家電

夏場に気になる汗などはiPhoneの防水性能の対象外である

iPhone7移行からiPhoneはこれまでの非耐水性からIP67等級の耐水防塵性能を兼ね備えた訳である。しかしこれらのIP67という基準というのは完全防水という訳ではなく一定時間水の中に入れても性能を損なわない基準であるために防水という言葉を過信し過ぎていると思わぬ所で水没認定されてしまうことにもなりかねない。

特に夏場というのはiPhoneにとっても気温による発熱や外仕事が多い社会人などは汗などで知らない内に水没してしまったというケースが非常に増える季節である。そうした中で気になるのがiPhoneの耐水性というものなのだが、特に夏場には注意しなければいけない点が多々ある

それはサマーシーズンの海のレジャーなどでiPhoneを海に入れるということや、ポケットに入れて外で重作業をする人は特に注意が必要である。その理由はIP67等級という防水防塵認定テストというのは水を想定して実験されているために、水以外の塩分を含んだ塩水などは動作未確認であるためである。

特にiPhoneの水没に関して報告が多いのが、汗などでiPhone自体に液体が浸食していなくてもライトニングコネクタなどに塩分を含んだ液体が付着してケーブルが焦げたり、最悪の場合には本体自体を損傷させてしまうという事例であり、特に夏場は注意をしないと気がつかない内にiPhoneの故障の原因になる。

そのために、現行のiPhoneにはすでに耐水が標準装備されているが、外仕事でポケットに入れている会社員やレジャーなどで海に出かける人などは防水ケースに入れてiPhoneを保護するということとが損傷させないためには重要な心掛けということであり、IP67は万能ではないということを理解しておこう。

完璧ではないんじゃないの?

関連記事

  1. 家電

    AmazonベストセラーのヘッドセットCF8003が素晴らしい件

    仕事で長時間のドライブをしなければいけないトラック運転手や、オフィスな…

  2. 家電

    期待外れな新型iPhoneを待ち望む必要性はないんじゃないの?

    毎年この時期になると次の新型iPhoneのリーク情報が大きく取…

  3. 家電

    iPhoneの寿命は3年?いやいやそんなの企業戦略ですよ

    最近アップルが公式に発表したiPhoneやMacの寿命は3年程…

  4. 家電

    Windows10の不要なプリインストールは削除しても無駄な理由

    Windows10を利用している人の中で特に神経質な人であれば…

  5. 家電

    寒い時期に通販などで家電を購入する際は結露対策が必要である

    寒い時期というのは電子機器にとっては結構過酷な季節であり、特に…

  6. 家電

    iPhone価格高騰による日本人のiPhone離れは起こるのか考察

    日本人が保有しているスマホシェアというのはAppleのiPho…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    ディーラーのツナギが一般販売されない理由について解説
  2. オピニオン

    生きていれば良いことがあるという言葉は幻想なんじゃないの?
  3. 雑学

    盗撮カメラはスマホで簡単に発見することが可能である
  4. オピニオン

    宝くじで高額当選を果たしても仕事は辞めてはいけない理由
  5. オピニオン

    福井が生んだ美味すぎる「ほうば飯」の美味さを知っているか?
PAGE TOP