雑学

バイクの整備時にはトルク管理が非常に重要になる理由

バイクという趣味性の高い乗り物の場合には、自分で既存の純正スタイルから様々な改造を施して自分好みのカスタムを楽しむというのも一つの醍醐味であるのだが、カスタムをする際にはネジなどの規定トルク値を守ってネジを締めるということが非常に重要になるのだが、これを無視するユーザーが非常に多い。

整備士などは、10ミリのネジや14ミリや17ミリの車などに多く使われているネジの種類に応じて、感覚で手ごろなトルクを身に着けているのだが、整備従事者以外のユーザーというのはネジは緩まないように強く締めすぎているというケースが非常に多く、車体にダメージを与えている個体もある。

ネジというのは、強く締めすぎても緩く締めすぎても駄目な非常にトルク管理が難しいものであり、特に10ミリなどの細いネジを使用している場合には強く締めすぎてネジを折ってしまっている車体もちらほら見受けられる訳だが、これはトルク管理がしっかりと出来ていないためである。

私も整備士になる前までは、自分のバイクを整備する際にトルク値を無視してネジは強く締めることが当然という認識で整備を行っていた時期があるのだが、今思えば強く占めなくて良いネジを強く締めすぎてプラスチックのボディーが少し変形したことがあるし、ネジを折ったこともある。

特にバイクなどはメーカーが発行している整備士向けのサービスマニュアルというものがあり、これらのマニュアルでは車体に使われているネジの規定トルクが細かく解説してある。まずバイクを整備する際にはこれらのトルク値が書かれているサービスマニュアルを入手してトルク値を確認した上で整備をするということが大切だ。

トルク値は厳守しなければいけないんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    一度撮影した証明写真を何度も再利用する簡単な方法を伝授

    アルバイトの募集や就職活動などで必ず必要になるのが証明写真とい…

  2. 雑学

    エンジンオイルの上抜きはお勧めできるのか整備士が考察しよう

    車を保有している人であれば、メーカー側が指定したエンジンオイル…

  3. 雑学

    車検の際に行われる下回り塗装について自動車整備士が解説

    車に乗っている人であれば、新車の場合は3年で車検を受ける必要が…

  4. 雑学

    自動車のクラッチ板交換が高額請求になる理由を整備士が解説

    現代は自動車免許を保有していなければ逆に珍しいと言われる程に運…

  5. 雑学

    LINEで友達を削除した後に復活させる最後の手段を解説

    今やスマホ保持者の殆どにインストールされているLINEなのだが…

  6. 雑学

    鏡に映る自分の姿はなぜカッコよく見えるのか解説したいと思う

    男ならば風呂上りなどで鏡の前に立つといつも以上に自分がカッコよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    5年後には果たしてYouTubeはオワコンになってしまうのか?
  2. オピニオン

    名車と呼ばれるバイクが次々と生産終了になる運命を辿る理由
  3. メンタルヘルス

    お清めの塩風呂に入ったら人生が好転した話をしたいと思う
  4. カラダ

    健康診断は病気の早期発見にとても貢献している健康の王様である
  5. オピニオン

    自動車学校の教官は厳しい人ほど有難い存在であるという事実
PAGE TOP