稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

バイクを通販で購入するという無謀な選択肢はアリなのか?

      2018/06/10

近年では様々な物がネット通販にて購入できる世の中になった訳なのであるのだが、ネット通販のデメリットとしては実際に商品を手に取ることなく購入ができてしまうことであり、実際に商品が手元に届いてみると自分が想像していた物と異なったという経験をしたことがある人も多いことだろう。

新品家電などの大量生産品では一定基準を満たした商品が世の中に出回っているために、事前に下調べをしっかりとして納得して購入すれば予想と異なるというリスクは減らせるのだが、中古品となると前保有者がどのような扱いをしてたのか分からないために劣化している箇所が多くなり、その分、故障するリスクも多くなる。

特に最近では、バイクという高額商品もネット通販に対応しているショップも多くなってきている。その背景としては中古のバイクというのは車とは異なって地域差によって程度の良さそうに見えるバイクが各地に点在しており、ユーザーが良いと思ったバイクを通販等で購入してしまうというのが主な原因だ。

しかし、バイクの通販というのは整備士としての意見は決してお勧めできるものではない。その理由はバイクというのは消耗品の塊であり一見すれば程度が良さそうに見える車両であってもオイル交換をしていなかったり、長期間の保存でタンク内に錆が発生しているなどの見えない瑕疵がある可能性があるためだ。

そしてこのような問題が発生すると修理に出さなければならない訳だが、遠くのショップで購入したバイクというのは当然、購入したショップまで足を運んで見てもらうということは出来ない場合が殆どであり、アフターサービスという面でもネット通販での購入というのはお勧めはできないのである。

ネット通販での車両の購入はお勧めはできないんじゃないの?

 - オピニオン