稼げりゃニートでも良いんじゃないの?

WordPressコメントでメールアドレス記入欄を必須にする理由

      2018/07/11

WordPressを利用してブログを運営しているブロガーなどは、基本的にはコメント欄は開放している人が圧倒的に多いと思う。コメント欄というのは自分の意見の反対意見が書かれるために非常に参考になるのだが、中には誹謗中傷でコメントを読むことが嫌になっているブロガーも見受けられる。

そのような中で私のブログのある記事にあるコメントが書かれた。それは「WordPressでのコメントの際にメールアドレスを必須にしないで欲しい」というコメントであった。確かにコメントの際にメールアドレスを必須にすればコメントを書く敷居が高くなるのは確かなのだが、私はこの方針は変えることはない。

WordPressというのはメールアドレスを必須にした場合には、サイトの管理者にはコメント投稿者のメールアドレスとIPアドレスというものがコメントの管理ページで表示される。私はブログ内でコメントを返すことはしないのだが、あまりにも天変地異な発言がある場合には直接メールで返信をするスタイルを取っているのだ。

しかし、匿名だと思っているコメント欄で大きなことを言っている投稿者に直接的にメールで返信をしても返ってくるということは皆無に等しい。それどころかコメントでは「クソバカアホ」と投稿していた投稿者に対して直接メールをすると「申し訳ない」と一言の返信が返ってきたこともある。

これは多くのサイト運営者に伝えたいのだが、誹謗中傷のコメントがあれば泣き寝入りしてイライラするのではなく「なぜこの記事に対してそのような意見を抱いたのか?」というアンケート形式で投稿者に直接的にメールで問いただすというという方法取るというのもブログというコメント欄の最大の面白味でもあるのだ。

これは余談なのだが、某超有名ブロガーは誹謗中傷に対して名誉毀損で争うことを問わない姿勢を貫いている。もし誹謗中書でショックな心情を抱いてしまうブロガーは自分なりの方法でコメントを楽しむという意識を持つということが大切であり、これが出来ないと誹謗中傷の波に飲まれてしまうかもね。

コメント欄は楽しめば良いんじゃないの?

 - ブログ運営