雑学

速度取り締まりでレーダー探知機は果たして役に立たないのか?

道路を走っていると、いきなり警察官が現れて「止まれ」という停止命令を受ける速度取り締まり。速度超過をしてしまうと点数は減点されて反則金を支払わなければならないために、出来るならば速度取り締まりには捕まりたくないのだが、細心の注意を払っていても気のゆるみで捕まる時には捕まってしまう。

このような速度取り締まりの一番の対策は、制限速度を厳守して走行をするということが一番というのは当然なのだが、40キロ制限を40キロピッタリで走ると後ろから非常に煽られる世知辛いものである。そのような時に導入するのがレーダー探知機だと思うのだが、役に立たないという意見もチラホラ見受けられる。

この意見も当然であり、警察は車両がレーダー探知機を搭載しているということは承知の上で取り締まりを行っているために、常に測定器から電波を出して違反車両を検挙していては、隠れて行っている取り締まりが数百メートルから見破られてしまい検挙率が非常に減少してしまう。

このような対レーダー探知機として採用されているのがステルス式測定器であり、現状の速度取り締まりは殆どケースでステルス式の取り締まりを行っているために最新式のレーダー探知機でも探知ができない状況が必然と生まれてしまうという訳だ。そのステルス式測定器の仕組みを解説しよう。

まず、現認係が速度超過の傾向にある車両を発見すると、当該車両が接近する数十メーターから測定電波を発信する。これは特定車両に向けて一瞬だけ電波を発信して速度を測定するために、過去の電波垂れ流しの測定に比べてレーダー探知機の探知率が下がっているという訳なのである。

しかし、現在発売されている探知機というのは前方車両に照射された微量なステルス電波を検知できる。だがこれは前方に車両がいる場合に限った場合であり、例えば先行車両がいない直進道路では電波を発信されていないためにレーダー探知機は音沙汰なしという訳であり役には立たないケースが殆どという訳だ。

完全ではないんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    LINEで削除してしまった友達を復活させる際の最終手段を解説

    スマホを保有している人のコミュニケーションツールとしてLINE…

  2. 雑学

    カーナビの取り付けは自分で行った方が良い理由を解説しよう

    車にカーナビが付いていな場合で、遠出をする際にカーナビを取り付…

  3. 雑学

    コンセプトカーが市販化されない理由は単純明快である

    車が好きな人にとっては東京モーターショーなどで発表される奇抜な…

  4. 雑学

    バイクの購入は免許取得前でも納車が出来るのか解説しよう

    二輪の免許を取得するために教習所に通っている人の大多数は、免許…

  5. 雑学

    車の平均寿命は10万キロという説は完全に間違っている理由

    車に乗っている人であれば、一度購入した車を長く乗り続けたいと思…

  6. 雑学

    通販での保証書未記入の場合における保障の受け方

    通販等を利用する時に気になるのが保障ということであると思うが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    専業主婦はニートよりたちが悪い存在ですよ
  2. メンタルヘルス

    将来のことに対して事前恐怖を感じてストレスを感じる無意味さ
  3. メンタルヘルス

    究極的にストレスフリーな思考になるためのプロセスを伝授
  4. 家電

    iPhoneに「パスコード要求」が表示されても心配不要な理由
  5. 雑学

    幽霊が出ると噂される標識「その他の注意」の真相に迫る
PAGE TOP