雑学

バイクの整備時にはトルク管理が非常に重要になる理由

バイクという趣味性の高い乗り物の場合には、自分で既存の純正スタイルから様々な改造を施して自分好みのカスタムを楽しむというのも一つの醍醐味であるのだが、カスタムをする際にはネジなどの規定トルク値を守ってネジを締めるということが非常に重要になるのだが、これを無視するユーザーが非常に多い。

整備士などは、10ミリのネジや14ミリや17ミリの車などに多く使われているネジの種類に応じて、感覚で手ごろなトルクを身に着けているのだが、整備従事者以外のユーザーというのはネジは緩まないように強く締めすぎているというケースが非常に多く、車体にダメージを与えている個体もある。

ネジというのは、強く締めすぎても緩く締めすぎても駄目な非常にトルク管理が難しいものであり、特に10ミリなどの細いネジを使用している場合には強く締めすぎてネジを折ってしまっている車体もちらほら見受けられる訳だが、これはトルク管理がしっかりと出来ていないためである。

私も整備士になる前までは、自分のバイクを整備する際にトルク値を無視してネジは強く締めることが当然という認識で整備を行っていた時期があるのだが、今思えば強く占めなくて良いネジを強く締めすぎてプラスチックのボディーが少し変形したことがあるし、ネジを折ったこともある。

特にバイクなどはメーカーが発行している整備士向けのサービスマニュアルというものがあり、これらのマニュアルでは車体に使われているネジの規定トルクが細かく解説してある。まずバイクを整備する際にはこれらのトルク値が書かれているサービスマニュアルを入手してトルク値を確認した上で整備をするということが大切だ。

トルク値は厳守しなければいけないんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    車で煽り運転をする奴に対しての制裁方法を考えてみる

    田舎にとって車は楽しい娯楽施設へと向かうための必需品でもあり、…

  2. 雑学

    バイクのバッテリー上がり時の押しがけの方法を解説

    オートマチック車の車やビックスクーターなどは一度バッテリーを放…

  3. 雑学

    車検が無いという理由で250ccバイクを検討しては駄目な理由

    最近、若者の車離れが深刻化している。しかし車には興味は無くても…

  4. 雑学

    これから自動車整備士を志す人に向けてお勧めの書籍を紹介

    若者の車離れというものが現在問題となっているが、それは都心に限…

  5. 雑学

    パトカーなどの緊急車両はどこで車検を受けているのか解説

    新車で車を購入した時には3年で継続検査を行い、その後は2年ごと…

  6. 雑学

    ディーラーの整備士が着用しているツナギを入手する方法を解説

    車が好きな人にとっては、整備士が仕事で着用しているメーカーブラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    「別に良いんじゃないの?」を口癖にすることを強く勧める理由
  2. メンタルヘルス

    自己啓発書を読む人に限って重要な行動力が欠損している
  3. 雑学

    整備士が解説するブレーキパッド残量を減らさないブレーキ術
  4. オピニオン

    原付の速度制限は早急に規制緩和されるべきなんじゃないの?
  5. オピニオン

    高校を中退しようと考えている高校生へ送る6つのこと
PAGE TOP