オピニオン

平凡な毎日を変えたいのならば毎日1つの日常を破壊すべし

学生であれば、学校帰宅して宿題をして日常を送る。会社員であれば職場と家の往復で終わってしまい平凡な毎日を送る。このような毎日決まったルーティーンという行動に対して疑問を持ち始めるのは社会人となった時期に多く感じるものであり平凡な毎日を変えたいと思っている社会人は多いだろう。

学生の内には、このような「平凡な毎日を変えたい」という願望というのは抱かない傾向が強い。その理由としては社会人になると社会という組織から「大人だからできて当たり前」という固定観念を強く押し付けられて自分と他人を非常に強く比較して時には安堵し、時には焦るという心情を行き来しているためだ。

例えば社会人になって数年が経過すると、周りの友人は結婚を次々として焦りを感じたり、周りの同期は出世をするなど、社会人というのは嫌でも他人と繋がっていれば比較の嵐というのは終わらないのである。それに伴って学生の頃に比べてお金を使う娯楽は得られても学生時のような無償の多幸感は得られないこともある。

このような心情の生活を長年続けていると、固定された自分の生活スタイルというものを破壊したくなる心情になるのは当然である。しかし、一度見に付いた生活スタイルというのは変えることが困難であり、なんとなく毎日を過ごしている人というのは非常に多く、社会人は「つまらない」を口癖にしているのだ。

このような毎日決まった生活習慣というものを打破するためには、大きく生活スタイルを変えるということは大切ではなく、微々たることから生活スタイルを変えるということが非常に重要になってくる。例えば睡眠時間を一時間送らせるとか、夕食の時間を遅らせるなどの長微々たることから始めても良い。

このような目標というものを毎日一つ設けて生活して、徐々に大きなことに挑戦していくということを繰り返せば決まった毎日のルールを打破して行動的になるということは決して難しいことではない。もし、日常がつまらなくて環境を変えたいと思っているのであれば、毎日小さな習慣を打破するということを意識して欲しい。

小さなことの積み重ねなんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    最近は高級車より軽自動車の方が怖い人が乗っている場合が多い

    もしあなたが車を運転していたと仮定して、後ろから走ってくる後続…

  2. オピニオン

    思い出として記念写真を撮影するとかバカなんじゃないの?

    日本人というのは何かのイベントがあると、必ずと言って良いほどそ…

  3. オピニオン

    幽霊を発見したら逃げるのではなく追いかけるのが最高の除霊法

    夏になると、多くの人が肝試しとして心霊スポットなどに出かけると…

  4. オピニオン

    人手不足は国家資格を廃止すれば解消できるんじゃないの?

    保育士になるためには保育士免許を取得しなければいけない、自動車…

  5. オピニオン

    今の時代は車社会より原付社会が求められるんじゃないの?

    都会であれば、交通手段は電車やタクシーなど様々な交通機関がある…

  6. オピニオン

    夢を追いかけるということは現実逃避の口実という側面もある

    一般的な大人という存在とは、学校を卒業し一般的な会社に就職して…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. 雑学

    整備士が解説するブレーキパッド残量を減らさないブレーキ術
  2. 雑学

    電話の声は単純に音声を送信している訳では無い理由
  3. オピニオン

    社畜で休日が無い?いやいや時間の使い方を変えれば毎日休日
  4. オピニオン

    義務教育を修了したら5年間程度の自由時間を設けるべきである
  5. オピニオン

    Zippoの購入を検討している人は絶対に無地のZippoを選ぶべき
PAGE TOP