稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ディーラーや整備工場での車検とユーザー車検の根本的な違い

      2018/05/26

車を保有している人であれば、新規登録から3年が経過した時点で車検を受けて、次回からは2年おきに車検を受けなければ車を公道で走らせることができない訳であるのだが、多くの人は車検をディーラーや整備工場に持って行って車検を受ける一般的な継続検査を行っていると思われる。

しかし、車検というのは絶対にディーラーや整備工場のプロの目線で分解整備を行わなければならないという決まりはなく、継続検査は自ら陸運局に持ち込んで検査コースを通って行うこともできる。これが所謂ユーザー車検というものであり、ディーラーや整備工場に比べて価格が非常に抑えられるというメリットがある。

だがユーザー車検とプロの整備士に直接車を見てもらうということを比較すると、圧倒的に後者のプロの整備士にしっかりと車を分解して悪い箇所を診断してもらう方が安心であるのは当然である。それはユーザー車検は保安基準に適合の可否を診断するだけで車の瑕疵は診断できないという特性があるためだ。

例えば消耗品であるディスクブレーキパッドを例にすると、ユーザー車検ではパッドの厚みを診断する際に2年後まで過去の走行距離を考慮して診断するということはなく、保安基準に適合しているというマニュアルの判断基準で可否を出す訳だが、これは結局後にパッド交換を強いられることになる羽目になる。

車というのは走る凶器であり、車に求められるのは楽しさや移動手段という前提よりも安心して乗ることができるということが重要であり、ユーザー車検を受けた時点では検査に通っても安心を得るということはできないために、ユーザー車検はお勧めができないという訳である。

ユーザー車検は知識が必要なんじゃないの?

 - 雑学