オピニオン

時間に束縛されない時計を捨てるという思考法のメリット

人というのは日常生活の中で常に時間に追われて会社であれば出勤時間に一分でも送れると遅刻扱いとなり上司の責を浴びることになり、電車などでは数分間の遅れが生じるとアナウンスでお詫びがされるなど、時間というのは社会人であれば守って当然であるという風潮が日本は特に強い傾向にある。

確かに時間を厳守して決まった時刻にスケジュールをこなすというのは重要な事である訳であるが、時間というのは日常生活の中で大きなストレスの要因となるということを忘れてはいけない。かといって時間を時間にルーズなのも社会人として失格というレッテルを貼られてしまうものであり分別が難しい。

そこで時間というものに束縛されないお勧めの思考法として、休日や帰宅時間には時計を見るという習慣は止めるということである。人は固定観念として決まった時刻に決まった業務をこなしているものであり、これは自由になる家庭でも決まった時刻に夕飯を食べてお風呂に入って寝るということを時間を通して決めている。

このような時刻に沿ってスケジュールを立てるというのは、良いことのように思えるが実はこれがストレスの要因となっている。例えば決まった時刻に家事を終わらせるという習慣を持つと何等かの要因で遅れた場合に時間優先となりタスクが適当になってしまう。そのため時間を見るというのは止めるべきなのだ。

時計は見ない方が良いんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    適当に生きるためには思考力より直感力を重視すべきである

    人というのは、学校では友達を多く作って勉強をして社会のルールと…

  2. オピニオン

    「現状維持は後退」は日本のスマホ業界を例にすると理解できる

    2018年現在スマホ業界の世界シェア率というのは1位が韓国のサ…

  3. オピニオン

    ニートになりたい社畜は毎日予定がある事の幸せを知るべきだ

    学校を卒業して、会社に勤めて自由な時間というものを経験したこと…

  4. オピニオン

    自由という概念は社会生活を送る上では存在しないものである

    学生ならば、学校へ行かずに自由に毎日ゲームや漫画を読んで過ごし…

  5. オピニオン

    中卒などの低学歴は結婚という概念に悲観的過ぎるバカが多い

    二十代後半になると、周りの同僚や友達などが次々と結婚をしていく…

  6. オピニオン

    ニートが途方もない夢を追いかけてしまう根本的な理由

    学校や仕事などで嫌なことがあり、社会に絶望して家に引きこもって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    ブロガー同士の馴れ合いは「キモい」の一言に尽きる
  2. オピニオン

    いじめ問題でどちらが悪という議題は論するに値しない
  3. オピニオン

    異性からモテない学生諸君は大人がどれだけ汚いか理解すべし
  4. ブログ運営

    プロブロガーと名乗ることができる定義について再確認しよう
  5. オピニオン

    学生時代にモテていた人が社会人になるとモテなくなる理由とは
PAGE TOP