オピニオン

時間に束縛されない時計を捨てるという思考法のメリット

人というのは日常生活の中で常に時間に追われて会社であれば出勤時間に一分でも送れると遅刻扱いとなり上司の責を浴びることになり、電車などでは数分間の遅れが生じるとアナウンスでお詫びがされるなど、時間というのは社会人であれば守って当然であるという風潮が日本は特に強い傾向にある。

確かに時間を厳守して決まった時刻にスケジュールをこなすというのは重要な事である訳であるが、時間というのは日常生活の中で大きなストレスの要因となるということを忘れてはいけない。かといって時間を時間にルーズなのも社会人として失格というレッテルを貼られてしまうものであり分別が難しい。

そこで時間というものに束縛されないお勧めの思考法として、休日や帰宅時間には時計を見るという習慣は止めるということである。人は固定観念として決まった時刻に決まった業務をこなしているものであり、これは自由になる家庭でも決まった時刻に夕飯を食べてお風呂に入って寝るということを時間を通して決めている。

このような時刻に沿ってスケジュールを立てるというのは、良いことのように思えるが実はこれがストレスの要因となっている。例えば決まった時刻に家事を終わらせるという習慣を持つと何等かの要因で遅れた場合に時間優先となりタスクが適当になってしまう。そのため時間を見るというのは止めるべきなのだ。

時計は見ない方が良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    一級整備士を取得するメリットは皆無に等しいかもしれない事実

    自動車整備士を志している人の中には、将来的には一級整備士を取得…

  2. オピニオン

    引きこもりをニート生活を得て価値観が変わった3つのこと

    私は16歳から21歳までの約5年間ほど、引きこもりニート生活を…

  3. オピニオン

    経済力のある男を見抜くには軽自動車に乗った奴を選ぶべし

    女性からしてみれば、男性を結婚相手として選ぶ基準として経済力が…

  4. オピニオン

    株やFXは勝ち負けを抜きにして精神衛生上の面で手を出さない方が良い

    本業以外の収入を得ようと考えたときに、一番の候補として上がるも…

  5. オピニオン

    有名人に会ったけどやはり一般人と変わらない普通の人間だった

    2016年4月16日にセカオワがサンドーム福井へライブを行うと…

  6. オピニオン

    クリエイティブな専門学校の入試が筆記試験とかバカなの?

    高校を卒業するとそれぞれの進路を選ぶことになるのだが、多くの学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    退職届と退職願の違いと効力について分かりやすく解説
  2. ブログ運営

    私がブログのネタに一切困らないために心がけている習慣
  3. メンタルヘルス

    ズル休みしたい衝動に駆られた時にやる気を出す究極的な方法
  4. メンタルヘルス

    昔は良かったというノスタルジーは不要である。未来に生きろ
  5. オピニオン

    学生のズル休みを防ぐためには自ら学校に連絡させれば良い
PAGE TOP