オピニオン

時間に束縛されない時計を捨てるという思考法のメリット

人というのは日常生活の中で常に時間に追われて会社であれば出勤時間に一分でも送れると遅刻扱いとなり上司の責を浴びることになり、電車などでは数分間の遅れが生じるとアナウンスでお詫びがされるなど、時間というのは社会人であれば守って当然であるという風潮が日本は特に強い傾向にある。

確かに時間を厳守して決まった時刻にスケジュールをこなすというのは重要な事である訳であるが、時間というのは日常生活の中で大きなストレスの要因となるということを忘れてはいけない。かといって時間を時間にルーズなのも社会人として失格というレッテルを貼られてしまうものであり分別が難しい。

そこで時間というものに束縛されないお勧めの思考法として、休日や帰宅時間には時計を見るという習慣は止めるということである。人は固定観念として決まった時刻に決まった業務をこなしているものであり、これは自由になる家庭でも決まった時刻に夕飯を食べてお風呂に入って寝るということを時間を通して決めている。

このような時刻に沿ってスケジュールを立てるというのは、良いことのように思えるが実はこれがストレスの要因となっている。例えば決まった時刻に家事を終わらせるという習慣を持つと何等かの要因で遅れた場合に時間優先となりタスクが適当になってしまう。そのため時間を見るというのは止めるべきなのだ。

時計は見ない方が良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    新入生諸君は新たな対人関係に悩む必要なんて全く皆無である

    この時期になると、学生達は新たな進学先で今までとは異なった対人…

  2. オピニオン

    20代から貯金をするという選択は貴重な時間を犠牲にしている

    社会人として生活している人の中で独身である率が高い20代という…

  3. オピニオン

    YouTubeに広告を出している広告主は需要を理解していない

    若い人の中ではテレビを視聴している時間よりも、YouTubeで…

  4. オピニオン

    頭が悪い人というのは勉強のみを基準として判断してはいけない

    多くの人は小中高生と成長の段階を踏むにつれて、勉強という教育で…

  5. オピニオン

    投資は悪という言葉で分かる日本人の安定志向な国民性

    株式投資やFXなどの投資と呼ばれるものはハイリスクハイリターン…

  6. オピニオン

    引きこもりをニート生活を得て価値観が変わった3つのこと

    私は16歳から21歳までの約5年間ほど、引きこもりニート生活を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    仕事は鬱という考え方は捨てて楽しめば良いんじゃないの?
  2. オピニオン

    仕事は3年続けろという社畜の教訓の言葉に騙されてはいけない
  3. ブログ運営

    タイピング技術を磨きたいのならばブログを毎日執筆するべき
  4. オピニオン

    有給休暇すら自由に取得できないなんて会社員は奴隷ですね
  5. 雑学

    夏場の車のエアコンを上手に使い燃費を向上させる裏技を紹介
PAGE TOP