ブログ運営

ブログコメントの返信を随時行っているブロガーは三流以下だね

ブログというものを運営している中でコメント欄を開放していると、余程の見る価値もないブログでない限りコメントというものが書き込まれる。ブロガーにとってはコメントというのは記事の反響の指標となるものであり、コメントが書かれると嬉しい反面で反対意見があると落ち込む人もきっと多いだろう。

私のブログも有難いことに様々なコメントが書かれる訳だが、そのコメントの殆どはとても嬉しいコメントで埋め尽くされている。例えば「〇ねアホブロガー」というコメントや「呼んでいるとイライラしてくる」又は「低学歴は駄目という反面教師」等の素晴らしい罵倒フィーバーが主なコメント内容だ。

このようなコメントが多数書き込まれると大多数のブロガーというのは2つの選択を取ると思う。それはコメント欄を閉鎖という選択と、コメント欄で運営者と読者が幼稚な論破大会を開催するということだ。私から言わせればこの2つの選択というのはどちらも邪道であり、これらを行っているブロガーはまず才能がない。

まずブロガーとして記事をネットに公開するということは、自分の思想と反した意見を持つ人は当然現れて匿名で意見を書き込んでくるのは当然の想定の範囲内であり、自分の意見が全て正しいと勘違いしているブロガーは怒るか悲しむかのどちらかの心情を持つことになり、前者は反論し、後者はコメント欄を閉鎖する。

コメント欄で論破大会をする程にかっこ悪いものはない

たまに、他のブログを見ていると運営者と読者が意見の相違によって論破大会をしている摩訶不思議なケースを目にすることがあるのだが、コメント欄を使って論破合戦をする程にダサいものはない。論破をするというのは結局は他人の意見を尊重していない運営者であり一向に向上はしないだろう。

なぜ私がコメントに対して一切返信をしないのか?という理由はここにある。それは「アホ+アホ」の論争はアホにしかならず、ブログ記事という小さな議題に対しての論争を繰り広げても何も生まれず、逆に醜いブログ運営者というレッテルを貼られて読者が離れることは必然であると考えているためだ。

私のブログでも1割の極少ない読者は「毎日見ています」というコメントを残してくれるのだが、このような肯定コメントだけに対して気分を良くして返信するということは、私の意に反し、尚且つ反対意見を書いてくれる読者から反感を買い「クソブロガー」から「アホクソ底辺ボケナスクソブロガー」と大きな反感を買う。

このようにブログのコメントとの向き合い方というのは各ブロガーによって異なって当然なのだが、私のお勧めとしてはブログのコメントの返信等は慎重に行い、反対意見が書き込まれたり中傷されたりしても「それも一つの意見である」という意識を持ってコメントと向き合うことが大切であろうと感じている。

思想は違って当たり前なんじゃないの?

関連記事

  1. ブログ運営

    私が専業ブロガーを辞めた理由

    ブログというコンテンツは基本的に仕事という認識を持たず、趣味と…

  2. ブログ運営

    プロブロガーならばゲロを吐いても記事を書き続けなさいよ

    世の中には様々なプロというものが存在しており、ブロガーもプロと…

  3. ブログ運営

    本気でブログを執筆するのは今すぐ止めるべき納得の理由

    現在ブログを執筆しているブロガーや、これからブログを執筆して情…

  4. ブログ運営

    Appleが広告ブロック機能でAdSenseを滅ぼそうとしている件

    私は車を運転する際にラジオを聞いているのだが、その殆どの内容はくだらな…

  5. ブログ運営

    会社員ブロガーは世間の批判を気にせず刺激的な文章を書こう

    ブロガーというものには2種類あり、会社や学校に通いながらブログ…

  6. ブログ運営

    ブログのPV数を把握して一喜一憂しても意味がないという話

    ブログを書いているブロガーであれば、自身が運営しているサイトの…

コメント

    • ミオレナ
    • 2018年 6月 05日

    もちろん‼ 思想は違ってあたりまえですよー
    だから管理人さんがコメントに対してどう捉えてもいいし、返信してもしなくてもどちでも あり だと思いますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    作業着であるツナギを私服にすると快適すぎる件
  2. オピニオン

    仕事に変なプライドなんて持たなくて良いんじゃないの?
  3. メンタルヘルス

    心配性や神経質な人に贈る心を軽くする魔法の言葉
  4. オピニオン

    楽天カードは実は審査が厳しいカードであるという事実
  5. メンタルヘルス

    毎日が単調という日々を改善させるためには変化を受け入れろ
PAGE TOP