雑学

ディーラーや整備工場での車検とユーザー車検の根本的な違い

車を保有している人であれば、新規登録から3年が経過した時点で車検を受けて、次回からは2年おきに車検を受けなければ車を公道で走らせることができない訳であるのだが、多くの人は車検をディーラーや整備工場に持って行って車検を受ける一般的な継続検査を行っていると思われる。

しかし、車検というのは絶対にディーラーや整備工場のプロの目線で分解整備を行わなければならないという決まりはなく、継続検査は自ら陸運局に持ち込んで検査コースを通って行うこともできる。これが所謂ユーザー車検というものであり、ディーラーや整備工場に比べて価格が非常に抑えられるというメリットがある。

だがユーザー車検とプロの整備士に直接車を見てもらうということを比較すると、圧倒的に後者のプロの整備士にしっかりと車を分解して悪い箇所を診断してもらう方が安心であるのは当然である。それはユーザー車検は保安基準に適合の可否を診断するだけで車の瑕疵は診断できないという特性があるためだ。

例えば消耗品であるディスクブレーキパッドを例にすると、ユーザー車検ではパッドの厚みを診断する際に2年後まで過去の走行距離を考慮して診断するということはなく、保安基準に適合しているというマニュアルの判断基準で可否を出す訳だが、これは結局後にパッド交換を強いられることになる羽目になる。

車というのは走る凶器であり、車に求められるのは楽しさや移動手段という前提よりも安心して乗ることができるということが重要であり、ユーザー車検を受けた時点では検査に通っても安心を得るということはできないために、ユーザー車検はお勧めができないという訳である。

ユーザー車検は知識が必要なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    長財布からマネークリップに変えたら人生が変わった件

    人が日常生活を送っていく上での必需品と言えば一体何が思い浮かぶ…

  2. 雑学

    パトカーなどの緊急車両はどこで車検を受けているのか解説

    新車で車を購入した時には3年で継続検査を行い、その後は2年ごと…

  3. 雑学

    タイヤに黄色い点と赤い点が付いている理由を整備士が解説

    現在履いている古い寿命が来たタイヤを新品のタイヤに入れ替えた場…

  4. 雑学

    犬に懐かれる人と懐かれない人の単純明快な違いを解説しよう

    ペットとして犬を飼っている家庭では実感する人が多いと思うのだが…

  5. 雑学

    洋画の音声と字幕が異なる理由を分かりやすく解説しよう

    洋画の映画を見ているとあることに気が付かないだろうか。それは字…

  6. 雑学

    LINEで友達を削除した後に復活させる最後の手段を解説

    今やスマホ保持者の殆どにインストールされているLINEなのだが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    田舎生活では車ではなくバイクという選択肢はアリなのか?
  2. メンタルヘルス

    心療内科の診察はネット電話などを導入すればいいと思う
  3. メンタルヘルス

    欲しいものが無いという心理に隠された深層心理
  4. 雑学

    コーティング剤の代表格であるゼロウォーターを整備士が試す
  5. 家電

    夏場に気になる汗などはiPhoneの防水性能の対象外である
PAGE TOP