稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

平凡な毎日を変えたいのならば毎日1つの日常を破壊すべし

      2018/06/23

学生であれば、学校帰宅して宿題をして日常を送る。会社員であれば職場と家の往復で終わってしまい平凡な毎日を送る。このような毎日決まったルーティーンという行動に対して疑問を持ち始めるのは社会人となった時期に多く感じるものであり平凡な毎日を変えたいと思っている社会人は多いだろう。

学生の内には、このような「平凡な毎日を変えたい」という願望というのは抱かない傾向が強い。その理由としては社会人になると社会という組織から「大人だからできて当たり前」という固定観念を強く押し付けられて自分と他人を非常に強く比較して時には安堵し、時には焦るという心情を行き来しているためだ。

例えば社会人になって数年が経過すると、周りの友人は結婚を次々として焦りを感じたり、周りの同期は出世をするなど、社会人というのは嫌でも他人と繋がっていれば比較の嵐というのは終わらないのである。それに伴って学生の頃に比べてお金を使う娯楽は得られても学生時のような無償の多幸感は得られないこともある。

このような心情の生活を長年続けていると、固定された自分の生活スタイルというものを破壊したくなる心情になるのは当然である。しかし、一度見に付いた生活スタイルというのは変えることが困難であり、なんとなく毎日を過ごしている人というのは非常に多く、社会人は「つまらない」を口癖にしているのだ。

このような毎日決まった生活習慣というものを打破するためには、大きく生活スタイルを変えるということは大切ではなく、微々たることから生活スタイルを変えるということが非常に重要になってくる。例えば睡眠時間を一時間送らせるとか、夕食の時間を遅らせるなどの長微々たることから始めても良い。

このような目標というものを毎日一つ設けて生活して、徐々に大きなことに挑戦していくということを繰り返せば決まった毎日のルールを打破して行動的になるということは決して難しいことではない。もし、日常がつまらなくて環境を変えたいと思っているのであれば、毎日小さな習慣を打破するということを意識して欲しい。

小さなことの積み重ねなんじゃないの?

 - オピニオン