メンタルヘルス

楽観的な人格と悲観的な人格を分ける思考回路は至って簡単だ

人というのは、これから緊張する場面に立たされた場合に様々なことが頭を過る。それは「失敗したらどうしよう」という思考や「笑われないか?」というマイナスなイメージを思い浮かべてしまう。もし学生であれば入試になると「落ちたらどうしよう」と不安になって夜も寝れない経験はどのような人でもあるだろう。

人間というのは明確に1分先の未来も明確には予知できないのだが、本能として危険回避をするという思考を生まれながら持っている特性がある。それはリスク回避のために万が一の事態に備えた思考をすることによって本能的に考えられるリスクを頭の中で陳列していくのである。これが緊張の根本的な原因なのだ。

しかし、緊張しないという人はこのような危険回避をする思考というのが鈍いという特徴があり、リスクは事前に考えるのではなく現実問題として問題が実際に発生した時に物事は考えれば良いという思考であるのだ。特に緊張してしまう人というのはこれらの「事後に考える」という思考を持つ癖を付ける必要があるのだ。

このような「問題は発生した場合に限って考える」という思考と常に持っていると、今まで挑戦したいことがあっても二の足を踏んでいた事柄に対して楽観的に挑戦できる癖が自然と身に付くようになり、悲観的でチャンスを逃していた人でも、楽観的にチャンスを捉える人格になることは難しいことではないのである。

問題は発生した後に考えれば良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    心配性な人は心配事を消去法で解決させる術を身に着ける重要性

    神経質な人に共通しているのは、物事に対して完璧を求めるというこ…

  2. メンタルヘルス

    意味を成さない無意味な早起きは時間の無駄なんじゃないの?

    近年出てきた言葉で「朝活」というものがあるが、これは自分の趣味…

  3. メンタルヘルス

    選択に迷った際には理論ではなく直感を選ぶことが重要

    人というのは、日常生活の中でも何かしらの選択をして生活を送らな…

  4. メンタルヘルス

    サボり癖の克服方法は束縛から解放させてあげることである。

    学生であれば学校が面倒くさいから仮病を使って休む、会社員であれ…

  5. メンタルヘルス

    人は常識という固定観念や当然という思考に左右されすぎだね

    学生であれば、毎日きまった時間に起床して決まった時間に帰宅して…

  6. メンタルヘルス

    精神安定剤の効果を体からいち早く抜く方法を伝授したいと思う

    うつ病や対人恐怖症などに陥ってしまい、精神安定剤が日常的に手放…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    日本人はお金の使い方というものについて無知の極みである
  2. メンタルヘルス

    医師は患者に対して偽薬を処方することは実際にあるのか?
  3. 雑学

    無駄な手間を掛けずに車を洗車状態にする裏技を伝授しよう
  4. 雑学

    タバコ自販機のtaspoは未成年購入抑止に繋がらない
  5. オピニオン

    整備士必須の本であるサービスマニュアルは値段が高すぎる件
PAGE TOP