稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

ブログの毎日更新はブロガーを目指すならば避けるべきである

      2018/06/07

これからブログを始めたいと思っている初心者ブロガーの人たちというのは、様々な先輩ブロガーのブログ記事を見ていると思うのだが、このような先輩ブロガーを見ていると毎日のように数千文字の記事を執筆して「ブロガーならば毎日更新は当たり前」という記事もあるのだが、これは初心者にはお勧めできない。

私も過去には初心者ブロガーであっても毎日更新は心掛けるべきという記事を執筆したことがあるのだが、ブログ記事の毎日更新という目標を掲げてブログ運営を行うデメリットを改めて考えると大きなデメリットがあることに気が付いた。それは目標を達成するための手抜きというものである。

ブログの毎日更新を心掛けてブログを執筆していると、ブログを書く目的というものが良い記事を書くということから、毎日更新を心掛けるという目的に置き換わってしまうことがある。これは記事の質よりも毎日更新をするということが主な目的となり結果として低品質な記事の量産になってしまうというものだ。

確かに毎日更新を心掛ければその分ブログとしての成長率は、週に一度だけ更新するブログと比較して大幅に上がるのは確かなのだが、これは高品質なブログ記事を量産した場合に限っての話であり、例え毎日更新を心掛けても低品質の記事の量産ではGoogleにサイトを評価してもらうことができない訳である。

そのため、初心者ブロガーや会社員ブロガーとして日常生活の隙間時間を利用してブログを運営しなければいけない人は、毎日更新という目標は捨てて、自分の書きたい時間に書きたいことを高品質に書くというスタイルで運営した方が結果としてブログの成長率は毎日更新よりも長期間で見れば上がるのである。

毎日更新は敷居が高いんじゃないの?

 - ブログ運営