稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

バイクの任意保険は必要ないという愚かな判断は後悔の元である

      2018/07/09

車を所有している人であれば、自賠責保険とは別に万が一の事故に備えた任意保険に加入している人は多いのだが、バイクという趣味性の高い乗り物に関しては任意保険に加入していない無保険車がある統計によると過半数に上っているという現状がある。これは愚かさの極みとしか言いようがない。

車であれば事故の際の保証として加入している人は多いのだが、バイクになると車と比較して一気に加入率は減少する。この原因としては車に比べてバイクは事故の際の物損に関しては車に比べて低いという誤った意識を持ってしまっていることが要因となっていると想像できるのだが、車の事故もバイクの事故も危険性は同じだ。

逆にバイクの方が車に比べて危険なのは明白であるのだが、自賠責保険に加入しているから大丈夫と高を括っている人も見受けられる。しかし自賠責保険というのは人身事故に限って効力を有するものであり、それに人身事故を起こした場合の賠償金は自賠責保険では足らないケースが殆どである。

過去の判例によると、バイク事故で会社員を跳ねてしまい相手方が亡くなってしまった実際のケースの賠償金は3億という判例もあり、もし無保険でバイクを走らせていた場合には到底相手方に賠償できる金額を用意することは困難に等しく、無保険で走らせるのは無謀と言っても過言ではないのである。

最近では、ネット保険などの登場によりバイクの場合には年間の保険料が2万円程度で加入できる保険もあり、万が一の事故に備えて公道を走らせる乗り物に乗っている以上は必要な維持費と理解して必ず任意保険に加入した上でバイクという乗り物を安全に楽しむということが重要なのだ。

任意保険は加入しなければいけないんじゃないの?

 - オピニオン