稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

会社員ブロガーが実践している毎日更新の心得は適当ということ

      2018/05/20

会社員ブロガーというのは、毎日の仕事から帰宅後に家事などの家庭での業務の隙間時間を有効活用してブログを執筆していることが殆どであると思うのだが、多くの会社員ブロガーというのはこの隙間時間を設けることが難しく、ブログを続けられない症候群に陥っている人が意外と多いのが実情である。

その原因の一つとしては、ブログというのはネットに公開するという特性上、正しい文章で当たり障り記事ネタを毎日探して、記事を何全文字も執筆した後に関連リンクを貼って、記事を校正して挿絵を挿入して見やすく仕上げるという繰り返しであり、文章を書くことが得意な人でも時々苦痛になる作業であるためだ。

実はブログが続かない人というのは、ブログを執筆するという事に関して丁寧すぎる傾向にあり、時間との勝負となる毎日更新ブロガーとして運営していくのであれば、多少の荒さというものが必要になる。これは記事に関して丁寧すぎると逆につまらない記事になるし、大幅な時間を要することになるためである。

確かに丁寧な記事というのは多少なりとも、見やすさという面では有利になるかもしれないが、時間勝負になる会社員ブロガーは多少のミスは容認して執筆をするということが非常に重要という訳であり、丁寧に文章を書くのではなく肩の力を抜いて執筆するということを意識して書けば文章が詰まるということも防げる。

そのために、会社員ブロガーとして活動しているが毎日に記事の更新が苦痛になってきているブロガーなどは、今一度、自分の執筆方法について見直してみて、丁寧に書くということは意識せずに、多少の荒さは容認して書くということが長期間に渡ってブログを執筆する長続きのコツとも言えるのである。

肩の力を抜けば良いんじゃないの?

 - ブログ運営