稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

楽観的な人格と悲観的な人格を分ける思考回路は至って簡単だ

      2018/06/25

人というのは、これから緊張する場面に立たされた場合に様々なことが頭を過る。それは「失敗したらどうしよう」という思考や「笑われないか?」というマイナスなイメージを思い浮かべてしまう。もし学生であれば入試になると「落ちたらどうしよう」と不安になって夜も寝れない経験はどのような人でもあるだろう。

人間というのは明確に1分先の未来も明確には予知できないのだが、本能として危険回避をするという思考を生まれながら持っている特性がある。それはリスク回避のために万が一の事態に備えた思考をすることによって本能的に考えられるリスクを頭の中で陳列していくのである。これが緊張の根本的な原因なのだ。

しかし、緊張しないという人はこのような危険回避をする思考というのが鈍いという特徴があり、リスクは事前に考えるのではなく現実問題として問題が実際に発生した時に物事は考えれば良いという思考であるのだ。特に緊張してしまう人というのはこれらの「事後に考える」という思考を持つ癖を付ける必要があるのだ。

このような「問題は発生した場合に限って考える」という思考と常に持っていると、今まで挑戦したいことがあっても二の足を踏んでいた事柄に対して楽観的に挑戦できる癖が自然と身に付くようになり、悲観的でチャンスを逃していた人でも、楽観的にチャンスを捉える人格になることは難しいことではないのである。

問題は発生した後に考えれば良いんじゃないの?

 - メンタルヘルス