雑学

ディーラーや整備工場での車検とユーザー車検の根本的な違い

車を保有している人であれば、新規登録から3年が経過した時点で車検を受けて、次回からは2年おきに車検を受けなければ車を公道で走らせることができない訳であるのだが、多くの人は車検をディーラーや整備工場に持って行って車検を受ける一般的な継続検査を行っていると思われる。

しかし、車検というのは絶対にディーラーや整備工場のプロの目線で分解整備を行わなければならないという決まりはなく、継続検査は自ら陸運局に持ち込んで検査コースを通って行うこともできる。これが所謂ユーザー車検というものであり、ディーラーや整備工場に比べて価格が非常に抑えられるというメリットがある。

だがユーザー車検とプロの整備士に直接車を見てもらうということを比較すると、圧倒的に後者のプロの整備士にしっかりと車を分解して悪い箇所を診断してもらう方が安心であるのは当然である。それはユーザー車検は保安基準に適合の可否を診断するだけで車の瑕疵は診断できないという特性があるためだ。

例えば消耗品であるディスクブレーキパッドを例にすると、ユーザー車検ではパッドの厚みを診断する際に2年後まで過去の走行距離を考慮して診断するということはなく、保安基準に適合しているというマニュアルの判断基準で可否を出す訳だが、これは結局後にパッド交換を強いられることになる羽目になる。

車というのは走る凶器であり、車に求められるのは楽しさや移動手段という前提よりも安心して乗ることができるということが重要であり、ユーザー車検を受けた時点では検査に通っても安心を得るということはできないために、ユーザー車検はお勧めができないという訳である。

ユーザー車検は知識が必要なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    電話の声は単純に音声を送信している訳では無い理由

    大多数の人に電話の音声は何故届くのかという疑問を投げかけると、…

  2. 雑学

    バイクのキャブレターが詰まってしまう保管期間について

    現在、新車で発売されている殆どのバイクはひと昔前の機械式のキャ…

  3. 雑学

    原付バイクの寿命について整備士が解説したいと思う

    誰しもが自分の購入した車やバイクなどは長く乗り続けたいと思うは…

  4. 雑学

    眼鏡の度数は視力が落ちても上げてはいけない理由

    視力が悪くなると眼鏡やコンタクトレンズを使用して目力補正を図る…

  5. 雑学

    ネズミ捕りを対向車にパッシングで教えるのは公務執行妨害罪?

    車に日常的に乗っているドライバーならば一度は速度取り締まり「ネ…

  6. 雑学

    カーバッテリー交換時に注意すべき盲点を整備士が解説しよう

    大抵の人は車の詳細なメンテナンスは整備士に任せると思うのだが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 家電

    自作PCの疑問点はドスパラのメールサポートがとても役に立つ
  2. オピニオン

    宝くじで高額当選を果たしても仕事は辞めてはいけない理由
  3. メンタルヘルス

    やんちゃ坊主は大人になると感受性豊かな人間性になる
  4. メンタルヘルス

    答えの出ない悩み事は早急に思考を停止させる必要がある
  5. カラダ

    二週間交換コンタクトを一年使用して眼科で検査をした結果…
PAGE TOP