雑学

速度取り締まりでレーダー探知機は果たして役に立たないのか?

道路を走っていると、いきなり警察官が現れて「止まれ」という停止命令を受ける速度取り締まり。速度超過をしてしまうと点数は減点されて反則金を支払わなければならないために、出来るならば速度取り締まりには捕まりたくないのだが、細心の注意を払っていても気のゆるみで捕まる時には捕まってしまう。

このような速度取り締まりの一番の対策は、制限速度を厳守して走行をするということが一番というのは当然なのだが、40キロ制限を40キロピッタリで走ると後ろから非常に煽られる世知辛いものである。そのような時に導入するのがレーダー探知機だと思うのだが、役に立たないという意見もチラホラ見受けられる。

この意見も当然であり、警察は車両がレーダー探知機を搭載しているということは承知の上で取り締まりを行っているために、常に測定器から電波を出して違反車両を検挙していては、隠れて行っている取り締まりが数百メートルから見破られてしまい検挙率が非常に減少してしまう。

このような対レーダー探知機として採用されているのがステルス式測定器であり、現状の速度取り締まりは殆どケースでステルス式の取り締まりを行っているために最新式のレーダー探知機でも探知ができない状況が必然と生まれてしまうという訳だ。そのステルス式測定器の仕組みを解説しよう。

まず、現認係が速度超過の傾向にある車両を発見すると、当該車両が接近する数十メーターから測定電波を発信する。これは特定車両に向けて一瞬だけ電波を発信して速度を測定するために、過去の電波垂れ流しの測定に比べてレーダー探知機の探知率が下がっているという訳なのである。

しかし、現在発売されている探知機というのは前方車両に照射された微量なステルス電波を検知できる。だがこれは前方に車両がいる場合に限った場合であり、例えば先行車両がいない直進道路では電波を発信されていないためにレーダー探知機は音沙汰なしという訳であり役には立たないケースが殆どという訳だ。

完全ではないんじゃないの?

関連記事

  1. 雑学

    マニュアル車のクラッチ板が滑っている際に起こる具体例

    最近では公道を走っている8割の車はAT車であり、マニュアル車の…

  2. 雑学

    最近のお葬式でお清めの塩を配布しない納得の理由

    お葬式などに出向くと、火葬場の出口で必ずと言って良いほどお清め…

  3. 雑学

    確定申告は郵送で行う方法が一番手っ取り早い理由を紹介

    毎年この時期になると確定申告の準備に取り掛かる人が多い訳なのだ…

  4. 雑学

    車のオイルは5000キロで交換する必要は無い理由

    車を所有している人であれば、自分の車のオイル交換は当然行ってい…

  5. 雑学

    車の寿命は10年10万キロという概念は古い理由を整備士が考察

    形あるものはいつか壊れてしまう訳であるのだが、物の買い替えを検…

  6. 雑学

    ディーラーのツナギが一般販売されない理由について解説

    自動車整備の仕事をしていてディーラーではなく、町工場である自動…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    幸福度を学歴のせいにしている低学歴は一生底辺のままだね
  2. 音楽

    楽器という趣味は極める必要はないんじゃないの?
  3. 雑学

    ディーラーのツナギが一般販売されない理由について解説
  4. オピニオン

    ニートが独立系の資格を取得して一発逆転を狙うのはやめておけ
  5. メンタルヘルス

    不眠症は寝るという意識を捨てることで改善することができる
PAGE TOP