雑学

車やバイクの整備の際に使用するトルクレンチの過信の危険性

車やバイクを初めとした乗り物を整備する際の工具の一つとして、トルクレンチというネジを規定値まで締まっているのか確認をする工具がある。車やバイクの殆どのネジというのはメーカーが指定した規定トルクが設けられており、整備の際にはこの規定トルクを厳守しなければ思わぬトラブルの原因の発生となる。

整備士以外の人で、日曜に自身の車やバイクを整備する人の中には、ネジというのは力いっぱい締めるという認識を持ってオイルのドレンボルトや10mmのネジを締めてネジ山が潰れたり、ボルトが折れてしまったりという経験をしたことがある人も大勢いると思う。

このようなネジを傷める危険性を減らすために使用するのがトルクレンチという訳なのだが、このトルクレンチというのはあくまでも規定トルク値の確認に使用するものであり、過信をして占めると規定トルクオーバーでネジが折れたりするトラブルが発生することがある。

これには理由があり、一つが使用者のトルク値の誤認とトルクレンチ自体の誤差が挙げられる。使用者がトルクを間違えてオーバートルクを設定してしまえば明らかに過大な力がかかるために折れてしまったりする。そしてトルクレンチは使用年数に応じて誤差が生まれるものであり、誤差でオーバーすることもある。

整備士であれば、ネジの舐めや折れというのは嫌という程に経験しているために、メガネレンチを用いて締めていると感覚でこれ以上締めるとネジが折れるということが分かっているのだが、週末整備の人は感覚が理解できないためにトルクレンチを用いてもネジを傷めてしまうことがあるのだ。

これを防ぐためには、トルクレンチは確認のためだけに使用して、ボルト類というのはメガネレンチである程度締めてからの最終確認をするという習慣を持つことが大切であり、一気にトルクレンチを用いて締めるということはしない方が賢明なのである。

確認に用いるんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    引きこもりやニート達は軽犯罪法に違反している存在なのか?

    現在、日本には数多くの引きこもりやニート達が五万といる。ニート…

  2. 雑学

    バイクの慣らし運転は高速道路を使っても良いのか整備士が解説

    最近の車というのは過去に比べて高品質化しているために、車の場合…

  3. 雑学

    バイクの正しい暖気方法について整備士が解説したいと思う

    現在新車として発売されているバイクというのは、殆どがインジェク…

  4. 雑学

    原付バイクの寿命について整備士が解説したいと思う

    誰しもが自分の購入した車やバイクなどは長く乗り続けたいと思うは…

  5. 雑学

    オイルエレメントはセルフで交換することをお勧めできない理由

    車を保有しているドライバーはメンテナンスの一環としてオイル交換…

  6. 雑学

    美容師がカット中に世間話をする理由を現役美容師に聞いてみた

    最近では女性だけでなく男性も髪のカットは美容室という人が増えて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    底辺職と呼ばれる職業は実際問題として経済を支えている天職だ
  2. 雑学

    筋肉痛の時には運動や筋トレを続けても良いのか?
  3. オピニオン

    精密機器の初期不良期間は短すぎるんじゃないの?
  4. メンタルヘルス

    マスクやサングラスなどで表情を隠す人の深層心理を紹介
  5. カラダ

    顔の皮脂の分泌が過剰なオイリー肌から卒業するための秘訣
PAGE TOP