雑学

ディーラーや整備工場での車検とユーザー車検の根本的な違い

車を保有している人であれば、新規登録から3年が経過した時点で車検を受けて、次回からは2年おきに車検を受けなければ車を公道で走らせることができない訳であるのだが、多くの人は車検をディーラーや整備工場に持って行って車検を受ける一般的な継続検査を行っていると思われる。

しかし、車検というのは絶対にディーラーや整備工場のプロの目線で分解整備を行わなければならないという決まりはなく、継続検査は自ら陸運局に持ち込んで検査コースを通って行うこともできる。これが所謂ユーザー車検というものであり、ディーラーや整備工場に比べて価格が非常に抑えられるというメリットがある。

だがユーザー車検とプロの整備士に直接車を見てもらうということを比較すると、圧倒的に後者のプロの整備士にしっかりと車を分解して悪い箇所を診断してもらう方が安心であるのは当然である。それはユーザー車検は保安基準に適合の可否を診断するだけで車の瑕疵は診断できないという特性があるためだ。

例えば消耗品であるディスクブレーキパッドを例にすると、ユーザー車検ではパッドの厚みを診断する際に2年後まで過去の走行距離を考慮して診断するということはなく、保安基準に適合しているというマニュアルの判断基準で可否を出す訳だが、これは結局後にパッド交換を強いられることになる羽目になる。

車というのは走る凶器であり、車に求められるのは楽しさや移動手段という前提よりも安心して乗ることができるということが重要であり、ユーザー車検を受けた時点では検査に通っても安心を得るということはできないために、ユーザー車検はお勧めができないという訳である。

ユーザー車検は知識が必要なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    ネズミ捕りを対向車にパッシングで教えるのは公務執行妨害罪?

    車に日常的に乗っているドライバーならば一度は速度取り締まり「ネ…

  2. 雑学

    クレジットカードの審査が厳しくなるスーパーホワイトとは?

    社会人であれば一枚はクレジットカードは保有している人が多いと思…

  3. 雑学

    宝くじの当選金は非課税となり税金が徴収されることは無い

    一攫千金を夢見て宝くじというものを購入したことのある人はとても…

  4. 雑学

    車やバイクの整備の際に使用するトルクレンチの過信の危険性

    車やバイクを初めとした乗り物を整備する際の工具の一つとして、ト…

  5. 雑学

    LINEで友達を削除した後に復活させる最後の手段を解説

    今やスマホ保持者の殆どにインストールされているLINEなのだが…

  6. 雑学

    代表取締役・社長・会長・CEOって誰が一番偉いの?

    今回の話題は「代表取締役と社長と会長とCEO」の中で一番権限がある人物…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    セルフスタンドは裏でスタッフが遠隔操作で給油許可をしている
  2. オピニオン

    学生が将来の選択を卒業間近の一年で決めるってのは無理な話
  3. 音楽

    ギターを宅配便などで配送する方法と注意点を紹介したいと思う
  4. 雑学

    私は知る人ぞ知るYouTuber「たれぞう」を心の底から応援したい
  5. 家電

    日本人にはiPhoneSEのサイズ感が丁度いいというお話
PAGE TOP