家電

夏場に気になるiPhoneの汗による水没問題の対策法

夏場になると仕事やレジャーなどでiPhoneをポケットに入れていると、汗などで気が付いたらiPhoneが濡れていたという経験をしたことがある人は多いだろう。iPhone7移行はIP67等級の防水性と防塵性を兼ね備えたとはいってもそれは真水での話であり、汗などの塩分を含んだ液体の場合には防水という言葉は意味をなさない。

確かにiPhoneは防水を兼ね備えており、一般的に使用用途では内部に液体が侵入するケースというのは非防水と比較して少なくなった。汗も結局は液体であり、内部に侵入しなければ問題はないと思われるかもしれないが、汗や海水は塩分を含んでいるということを忘れてはいけない。

塩分は鉄に錆を発生させる元となり、汗をかいてしまってそのままにしておくと、iPhoneの充電端子が著しく劣化して最悪の場合にはライトニングケーブルがスパークして発火の原因ともなりえる。ではiPhoneをポケットに入れて汗で濡れてしまった場合の対処法とは一体なんなのだろうか。

その答えは簡単であり、汗をかいて濡れてしまった場合にはライトニングコネクタに汗の水滴が残っていないか確認して、完全に水分が抜けきったことを確認して充電をすれば問題はない。海水が付着した場合には軽くiPhoneを水洗いをして乾燥させたのちに充電をするということが壊さないために必要な心掛けなのだ。

乾燥させれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. 家電

    AmazonベストセラーのヘッドセットCF8003が素晴らしい件

    仕事で長時間のドライブをしなければいけないトラック運転手や、オフィスな…

  2. 家電

    TVショッピングで話題の無煙ロースター「ザイグル」を買ってみた件

    最近何かと話題の商品がある。それは家庭で焼肉をする際に役立つ煙…

  3. 家電

    iPhone価格高騰による日本人のiPhone離れは起こるのか考察

    日本人が保有しているスマホシェアというのはAppleのiPho…

  4. 家電

    効果がないと噂のワンダーコアを喜んで購入してみた

    最近話題になっているフィットネス機器がある。それはテレビCMなどでお馴…

  5. 家電

    電子機器を結露で水没させないために行うべき注意事項

    冬場になり寒い季節になると、電子機器を水没させてしまう機会とい…

  6. 家電

    自作パソコンにグラフィックボードは本当に必要なのか?

    自作パソコンの興味を持ち始めて、色々と情報収集をしていると「グ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    みなし公務員は公務員同様に副業禁止の法令に当てはまるのか?
  2. メンタルヘルス

    日本人は生真面目過ぎる。適当に生きることが正義だ
  3. オピニオン

    残業が暗黙の了解という社会では鬱国家の汚名は返上できない
  4. カラダ

    空腹時のお腹の音を高確率で止める方法とは?
  5. ブログ運営

    ブロガーは「無職」という肩書きを有効活用して世間をおちょくってやればいい
PAGE TOP