雑学

ディーラーや整備工場での車検とユーザー車検の根本的な違い

車を保有している人であれば、新規登録から3年が経過した時点で車検を受けて、次回からは2年おきに車検を受けなければ車を公道で走らせることができない訳であるのだが、多くの人は車検をディーラーや整備工場に持って行って車検を受ける一般的な継続検査を行っていると思われる。

しかし、車検というのは絶対にディーラーや整備工場のプロの目線で分解整備を行わなければならないという決まりはなく、継続検査は自ら陸運局に持ち込んで検査コースを通って行うこともできる。これが所謂ユーザー車検というものであり、ディーラーや整備工場に比べて価格が非常に抑えられるというメリットがある。

だがユーザー車検とプロの整備士に直接車を見てもらうということを比較すると、圧倒的に後者のプロの整備士にしっかりと車を分解して悪い箇所を診断してもらう方が安心であるのは当然である。それはユーザー車検は保安基準に適合の可否を診断するだけで車の瑕疵は診断できないという特性があるためだ。

例えば消耗品であるディスクブレーキパッドを例にすると、ユーザー車検ではパッドの厚みを診断する際に2年後まで過去の走行距離を考慮して診断するということはなく、保安基準に適合しているというマニュアルの判断基準で可否を出す訳だが、これは結局後にパッド交換を強いられることになる羽目になる。

車というのは走る凶器であり、車に求められるのは楽しさや移動手段という前提よりも安心して乗ることができるということが重要であり、ユーザー車検を受けた時点では検査に通っても安心を得るということはできないために、ユーザー車検はお勧めができないという訳である。

ユーザー車検は知識が必要なんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    車の車検が一切通らない不正改造例を自動車整備士が解説

    車好きにとって自分の車を改造するということは車を所有するという…

  2. 雑学

    Amazonで納品書が入っていない場合の対処法を紹介

    Amazonで商品を購入すると、少し前までは納品書必ず同封され…

  3. 雑学

    ハイブリッド車のオイル交換時期について自動車整備士が解説

    現在、車を選ぶ基準として第一に挙げられるのが燃費の良さであり、…

  4. 雑学

    パトカーなどの緊急車両はどこで車検を受けているのか解説

    新車で車を購入した時には3年で継続検査を行い、その後は2年ごと…

  5. 雑学

    資格試験に一発合格する秘訣は真面目に勉強をしないことである

    何等かの資格を取得しようと勉強に勤しんでいる人達の心理状態とし…

  6. 雑学

    原付バイクの寿命について整備士が解説したいと思う

    誰しもが自分の購入した車やバイクなどは長く乗り続けたいと思うは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    車のパワーウインドウが効かなくなった際の初期設定方法
  2. オピニオン

    通販に依存ではなく地元企業にお金を消費するべき
  3. 雑学

    道路に設置されているオービスとNシステムの違いについて解説
  4. メンタルヘルス

    日々のストレスを軽くしたいなら自尊心と向上心を放棄すべき
  5. 雑学

    カーナビの取り付けは自分で行った方が良い理由を解説しよう
PAGE TOP