雑学

バイクの整備時にはトルク管理が非常に重要になる理由

バイクという趣味性の高い乗り物の場合には、自分で既存の純正スタイルから様々な改造を施して自分好みのカスタムを楽しむというのも一つの醍醐味であるのだが、カスタムをする際にはネジなどの規定トルク値を守ってネジを締めるということが非常に重要になるのだが、これを無視するユーザーが非常に多い。

整備士などは、10ミリのネジや14ミリや17ミリの車などに多く使われているネジの種類に応じて、感覚で手ごろなトルクを身に着けているのだが、整備従事者以外のユーザーというのはネジは緩まないように強く締めすぎているというケースが非常に多く、車体にダメージを与えている個体もある。

ネジというのは、強く締めすぎても緩く締めすぎても駄目な非常にトルク管理が難しいものであり、特に10ミリなどの細いネジを使用している場合には強く締めすぎてネジを折ってしまっている車体もちらほら見受けられる訳だが、これはトルク管理がしっかりと出来ていないためである。

私も整備士になる前までは、自分のバイクを整備する際にトルク値を無視してネジは強く締めることが当然という認識で整備を行っていた時期があるのだが、今思えば強く占めなくて良いネジを強く締めすぎてプラスチックのボディーが少し変形したことがあるし、ネジを折ったこともある。

特にバイクなどはメーカーが発行している整備士向けのサービスマニュアルというものがあり、これらのマニュアルでは車体に使われているネジの規定トルクが細かく解説してある。まずバイクを整備する際にはこれらのトルク値が書かれているサービスマニュアルを入手してトルク値を確認した上で整備をするということが大切だ。

トルク値は厳守しなければいけないんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    眼鏡の度数は視力が落ちても上げてはいけない理由

    視力が悪くなると眼鏡やコンタクトレンズを使用して目力補正を図る…

  2. 雑学

    宝くじの当選金は非課税となり税金が徴収されることは無い

    一攫千金を夢見て宝くじというものを購入したことのある人はとても…

  3. 雑学

    キーンと良い音が鳴るZippoに価格帯は関係ないという事実

    最近では禁煙ブームということもあって、ひと昔前に比べれば喫煙者…

  4. 雑学

    テレビで募集されている番組モニターとはどのようなバイト?

    テレビを閲覧していると、コマーシャルの中で「只今、番組モニター…

  5. 雑学

    オイルエレメントはセルフで交換することをお勧めできない理由

    車を保有しているドライバーはメンテナンスの一環としてオイル交換…

  6. 雑学

    車の車検が一切通らない不正改造例を自動車整備士が解説

    車好きにとって自分の車を改造するということは車を所有するという…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    高級ブランドに拘る人って結局は個性がないんじゃないの?
  2. オピニオン

    今の若者はネットの情報に左右されて自分の意見を持たない
  3. オピニオン

    成功者に共通している第一条件は「バカ」であるということだ。
  4. メンタルヘルス

    休日に一切外出をしたくないという心理は正常である
  5. メンタルヘルス

    毎日が単調という日々を改善させるためには変化を受け入れろ
PAGE TOP