オピニオン

自動車整備士が自動車メーカーに恐縮ながら物申す

今や自動車というのは国民の足となり、物流の基盤となっている乗り物である。その車の安全性を維持しているのは自動車整備士を初めとしたメカニックである訳であるのだが、大凡の整備士が感じているであろう自動車メーカーへの設計への不満を整備士の端くれである私から物申したいと思う。

車というのは各メーカーによって整備性というものが極端に異なり、整備士にとって整備がしやすい車と整備が非常に面倒な車に分かれている。一見すれば各メーカーも同様の構成に見えるかもしれないが、車の内部となると非常に多種多様な整備が求められ、整備士は臨機応変に対応をしなければならない。

整備士の世界というのは時間換算で手間賃というものが発生することが多いのだが、整備性が悪い車種であるとベテラン整備士が整備を行っても手間が倍必要になるというケースがとても多い。例えばベルト交換にしてみても非常に交換が容易な車種と、非常に面倒な車種があり時間配分が割に合わないのである。

特にス〇ルのプ〇オのベルト交換となると、一本物のベルトを外すために3つの下から見ても横から見てもボルトが見にくい&ボルトを一定まで緩めると工具が入らなくなくなる厄介なテンショナーを外す必要性があるのだが、これが非常に取りにくく、多くの時間を費やしてしまうのである。

整備士からしてみると、メーカー側の自動車の設計というのは車を使用するユーザー第一主義で、整備士がメンテナンスをする際の事など片隅にもないと様々な車種を整備していると感じるのである。整備士としては少しは整備性を考慮して車の設計というものを行って欲しいというのが多くの整備士の本音であろう。

整備性も考慮して欲しいんじゃないの?

関連記事

  1. オピニオン

    車やバイクの車検制度というのは安全を保障するものではない

    四輪車や250ccクラス以上のバイクを初めとした乗り物というの…

  2. オピニオン

    上司のうるさい説教を手っ取り早く終わらせる極意を伝授しよう

    会社員であれば、必ず上司というウザい存在が常に付きまとって、部…

  3. オピニオン

    働くよりニートである状況の方が100%辛い

    誰しもが一度は学校や仕事に行かずに自由気ままに暮らしたいと願っ…

  4. オピニオン

    ニートが人生をやり直せる年齢なんてものは存在しない

    人生が上手くいかずに、人生をやり直してみたい人というのは多いの…

  5. オピニオン

    20代の若者が遊びよりも貯金目的で労働するのは正しいのか?

    20代の若者であれば一度は年配者の大人に言われる言葉がある。そ…

  6. オピニオン

    平凡な毎日を変えたいのならば毎日1つの日常を破壊すべし

    学生であれば、学校帰宅して宿題をして日常を送る。会社員であれば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. メンタルヘルス

    夏になると切ない気持ちになる理由は過去の記憶が関連している
  2. ブログ運営

    サイト運営を行うなら数字に一喜一憂するなって話
  3. ブログ運営

    自称プロブロガーならば休まずブログを更新し続けなさいよ
  4. オピニオン

    あなたが歴史に名を残す天才と呼ばれる人物になる方法
  5. メンタルヘルス

    うつ病は治りかけが一番危ないと言われる根本的な理由を考察
PAGE TOP