メンタルヘルス

緊張しないという人に隠された興味深い心理学を解説しよう

人というのは社会の中で生活していれば、常時と言っても良いほどに何かしらのストレスを抱えている訳であるのだが、このストレスの度合いというものは個人差があり、全く緊張しない人もいれば人前では常に緊張して自分の本領を発揮できずに悩んでいる人もいるなど、緊張というのは多種多様で興味深い。

私自身の話をすると、私が日常生活を送っている中で心臓がバクバクして緊張するという直近の場面を思い出すと、落ちたら一発終了の整備士試験くらいしか思い出せない。ではなぜこのように私自身があまり緊張をしないのか?ということについて考えてみると結構、興味深いために記事にして書き起こそうと思う。

まず、人が緊張するメカニズムとしては大きく分けて2つの心理というものが大きく関わっていることが分かる。それは単純明快な話であり自分自身に対するプレッシャーと、他人からの目線を気にするプレッシャーというものが緊張を生み出す心理として一番の要因となっている訳だ。

自分自身に対してのプレッシャーというものは「もし試験で落ちたら情けない」という自分に対しての期待度を失望させることがストレスとなり、頭の中で「もし落ちたら」というシチュエーションを想定してしまい、まだ起こっていない問題に対して極度のストレスを感じてしまう負荷となるストレスだ。

このような自分自身に対してのプレッシャーというのは、良い点というものは一つもなく誰しもがプレッシャーが無ければ自分の本領を発揮できる訳だ。ストレスに強い人というのはこのような自分自身に対してのストレスというものをあまり考えずに楽観的な人という特徴がある。

その次に他人からの目線を気にしたプレッシャーというものなのだが、日本人はこのような他人から見た自分というものを極度に気にするのだが、ストレスに強い人というのは他人の目線というものは気にせずに、自分が納得すれば他人からの意見は気にしないという自己中心的な人という特徴がある。

緊張に強くなるためには、このような自分自身に対するプレッシャーや他人から見た自分というものを強く意識しないということが、緊張に強くなるためには必要なことであり、もし極度の緊張で悩んでいる人はこの2つの要因を改善するということを心掛ければ年月はかかるかもしれないが極度の緊張感を改善させることができる。

適当で良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    ポジティブに生きるにはこの世という人生をゲームだと思い込め

    なんだか日曜日になると明日の事を考えてしまい、憂鬱になってしま…

  2. メンタルヘルス

    オオサカ堂は信頼できるサイトなのかヘビーユーザーが解説

    ひと昔前に比べて、ネットを使った通販というものが急速に普及して…

  3. メンタルヘルス

    状況に応じて自分を演じるペルソナ心理学の話が深い件

    人というのは誰しもが絶対的にペルソナという人格を持っている。聞…

  4. メンタルヘルス

    悩み事は時間が解決してくれるから悩む必要なんて無いですよ

    人というのは生きていれば何かしらの悩み事は抱えている。それは将…

  5. メンタルヘルス

    鬱にならないためには一日を楽しむという心意気が必要だ

    日曜の夕方になると明日から会社に行きたくないという思いから鬱に…

  6. メンタルヘルス

    情報の断捨離をすることで安らかな生活が送れるようになる

    多くの家庭では新聞やテレビ、スマホなどで多くのニュースという情…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    ニートになりやすい環境を元ニートが解説したいと思う
  2. ブログ運営

    若者ブロガーよ、ブログを書くということに執着するでない
  3. オピニオン

    女が化粧をするのなら男も化粧をしても良いんじゃないの?
  4. ブログ運営

    専業ブロガーよ。将来の不安を他人との感情の共有で誤魔化すでない。
  5. 雑学

    車の平均寿命は10万キロという説は完全に間違っている理由
PAGE TOP