オピニオン

車やバイクの車検制度というのは安全を保障するものではない

四輪車や250ccクラス以上のバイクを初めとした乗り物というのは、新規登録から3年で一回目の車検を行い、次回からは2年おきに車検をしなければ公道を走行してはならない事になっているのはご存知の通りであるのだが、車検をしたからと言っても完全に安全が保障されているとは決して断言はできない。

そもそも車検というのは、公道を走行するということについて一定の基準をクリアしているという基礎的な検査だけで車の性能の全てをチェックしている訳ではない。厳密に言うと、車の保守管理の責任というのは整備士にあるのではなく、車を保有している使用者に基づくものであるのである。

例えば、車検の検査というのは車の中でも重要な役目を果たしているブレーキ系統のディスクブレーキパッドの残量というのは3ミリもあれば十分検査は通る。しかし、坂道の多い地域に住んでいる人や走行距離が多い場合ケースを想定すると3ミリという残量では1年も持たない。

整備士はこれらの年間走行距離などを考慮して、次回の車検までに消耗して使い物にならない部品があれば交換をするという判断をするのだが、これがユーザー車検になると一時的に法定基準をクリアしていても車検は通ってしまうために、車検制度自体は完全な安全を保障しているものではないのである。

では「これから車のAI化が進んで故障個所があれば自動的に判断してくれるようになって車検制度自体が無くなるのか?」という疑問に対しての答えは、どれだけ車の性能が向上したとしても車検制度自体は絶対に無くならないと断言できる。それは車検制度というのは安全だけを目的としている訳ではないためだ。

車検制度は、車の使用者から確実に税金を徴収するという意味合いもあり、車検は毎年の自動車税をしっかり納めていなければ車検は通さないし、車検費用の大部分というのは重量税を初めとした税金が多く占めている。もし車検制度を廃止にすれば国としては税金を徴収する口実が無くなってしまうという訳だ。

車検制度は完全な安全を保障している訳ではないんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    バイクの整備は素人が挑戦しても大丈夫なのか整備士が考察

    バイクという趣味性の高い乗り物に乗っている人というのは、自分の…

  2. オピニオン

    自動車学校の「みきわめ」という難所をクリアする秘密の裏技

    自動車学校に通っていると、教習の中で第一段階と第二段階に分かれ…

  3. オピニオン

    有名大学卒でブラック企業内定という虚しい末路

    今現在、学生として勉強に励んでいる学生は良い就職先を得るために…

  4. オピニオン

    現代の日本人は物を粗末に扱い過ぎているんじゃないの?

    私たちの日常生活というものは物で溢れかえっており、物に囲まれた…

  5. オピニオン

    20代の若者が遊びよりも貯金目的で労働するのは正しいのか?

    20代の若者であれば一度は年配者の大人に言われる言葉がある。そ…

  6. オピニオン

    適当に生きるためには思考力より直感力を重視すべきである

    人というのは、学校では友達を多く作って勉強をして社会のルールと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. ブログ運営

    ブログを三日坊主で終わらせない悲劇を避けるための心得
  2. オピニオン

    最近話題になっているスマホの稼げる系アプリについて物申す
  3. オピニオン

    ニート生活を続けることで失うものは計り知れないというお話
  4. オピニオン

    人事異動とかデメリットのみの効率の悪い制度は廃止にすべき
  5. カラダ

    空腹時のお腹の音を高確率で止める方法とは?
PAGE TOP