雑学

ディーラーや整備工場での車検とユーザー車検の根本的な違い

車を保有している人であれば、新規登録から3年が経過した時点で車検を受けて、次回からは2年おきに車検を受けなければ車を公道で走らせることができない訳であるのだが、多くの人は車検をディーラーや整備工場に持って行って車検を受ける一般的な継続検査を行っていると思われる。

しかし、車検というのは絶対にディーラーや整備工場のプロの目線で分解整備を行わなければならないという決まりはなく、継続検査は自ら陸運局に持ち込んで検査コースを通って行うこともできる。これが所謂ユーザー車検というものであり、ディーラーや整備工場に比べて価格が非常に抑えられるというメリットがある。

だがユーザー車検とプロの整備士に直接車を見てもらうということを比較すると、圧倒的に後者のプロの整備士にしっかりと車を分解して悪い箇所を診断してもらう方が安心であるのは当然である。それはユーザー車検は保安基準に適合の可否を診断するだけで車の瑕疵は診断できないという特性があるためだ。

例えば消耗品であるディスクブレーキパッドを例にすると、ユーザー車検ではパッドの厚みを診断する際に2年後まで過去の走行距離を考慮して診断するということはなく、保安基準に適合しているというマニュアルの判断基準で可否を出す訳だが、これは結局後にパッド交換を強いられることになる羽目になる。

車というのは走る凶器であり、車に求められるのは楽しさや移動手段という前提よりも安心して乗ることができるということが重要であり、ユーザー車検を受けた時点では検査に通っても安心を得るということはできないために、ユーザー車検はお勧めができないという訳である。

ユーザー車検は知識が必要なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    車の平均寿命は10万キロという説は完全に間違っている理由

    車に乗っている人であれば、一度購入した車を長く乗り続けたいと思…

  2. 雑学

    中古車を購入する時には走行距離が少ないのは実は問題が多い

    中古車を購入する時には様々な観点から自分に合った車を選び出す必…

  3. 雑学

    長く使える安全靴を探しているのであればアシックスがおすすめ

    整備工場や作業現場などで安全靴を履くことが義務付けられている職…

  4. 雑学

    マニュアル車のクラッチ板が滑っている際に起こる具体例

    最近では公道を走っている8割の車はAT車であり、マニュアル車の…

  5. 雑学

    安い料金で車検を行う場合に注意すべき盲点を整備士が解説

    車を所有している人であれば、新規登録の場合は3年で車検を行い、…

  6. 雑学

    NHK高校講座が放送される納得の理由を説明したいと思う

    NHKの番組を見ているとふと目に入るNHK高校講座。難しい数学…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 家電

    寒い時期に通販などで家電を購入する際は結露対策が必要である
  2. メンタルヘルス

    「面倒くさくて当たり前」を前提として生きると人生が楽になる
  3. オピニオン

    成功者が実践している質の良いものを長く使うという重要性
  4. 家電

    重要なデーターが入っているHDDを物理的に破壊する重要性
  5. オピニオン

    思い出として記念写真を撮影するとかバカなんじゃないの?
PAGE TOP