メンタルヘルス

楽観的な人格と悲観的な人格を分ける思考回路は至って簡単だ

人というのは、これから緊張する場面に立たされた場合に様々なことが頭を過る。それは「失敗したらどうしよう」という思考や「笑われないか?」というマイナスなイメージを思い浮かべてしまう。もし学生であれば入試になると「落ちたらどうしよう」と不安になって夜も寝れない経験はどのような人でもあるだろう。

人間というのは明確に1分先の未来も明確には予知できないのだが、本能として危険回避をするという思考を生まれながら持っている特性がある。それはリスク回避のために万が一の事態に備えた思考をすることによって本能的に考えられるリスクを頭の中で陳列していくのである。これが緊張の根本的な原因なのだ。

しかし、緊張しないという人はこのような危険回避をする思考というのが鈍いという特徴があり、リスクは事前に考えるのではなく現実問題として問題が実際に発生した時に物事は考えれば良いという思考であるのだ。特に緊張してしまう人というのはこれらの「事後に考える」という思考を持つ癖を付ける必要があるのだ。

このような「問題は発生した場合に限って考える」という思考と常に持っていると、今まで挑戦したいことがあっても二の足を踏んでいた事柄に対して楽観的に挑戦できる癖が自然と身に付くようになり、悲観的でチャンスを逃していた人でも、楽観的にチャンスを捉える人格になることは難しいことではないのである。

問題は発生した後に考えれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    答えの出ない悩み事は早急に思考を停止させる必要がある

    生きていると様々な悩みに直面する状況下に置かれる場合というのは…

  2. メンタルヘルス

    適当という言葉を悪い意味で捉える人はストレス過多だね

    多くの人は適当という言葉を聞くと、一般常識という面では駄目な人…

  3. メンタルヘルス

    虐められている環境下にある人は「逃げる」選択肢を捨てろ

    虐めというのは学生のみならず、社会人でも少なからず虐めというの…

  4. メンタルヘルス

    人生に幸せを求めすぎると人は鬱になる傾向にある

    学生であれば勉強に勤しんで学生時代の多くの時間を勉強というもの…

  5. メンタルヘルス

    選択に迷った際には理論ではなく直感を選ぶことが重要

    人というのは、日常生活の中でも何かしらの選択をして生活を送らな…

  6. メンタルヘルス

    ニートには物を持たないミニマリストという生き方が合っている

    ミニマリストという言葉が最近話題になっているが、ご存知では無い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. カラダ

    不眠症は寝ることを放棄することが一番良い特効薬
  2. カラダ

    お腹に2~3キロ溜まると言われている宿便とは一体なに?
  3. メンタルヘルス

    デパスより効果が強い精神安定剤であるレキソタン錠の効き目
  4. オピニオン

    新入生諸君は新たな対人関係に悩む必要なんて全く皆無である
  5. オピニオン

    面倒くさい客には最高の愛想笑いと話を合わせる協調性が必要
PAGE TOP