メンタルヘルス

人生は悩むよりも適当に生きるという心掛けが丁度いい事実

日常生活というのは、日々悩み事が尽きないということが殆どであると思われる。逆に悩み事の無い日常を送っている人の方が少数派であり人は他人から見れば能天気に見えても多少なりとも悩みの種は抱えているものであるのだが、この悩みの種が大きすぎるとストレス過多になり体調を崩してしまう。

先人の言葉として、人として生きるのであれば適当に物事を選択するのではなく、常に懸命に生きろということを子供の頃から強く大人に押し付けられたと思うのだが、実際に大人になって社会人となると毎日全開で懸命に脳をフル回転させて日常生活を送るというのは非常に面倒くさいものと気が付く。

確かに仕事や趣味に大して懸命になって取り組むというのは大切な事かもしれないが、懸命という言葉の裏にはストレスがあり、神経質で他人の顔を気にする人ほど馬鹿を見る傾向が強くなる。そのためにうつ病になる人は真面目で根が優しい人がストレス過多で心が倒れてしまうのである。

このようなストレスと上手く向き合うためには、物事に対して常に完璧を追い求めるということは最善策ではなく、大きな妥協を持って物事に取り組んだ方が結果的に良い成果を生み出すことに繋がる。そう、程よい適当さがストレスを回避するコツであり、物事に対して真面目に取り組む必要性は皆無に等しいのだ。

実際問題、適当に日々を過ごしているケースと常に完璧主義を求める人のストレスの割合を比較すると、圧倒的に前者の方が幸せの度合いが多きのは明白であり、後者は常に気を張って生活を強いられるために他人からの評価は高いかもしれないが、精神的なキツさは非常に大きいだろう。

もし、完璧主義で毎日がストレス過多の日々を送っているという場合には、適度に適当を意識するということを考えて日常を送るということを実践してみる価値はあると思う。結局はストレスの大部分は自分の心理が生み出しているものであり、ストレスなんてどうにでもなるのである。

適度な適当が良いんじゃないの?

関連記事

  1. メンタルヘルス

    心が病んでいる人は寝る前に小さな幸せをメモ帳に書き綴ろう

    日本という国は多くの人がうつ病で悩んでいる人が多くを占めている…

  2. メンタルヘルス

    心療内科や精神科は患者を永久的に薬漬けにさせる陰謀がある

    風邪をひくと病院に通院して薬を処方してもらい、病気が治ったら薬…

  3. メンタルヘルス

    視力が悪いということは実はメリットの方が大きいという事実

    子供の頃には視力が良かったのに大人になるにつれて視力が低下して…

  4. メンタルヘルス

    コミュ障になる要因というのは相手の思考を推測するためである

    人とコミュニケーションを取るということを得意としている人という…

  5. メンタルヘルス

    状況に応じて自分を演じるペルソナ心理学の話が深い件

    人というのは誰しもが絶対的にペルソナという人格を持っている。聞…

  6. メンタルヘルス

    睡眠薬や精神安定剤を飲み続けると記憶力は低下するのか?

    現在の日本というのは鬱大国であり、仕事でストレスに追われる社会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近の記事

アーカイブ

  1. オピニオン

    資格の試験問題は実践では役に立たない無駄な問題が多すぎる
  2. メンタルヘルス

    物欲という欲は人間には不必要な欲求だ!
  3. オピニオン

    田舎には娯楽が何もないと主張する輩は田舎の本質を理解せよ
  4. オピニオン

    ソシャゲに課金するとか本当にバカなの?
  5. オピニオン

    ニート生活を続けることで失うものは計り知れないというお話
PAGE TOP