には、初めから高価な機材というものは購入しない傾向にあり、安いアンプで回り近所の迷惑にならない小さな音で練習をすると思う。そうなるとどうしてもエフェクターで音を歪ませてしまうものであるのだが、本来のエレキギターの歪みはアンプで出すものである。

しかし、個人が理想とする音が出るアンプを購入したとしても値段も数十万円と非常に高いものであるし、尚且つ家庭に大きなW数のアンプを置いても宝の持ち腐れになってしまう。そこで利用するのがアンプシミュレーターというものであり、これは様々なアンプの特色をモデリングしてある機材なのだ。

エフェクターの歪みというのは本来アンプから大音量を出して歪ませる必要性がある音色をエフェクターによって大幅に増幅させているものである一方で、アンプシミュレーターはアンプの特色をインプットした機材で安い価格で各メーカーのアンプの音色を再現できる機材と覚えれば簡単だろう。

このアンプシミュレーターというのは、本来アーティストがレコーディングをする際に大きなアンプを持って移動ができないケースを考慮して開発されたものであり、高価になるほどプロのアーティストでも本物のアンプとシミュレーターを区別できない程に巧妙にモデリングされているという訳である。

もしエレキギターを弾いていてマルチエフェクターとアンプシミュレーターで迷っているのであれば最初はマルチエフェクターを購入して、それで音作りに満足ができなくなったら機材の幅を広げてアンプシミュレーターの導入を検討するというのが間違った音作りをしないために重要になるのである。

用途が違うんじゃないの?

 - 音楽